ミニマリストファッションブロガー夫妻の自分らしいスタイルのつくりかた

  1. ミニマリスト夫婦が選んだ服
  2. 1551 view

【guのセットアップスーツ】驚異のコスパ&クオリティを現役スーツ屋がプロ目線で解説

現役ショップスタッフの鶴田です。

恐らく市場最安であろうguのスーツ。なんとわずか8000円。これのクオリティがプロのスーツ屋の私から見てもスゴイ。

そんなことをツイッターで呟いたら、あれよあれよと、2月5日時点で「242いいね」を頂戴しました。

このつぶやきを皮切りに(?)毎日30~50名ほどのペースでフォロワーが増えております。なんとも嬉しい限りです。

毎日3~5ツイートほど有益なファッション情報をツイッターで呟いていますので、気になる方はぜひフォローしてみてくださいね。

 

Twitterは1回の呟きに対して140文字以内の文字制限があります。140文字じゃguのスーツのクオリティを解説しきれない。と、いうことで今回はプロのスーツ屋から見たguのスーツのクオリティについて解説します。

ぶっちゃけシンプルなスーツに大枚をはたく必要がない時代になりました。良い時代ですね。

スーツにお金をかけたくない。ちょっと冒険したスーツが欲しいけど、いきなり高いスーツは怖い。でも、それなりに良いスーツを着たい。

そんな人におすすめの内容となっております。

 

guのスーツのココがスゴイ【高級感と耐久性を兼ね備えた素材】

スーツに使われている素材は基本的に「ウール(毛)」です。

ウールってものすごい機能的に優れているんですよ

パッと挙げるだけでも

  • 寒いときは保温してくれる
  • 暑いときは湿気を放出してくれる
  • シワを自分で伸ばす回復力がある
  • 臭いを閉じ込めてくれる
  • ウールに含まれた油で汚れをはじく

と機能性満載。

服の大量廃棄が問題になっている現代では「土に還る」という点でもウールは注目されていますね。

1年を通じて着用するワーキングウェアであるスーツにおいてこれだけ最適な素材は、他にないでしょう。

とりわけ高級ウールに使われているようなウールは極細繊維の羊毛を使い、しっとりと濡れたような艶のある質感が特徴ですね。

photo by http://gatepage.com/go/?id=ecc507e153dd605e856af93330f60ee5&url

そんなこんなで、スーツ=ウールなイメージが強く、化学繊維が入っていると「ポリ入っているの?ウール100%じゃないの?安物ね」となる。そんなやり取りを現役ショップスタッフの私は3日に1回はするわけです。

でも、気持ちは分かるんです。ウールはしっとりとした艶であるのに対して化繊混合のスーツ生地はどっちかというと乾いたシャカシャカ質感が特徴。比べるとどうしても化繊混合の方が安っぽく見えてしまうのです。これは事実。

事実なんですが、化学繊維って日に日に進化しているんですよ。

guのスーツ、「テーラードジャケットCL」「テーラードトラウザーズCL」のセットアップは、8000円だから素材は化繊100%。でもこれがスゴイ。

photo by https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/320990

見た目が限りなくウールライク。プロがじっくり見て「化繊かな?」と見分けられるレベル。私はじっくり見なければ見分けられる自信はありません(^-^;

高級ウールに見える…とまではいきませんが、ヘタな3,4万のウール100%のスーツよりもよっぽど高級に見えるレベルの素材感。

加えて化繊はウールと比べて耐久性が高い。スーツの生地=ウールってお手入れを怠ると、生地が擦れて薄くなったり、毛玉になったり、テカったり、家庭洗濯不可だから汚れたらと何かと気を使うものです。

それに比べて化繊の強いこと、強いこと。過度な摩擦が起こるとウール同様、毛玉は出来るもののテカリ・擦り切れの心配はほぼ皆無。しかもスラックスだけだったら家の洗濯機でガラガラ洗えてしまう。

