服の選び方(メンズ)

ミニマリストの服の選び方【4つのポイントをショップスタッフが解説】

ミニマリスト

現役ショップスタッフの鶴田です。

私たち鶴田夫妻はミニマリスト。私の服の数は大体10着を切るくらいかな?服は少ないですが、会う人に「スタイリッシュですね」「ステキですね」なんて風に声をかけて頂けています。ちょっと自慢っぽく聞こえちゃうかもしれませんが…(^-^;

まあ、ショップスタイリストの夫にパーソナルスタイルストの妻ですからね。人に褒めてもらえる服装してなきゃ、この仕事をやる資格なんてないわけで。

 

手前味噌になりますが、ミニマムなクローゼットとオシャレを両立している自負はございます。

服の数を減らすことに注力すると、「服は減ったし生活に不便もないけど、オシャレな着こなしかというと?」ってなりがち。逆にオシャレを意識すると服は増えてしまいがち。

「少数精鋭の服」と「オシャレ」の両立って意外と難しいものです。

今回は鶴田夫妻がどうやって「オシャレ」と「ミニマム」を両立しているのか?ミニマリスト×ファッションを生業にする者だからこそ語れる服の選び方解説です。

 

服を少なくするメリットって何

服にかけられるお金って誰しもが限りがあるものです。

服の数が多ければ、一点あたりにかけられるお金は当然少なくなる。逆に服の数が少なければ、1点あたりにかけられるお金は増える。

同じ服飾費でも服の数が少なければ、少ないほど良い服を着られるのです。もちろん高い服=オシャレな服ではありませんが、高級品の方が身に着けていてテンションが上がるのは事実。

今までよりもテンションが上がる服を着られる。これが服を少なくするメリットの一つ。

もちろん、1着辺りにかける金額はそのままに服の数を少なくすれば節約も出来る。これも服を少なくするメリット。

加えて、服が少なければコーディネートのバリエーションも少なくなる。組めるコーディネートのパターンが少なくなれば、コーディネートに迷うことは少なくなります。

つまり時短にもなるのです。タイムイズマネー、時間は何より大事ですからね。2人の子供がいると登園・登校準備で朝はバタバタしがち、自分のことは後回しになりがちですが…。

我が家は割と時間に余裕があり、「いつもオシャレですね」なんて言われたり。その秘訣はコーディネートのパターンが少なくて、朝コーディネートに迷わないから、かつ厳選した服のみでコーディネートするから「失敗コーディネート」が無いから。

コーディネートのパターンについては、こちらの記事で詳しく執筆しています。興味ある方はご一読ください。

着回しコーデなんていらない!オシャレな人ほどコーデがワンパターンなわけとは?ファッションブロガー夫婦が運営する当サイト。今回は現役ショップスタッフで夫の私の執筆です。 ファッション雑誌、ネット情報を見回すと...

まとめます。

服を少なくするメリットは3つ

  1. 1着に予算を集中できるから、今までよりも良い服を着られる
  2. 被服費が減らせるから、節約になる
  3. コーディネートが限定されるから迷わない・失敗しない

じゃあ、どうやって服を減らすか?そりゃ、まずは断捨離です。皆様、服をいっぱい持ちすぎです。まずは減らしましょう。

ここから先は断捨離を終えてからのステップ。これ、私の経験談ですが断捨離すると大抵捨てすぎちゃいます(笑)

じゃあ、何をクローゼットに買い足していくのか?実際に私の買い物をサンプルに解説していきましょう。

 

服の選び方①必要な服かどうか考える

妻の執筆記事にも書いてありましたが

すぐに断捨離してしまうようなものは、買わないこと。そんなものをわが家へ連れていくことは許しません。玄関を通してはならないのです。

服を少なくするなら、余計なモノなんて買っちゃいけないのです。

じゃあ余計なモノと、そうじゃないモノの線引きってどこなの?って話ですよね。

私は「生活にするために必要か否か」が、その線引きだと思っています。

例えば

  • スーツ担当として店頭で着るスーツ
  • 子供のスポ少や運動会に参加するためのジャージ

といったような「その服がないと日常的なTPOがこなせない」、そんな服が必要な服。特段なくても、日常生活を送るうえで問題ない服、これは必要のない服と言えるでしょう。

