骨格診断(レディース)

骨格診断を使って洋服をオシャレに着る方法【②ウェーブ編】

骨格診断 ウェーブ

ファッションスタイリスト・鶴田ジュンコです。

骨格診断でオシャレになりたい方へ。

『私は〇〇タイプだから、〇〇な着こなし方しか似合わない』と、自分のタイプに固執するのはもったいないです。

なぜなら他の骨格タイプの着こなしもマスターすることで、自分に足りない魅力を取り入れることができたり、なりたい自分に近づけることができるから。

すべての骨格タイプの着こなしを知ってミックスすると、オシャレ感度はグッと上がります。

その証拠にモデルやインスタグラマーの方々は骨格タイプに固執した着こなしはしていません。

素敵な人をジーっと分析してみてください。みなさん【高級感があり】、【女性らしい華やかさがあり】、【粋なカッコよさがある】といった3拍子揃っていることがほとんどです。

これはいわば順番に【ストレート的】、【ウェーブ的】、【ナチュラル的】とも言えます。

骨格診断は似合う洋服を選ぶためではなくオシャレな洋服の着方を取り入れるために使いましょう。

ぜひ当記事を読んで、他の骨格タイプの着こなしに興味を持ちマスターしていただけると幸いです。

 

 

骨格ウェーブの着こなし「基本のき」

こちらは典型的な骨格ウェーブの画像です。

骨格ウェーブ ブランド

骨格ウェーブの着こなしポイント

  1. 素材:柔らかい素材(ふんわり、薄い、透ける、軽い)
  2. ウエスト:位置はおへそより上またはアンダーバストあたり(上重心)
  3. ライン:ウエストラインが高いプリンセスライン、Aライン、曲線的なラインなど

この着方によって骨格ウェーブ的華奢さ、透明感、エレガントさ、女性らしさなどを醸し出すことができます。

 

骨格診断の着こなしのポイントは、「1.素材」、「2.ウエストの位置」、「3.ライン」の3つを押さえれば概ねOKです。

 

骨格ウェーブは、

  1. 素材に柔らかさ
  2. ウエスト位置はおへその上やアンダーバストあたり(上重心)
  3. プリンセス、A、曲線的ライン

押さえたところで他の画像も見ていきましょう。

 

骨格ウェーブ ブランドhttps://shopxiaolizi.com/products/long-winter-flare-skirt-j001

※プリンセスライン。上半身はぴったりフィット、ウエストからふんわりと広がる。スカートの広がりによってウエストが細く見える。

 

https://www.whowhatwear.com.au/paris-haute-couture-fashion-week-street-style-fall-winter-2017/slide2

※Aライン。肩から裾に向かってAのように広がる。視線を上のほうに集めるのでスラっと見える。

 

骨格ウェーブ ブランド

※なだらかな肩にキュッと絞ったウエスト、広がりのあるヒップといった曲線的なライン。バストやヒップにボリューム感がある。

いかがでしょうか。

素材はふんわり柔らかな素材ならではの曲線的なシルエットが特徴的。ウエストの位置は高めで目線が上に上がります、上重心のラインです。

 

 

骨格ウェーブ、流行との兼ね合い

ちなみに骨格ウェーブにおすすめされるプリンセスライン。

このラインを軸とした全体を通してエレガントなコーディネートは、流行とのズレや好みとのズレを感じる方もいらっしゃるのでは?

女性らしい服は苦手なウェーブタイプの方は、下記のような骨格診断が提案するコーデを模倣する必要はないのです。

骨格ウェーブ ブランドhttps://m.jp.styleonme.com/items/detail/47858/-

※プリンセスラインの例

きちんとしすぎたフォーマル的な着こなしではなく、決めすぎないおしゃれ(エフォートレス)やエッジを利かせたコーデが流行る今の時代、まとまり過ぎたエレガントさでは個性が感じられず、物足りなく感じます。

 

ですから「1.素材」と「2.ウエストの位置」は押さえつつ、流行を取り入れる柔軟さが欲しいところです。

例えばウェーブタイプも下記のような着こなしが出来るのではないでしょうか。

骨格ウェーブ ブランドhttps://www.vogue.co.jp/popup_collection/celine/19aw-rtw/runway#54

※エディスリマン率いる、セリーヌ2019-20秋冬プレタポルテコレクションより。

肩のラインは曲線的、袖にボリューム感がありウエスト位置は高いですが、ボトムスに広がりは無く着こなしもロック(ハード)な着こなしです。

ウェーブだからといって、【甘く・フェミニンに・エレガントに・女性らしく】である必要はありません。

 

骨格ウェーブ ブランドhttps://www.vogue.co.jp/popup_collection/celine/20ss-rtw/runway#3

こちらもセリーヌ2020年春夏プレタポルテコレクションより。

素材は柔らかくウエストの位置も高めにマーク。

ワンピース自体はリボンやギャザー等で愛らしいデザインであるにもかかわらず、着こなしはハードなブーツやサングラスでロックテイスト。

 

骨格診断と流行との兼ね合いについては、関連記事である骨格診断を使って洋服をオシャレに着る方法【①ストレート編】で、下記の画像を使ってご説明しています。

骨格ストレート ブランド

一見、ナチュラルタイプにしか着こなせそうなこちらのコーデですが、ウェーブタイプにもおすすめです。

ジャケットの裾がAラインのように広がっています。

チョーカーなどを付けて上に目線をもっと上げたり工夫をしながら、ウェーブタイプにも着こなしていただきたいと思います。

そのあたりの解説は下記のページを参考になさってください。

骨格ストレート
骨格診断を使って洋服をオシャレに着る方法【①ストレート編】ファッションスタイリスト・鶴田ジュンコです。 骨格診断でオシャレになりたい方へ。 『私は〇〇タイプだから、〇〇な着こなし方しか似...