スーツの組下=スラックスってクールビズの時に使うでしょ?汗の臭いや汚れが気になったら家で気軽に洗えるのは嬉しいものです。洗ってもスラックスのセンタークリースも取れにくく、アイロン不要。乾いたらすぐに履けるのは、便利極まりないでしょう。

個人的にはアイロンかけ自体はさほど苦手ではないのですが、我が家のような小さい子供がいる家庭だとアイロンって危ない。子供がいない時間・寝ている時間にアイロンをかけなければいけなかったり、他の部屋でアイロンをかけなければ、いけなかったり。

場所や時間に制約が出来てしまうとさすがにめんどくさい。guのスーツには大いに助けられました。

化繊本来の耐久性・イージーケアに加え、スーツ屋でも判別に苦労するウールライクな質感。guのスーツの圧巻なポイントその①でございます。

 

guのスーツのココがスゴイ【仕事でも休日でも使えるできる万能シルエット】

コスパって本来は「値段の割に品質が優れている」場合にコスパが良い、と表現されます。

それに加えて「購入金額÷使った回数」した時に1回使う辺りで考えた時に割安に感じる、というのもコスパというのが私の持論。

guの8000円のスーツはビジネスでもカジュアルでも使える万能セットアップ。オンでもオフでも着られるとなれば、使用回数は相当なモノ。購入金額が8000円となれば、使った回数で割ると1回使う辺りの金額もはや実質タダ(笑)くらいのレベルになることでしょう。

guのスーツがオンオフ兼用使用を可能にしている理由は「シルエット」にあります。

誰でも共通の感覚論ですが、直線的なシルエットはカチッとした印象を感じ、丸みのあるフォルムはどこかリラックスした印象を感じるものです。

guのジャケットの肩のラインは肩パッドが入り直線的なフォルム。肩パッドのない丸みのあるフォルムと比べるとどこかカチッとした印象を感じることでしょう。

photo by https://www.gu-japan.com/jp/lookbook/pc/style/19112181

※肩パッドの入っているジャケット

photo by https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/323042-01?_ga=2.164503291.57304683.1580993612-224058857.1530011627

※肩パッドのないジャケット

 

guのスーツジャケットは、肩パッドが入っている→かっちりした印象を感じさせる→仕事使いオッケーなシルエット。

それに反して着丈は短めなカジュアルな印象。着丈は基本的に短ければ短いほうがカジュアルな印象になります。

最もフォーマルなスーツである「モーニングスーツ」が長い着丈であるのに対して、ジージャンなどいわゆるジャンパーが着丈が短め…ということからも着丈が短いとカジュアル、という図式は理解できるはず。

※着丈が長いとフォーマル

※着丈が短いとカジュアル

肩パッドを入れて、カッチリとした肩の印象にしているからビジネスでも使える。着丈を短くすることで軽快かつカジュアルな印象にしているからカジュアルでも使える。

guのスーツジャケットはそんな計算されたシルエットでオンオフ兼用が可能なのです。

ちなみに仕事でスーツ。となればネクタイを合わせる場合も多いでしょう。そんな時に参考になる、「ネクタイのコーディネート術」をこちらの記事で執筆しています。興味ある方はご一読くださいませ。

 

guのスーツのココがスゴイ【トレンドをフルに取り入れたバリエーション】

ファストファッションの定義は「最新トレンドをそれなりの品質で格安で提供している」業態の事。

guもファストファッションのご多分に漏れず、最新トレンドを押さえてセットアップを8000円で手に入れることが出来ちゃう。

 

最新トレンドってなんなの?という話ですが…。カジュアルシーンにおけるトレンドはリラックスしたゆったりサイジング。

骨格ストレート ブランド

実はスーツにも「リラックス」のトレンドが押し寄せているのですが…。さすがにビジネスシーンにおいてスーツをダボッと着るわけにもいかず(^-^;

そこで「色」です。

明るめのどこか解放感を感じる色をセットアップに使うことで「リラックス」感を演出するのがトレンド。流行の発信源である海外ファッションショーでも2020年春夏は解放感のある明るめの色を採用したスーツスタイルが多く見られます。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/51140/882862