 

そんなことを踏まえつつ、私の場合をケーススタディとしてお話しすると…。

子供のスポ少・運動会諸々アクティブなTPO用に使っていたスウェットパンツに毛玉が目立つようになってきた(^-^;

このパンツがなければ、私の手元にあるのは「スラックス(スーツの組下)」と「イージーパンツ(パジャマの組下)」のみ。これらのパンツでは到底アクティブなTPOはこなすことが出来ません。加えてアクティブなTPO

となるとアクティブなTPO用のパンツは私のワードローブには必須。生活に必要な服=買ってもいい服認定でございます。

服の選び方②、①以外のTPOでも着回しが利くかチェック

日常的なTPOをこなすための服=必要な服=買ってもいい服、という図式ですが…。

ちょっと多趣味の人・活動的な人なら、必要な服・買ってもいい服認定できちゃう服がたんまり。それだけでクローゼットがパンパンというケースも出てきてしまうハズ。

そこで「メインとなるTPO以外にも兼用出来るもの」だけを買うようにすると、多趣味な人・活動的な人でも服を減らすことが出来ます。

私を例にすると。先ほどの毛玉のスウェットパンツの買い替えの件。

ちょうどスウェットパンツだと、公園遊びなどちょっとアスレチックなシチュエーションの時に、何かひっかけると脆いんだよな~と思っていたところ。加えてクールビズの時は、職場の服装も(購買促進的な意味で)ジャケパンが望ましい。その時に履けるパンツを持っていなかったな。

スポーツ用・アスレチック用・ジャケパン用のパンツ。どれも生活するためには必要な服ですが、それぞれ揃えたら、全部で3本も必要。

だったら全部兼用出来るパンツを揃えたほうが、「1本に予算を全投入」しても良いし、「手ごろな良品で節約」も出来る。個人的にはこちらの方が賢いと思うのです。

 

で、スポーツもアスレチックもジャケパンも兼務出来ちゃうパンツとして候補に挙がったのが「ストレッチ性の高い綿パンツ」ですね。

スポーツと言っても子供とキャッチボール&ボール拾い程度ですから、スウェットパンツである必要はなし。ストレッチが効いて動きやすければオッケー。だから「ストレッチ性の高い」パンツなのです。

さらにチノパンやデニムに代表される綿素材のパンツや軍服やワークウェアをルーツに持つがゆえに非常に丈夫。しかも職場のドレスコードがどんどんカジュアル化している現代。

数年前ではジャケパンに使うパンツ=ドレッシーなスラックス一択でしたが、最近はチノパンをはじめとした綿パンの方が優勢。

耐久性の高さでアスレチック対応、昨今のビジカジ事情を踏まえて綿素材のパンツが最適。

こんなことを考えながら、私たち夫婦は服を選んでいるのです。

 

服の選び方③トレンドにマッチしているか?

上記①・②だけだと無駄買いでもないし、着回しの効いて便利だけど、オシャレかというと「?」。確証がないものです。

そこで①・②の要件を満たしつつ、ここからはトレンドにもマッチするアイテムを見つけるフェーズになります。

何度か記事にしましたが、近年のビッグシルエット・リラックスシルエットの反動でタイトシルエットのパンツがトレンドに浮上してきています。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46276/798257
photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46276/798277

 

余談ですがトレンドとはある日を境にガラッと変わってしまうものではなく、緩やかに変化するもの。

タイトフィットがトレンドとはいえ、合わせているアイテムは「肩バッドの入ったボリュームのあるジャケット」「ややオーバーサイズのコート」等、どこかビッグシルエットのトレンドの余韻を残しているのです。

 

スポーツにもアスレチックにもジャケパンにも、私の日常的なTPOに対してマルチに使える「ストレッチ性の高いコットンパンツ」にタイトシルエットのトレンドを踏まえると…。