 

 

エフォートレスシック

今現在の空気感はエッジのきいた着こなしが求められる時代です。

きちんとしすぎていたり女性らしいとかお嬢様風だけでもつまらない。

どこかに抜け感のあるカッコよさや、さまざまなテイストがミックスされた個性のある着こなしが際立つ時代です。

エフォートレス

※華奢なキャミソールワンピにハードなブーツ。

 

エフォートレスシック

※きちんとしたスーツに外しのスニーカー。

こんな風に、どこか外しのある決めすぎないスタイルがオシャレに感じる時代ですね。

 

ですから下記のような骨格診断的ウェーブのおすすめコーディネートでは、違和感を覚える方も多くいらっしゃるはずです。

骨格ウェーブ ブランドhttps://shopxiaolizi.com/products/long-winter-flare-skirt-j001

なんかつまらない。

それもそのはず。今の時代の空気感はエフォートレスシック。決めすぎないおしゃれが求められるのですからね。

 

骨格診断の上手な取り入れ方として、おすすめコーデのイメージを真似るのはナンセンス!流行とのズレがある場合はそれを調整しないとなりません。

ウェーブタイプの方も、ご自身が得意とする(またはお好みの)「1.素材」と「2.ウエストの位置」は押さえつつ、シルエットや着こなしに流行を取り入れることをおすすめいたします。

 

 

骨格診断的、常識を疑おう

また骨格診断的にトレンチコートやライダースジャケットは苦手とされるアイテムです。

これも、ウエストの位置となるべく柔らかな素材を選ぶことで、無理なく着こなせるようにご自身に寄せることができます。

ウェーブ トレンチhttps://www.elle.com/jp/fashion/trends/g122834/fpi-work-style-snap16-1024/?slide=1

※肩のラインが曲線的です。上にボリュームがあり目線があがります。足元が華奢なヒールです。

トレンチはもともと軍服をルーツに持つカジュアルなウエアです。

丈夫さゆえに、ある程度のハリのある素材になるのは仕方ありません。

とろみのある柔らかいトレンチもありますが、本当の意味でそれはトレンチとは言いません。

ですから、画像のようにハリがあっても、

  • 素材に柔らかさがある
  • 肩が構築的(直線的)ではない
  • 袖にボリューム(曲線感)がある
  • ウエストがキュッと上にあげる
  • ヒールなどお得意の小物やアクセサリーを加える

といった着こなしの工夫をすれば、ウェーブタイプにも上手く嵌ることが出来ると思います。

 

「私はウェーブタイプだからトレンチは似合わない!」と先入観をお持ちの方へ。

もしご自身でトレンチを着こなしたいというお気持ちがあれば、上記を参考にぜひ一度トライしてみてください。

 

 

ストレートやナチュラルにも「華奢さ」「透明感」を

さて、ウェーブタイプの押さえどころは「華奢さ」や「透明感」です。

自分は骨格ストレートなんだけど、ウェーブのような華奢なはかなげな雰囲気が好きだな~と言う方がいらっしゃれば、洋服の色を淡い色にされることをおすすめいたします。

ストレートの良さを惹きたてるハリのある素材は、透明感ではなくダイナミックな高級感、存在感を醸し出します。

それとは逆のはかなげな雰囲気、華奢な雰囲気は淡い色にすることで透明感を醸し出しましょう。

※色味に濁色感があるので透明感を感じます。ふんわりベールをかけたような色味だからこそ透明感を感じるのです。

 

さらに華奢なアクセサリーをつけても、より華奢な雰囲気を醸し出せそうですね。

 

 

また長い繊維で編まれたモヘアなどのふんわり素材も透明感を感じさせます。

骨格診断的に起毛した素材はウェーブタイプに相応しいと言われますが、ストレートやナチュラルが取り入れてはNGということではありません。

骨格ウェーブ ブランドhttps://www.palcloset.jp/display/item/GGZ1092605A0001/

艶がありフラットなのでストレートタイプでも着こなせますね。

Vネックでデコルテに艶を感じさせることで、ウェーブタイプに憧れる(華奢さが欲しい)ストレートの方にはベストなアイテムです。

また、艶の必要なナチュラルタイプにも〇。

ゴツゴツした骨感を程よく柔らかに包み、肉感のないアラフォー以上のギスギスした貧相さを払拭してくれます。

 

ナチュラルにおすすめされるしわや凹凸素材はなるべく避け、アラフォーの肌には艶のある素材で肌質も艶やかにみせます。

ストレートタイプほどの高級感にはかなわなくても、足りない高級感(つまり艶)を取り入れることでみすぼらしい装いを避けたり、ウェーブタイプのような女性らしさや透明感を加えたいときもあるのです。

 

 

まとめ

骨格診断の着こなしのポイントは「素材」と「ウエスト」、そして「ライン」の3つ。

ただしシルエットや着こなしには流行がある。素材とウエスト(つまり重心)に気を付けて柔軟な対応をするのがおすすめ。

『私は〇〇タイプだから〇〇な着こなししか似合わないー。」ではなく、自分に足りない魅力を取り入れるべく、他の骨格タイプの着こなしもマスターしよう!

 

骨格診断の着こなしのポイントは3つ、「1.素材」、「2.ウエスト」、「3.ライン」です。

骨格診断は似合う服を探すツールではありません。

自分の骨格に相応しい「オシャレな洋服の着方」を知ったり、自分の骨格では「足りない魅力をプラス」するために使うツールであります。

おしゃれを追求するうえで骨格診断3タイプの着こなしをすべて知ることは、ご自身の魅力を発揮し足りないものを補う意味で非常に重要なのです。

今回の記事は第二弾として、骨格ウェーブについてご説明いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。