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/57005/985257

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/51020/881484

 

guでも解放感を感じるベージュのセットアップを展開していますね。

phttps://www.gu-japan.com/jp/lookbook/pc/style/19112150?_ga=2.72801879.57304683.1580993612-224058857.1530011627hoto by

こういう最新トレンドの服って一昔まではセレクトショップとかで6.7万払わなければ手に入りませんでしたが、今じゃ8000円で手に入る。いや~ホントに良い時代ですよ。

 

加えて「シンプル至上主義」ともいえるノームコアと呼ばれるトレンドが収束し始めてから、数年たっているのが2020年。トレンドは「装飾的」「デコラティブ」な方向へ舵を切っています。

平たく言うと「シンプルな服装も悪くないけど飽きちゃった。ちょっと遊んだ着こなしが新鮮でいいよね!」という方向に世の中全体の価値観がシフトしているんです。

 

ミニマムなガレージロックの「ストロークス」を聞いていたら、多重録音で装飾的な「クイーン」を聞きたくなる。そんな感じ。

 

 

いや、洋楽好きの独り言です。

セットアップにもこの波は押し寄せてきています。2020年の春夏の海外コレクションではチェック柄や強めのストライプなどデコラティブな柄が多く見られます。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/51140/882823

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/50506/871874

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/51138/882718

 

このトレンドもguはしっかり押さえていますね。強めのストライプやチェック柄をラインナップしていますね。

photo by https://www.gu-japan.com/jp/lookbook/pc/style/19112181

photo by https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/323036

 

さらに、さらに~、2017年にスケートブランド「シュプリーム」と超高級ブランド「ルイヴィトン」がコラボしたことでピークを迎えたストリートファッショントレンド。

photo by https://forzastyle.com/articles/-/50702

ストリートファッションと一口に言っても定義は様々ですが、デニム・スウェット・ゆったりサイジングなどに代表されるような「ラフな着こなし」の総称、というのが一番バックりとした定義ですね。

photo by https://www.pinterest.jp/pin/648729521297951309/?lp=true

2017年にトレンドとしてのピークを迎えたストリートファッション。徐々に反動で対極をなす「ドレススタイル」にトレンドの中心が移り替わりつつあります。

ヒップホップの影響を強く受けた「レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン」を聞き込むと、大人なロックで「ポリス」を聞きたくなる、みたいな。

 

 

うん、これも洋楽好きの独り言です。

ドレススタイルの再評価の影響を受け、「ドレッシーさ」「フォーマルさ」を感じるダブルのジャケットやスリーピーススタイルが2020年春夏の海外コレクションが多く見受けられます。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/51140/882862

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/51138/882781

 

このトレンドもguはしっかりキャッチ。guがスーツを展開し始めて3年くらいかな?今回初めてセットアップと同素材のベストも展開。スリーピーススタイルに対応しています。

phttps://www.gu-japan.com/jp/lookbook/pc/style/19112150?_ga=2.72801879.57304683.1580993612-224058857.1530011627hoto by

ベストが約2500円だから、スリーピースでも1万円強。おそらく歴史上最安値なんじゃないでしょうか?すごい時代ですよ。

スーツって男性の洋服の中で最も高価な部類に入る服。それが8000円で「これで十分」と思える品質のものが手に入るんだから、相当な金額が浮くはず。それを趣味に費やすも良し。他の洋服につぎ込むもよし。

こんなお金の使い方も賢いのではないかな?と私は思います。

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考になった・面白かったと思う方はページ下部の「シャアボタン」でSNS拡散をよろしくお願いいたします。

ミニマリスト夫婦が選んだ服の最近記事

  1. ユニクロ「ファインクロスストレッチスリムフィットブロードシャツ」レビュー【ミニマリストの服…

  2. ユニクロ「ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ」レビュー【ミニマリストの服選び】

  3. 【guのセットアップスーツ】驚異のコスパ&クオリティを現役スーツ屋がプロ目線で解説

  4. ユニクロ「エクストラファインメリノウール」は高級感・耐久性・汎用性、三拍子揃った最高傑作品…

関連記事