「ストレッチ性の高いスキニーパンツ」という最適解が導き出せるのです。

これでスポーツ×アスレチック×ジャケパンの3役こなせて、かつトレンドにマッチ=オシャレに見えるパンツが見つかったわけです。

トレンドを踏まえて考察…ってなると何だか難しく感じかもしれませんが、「金額的に手が届かないけど、憧れのブランド」を定期的にチェックすれば、なんとな~くトレンドを理解できるようになるものです。

金額的に手が届かないブランド=ハイブランド=流行の発信源ですからね。ここをチェックしておけば間違いなし。

「そもそも憧れのブランドがない」

そんな人はインスタで「WWD」などファッション情報メディアのアカウントをフォローしておけば、タイムラインにいろんなブランド画像が流れてくるので、その中から好きなブランド・憧れのブランドを見つけることが出来るでしょう。

 

服の選び方④理詰めで考えすぎて自分の好みを忘れてませんか?

ここまで読み進めると「かなり理詰めで服って選ぶんだな」と感じる人も多いでしょう。

理詰めで考えると忘れてしまいがちなのが、自分の気持ちや好み。

ここを忘れてしまうと、着回しも効くし、トレンドにマッチもしていて周りからも「オシャレ」と言われるけど、イマイチ着ていてテンションが上がらない…なんてことになってしまいがち。

妻の記事の言葉を借りれば

「本当に大好きなもの、ずーっと一緒にいたいものだけを、家に連れて帰って!」

①~③までで、選び抜いた服が「ホントに好きなの?」と問いかけるフェーズに入ってきます。

 

大の洋楽ロック好きの私。スキニーパンツはロックのアイコンと呼ぶのにふさわしいアイテム。

とりわけ黒スキニーはロック的な要素を強く感じるアイテムです。ロックテイストが強みの超大御所デザイナー・エディスリマン率いるハイブランド「セリーヌ」でも黒スキニーはアイコン的なアイテム。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46276/798257

黒スキニーに白ソックスを合わせてマイケルジャクソンを気取るのがロック好きの私には非常にテンションが上がるコーディネートですね。ちなみに妻はマイケルジャクソンの大ファンでございます(笑)

理詰めで導き出した「ストレッチ性の高いスキニーパンツ」に自分の趣味・好みをかけ合わせると「ストレッチ性の高い”黒い”スキニーパンツ」が便利でオシャレでテンションも上がる服、という答えに辿りつくことが出来ます。

手っ取り早いのは、上記③で見つけた「憧れのブランド」の中から①・②の条件に当てはまるアイテムを見つけて、似寄りの物を手の届く価格帯の中から見つける…という感じですね。

私も「セリーヌ」のラインアップの中から、①・②に当てはまるものを見つけて、似寄りの物を他ブランドから見つけるという形で購入予定です。

 

まずは事前リサーチ。ひたすらネットで検索しょう

①~④まで過程って結構時間がかかるものです。

絶対やっちゃダメなのが、「実際にお店に行って洋服を見ながら①~④までをやって、その日のうちに服を買う」ということ。ほぼ100%失敗します(^-^;

考えがまとまる前に衝動買いしちゃったり、「また来るのめんどくさいし」と適当なところで手を打ってしまったり。

実際にお店に行って、実物を眺めるのは目利きを養う大事な行為ですが、「今日は買わない。見るだけ」と心に決めておいた方が良いでしょう。

ネットでオンラインショップやインスタを眺めながら、①~④をやるのが事前リサーチとしては最適ですね。今の時代、ラグジュアリーブランドもユニクロもオンラインショップを展開しています。自宅に居ながらピンからキリまで眺められる環境は事前リサーチとして最適と言えるでしょう。

で、事前リサーチでお眼鏡にかなうアイテムが見つかったら、いざショップへ。実物を見て、着て、最終確認…という流れが一番失敗しにくことでしょう。

 

今回はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございます。

参考になった・面白かったという方はページ下部の「シェア」ボタンでSNS拡散をよろしくお願いいたします。またツイッターで一日3~5ツイートほど有益なファッション情報をつぶやいております。ブログの更新情報もこちらで発信していますので、気になる方はフォローをお願いいたします。