ミニマリストのおしゃれな服をファッションブロガー夫婦が解説

  1. 男性ミニマリストの服
  2. 910 view

コスパの良い服ってどんな服【1円も無駄にせず買い物をしよう】

現役ショップスタッフの鶴田です。

「コスパの良い服が知りたい」

「服にお金はかけたくない・かかられないけど、それなりに良い服が着たい」

「少しでもお得に賢く買い物したい」

今回はそんな方にオススメの記事です。

当記事では

  • コスパの良い服の紹介と解説
  • コスパの良い服をさらにコスパ良くするための使い方・選び方。高級品をお得に取り入れる方法

を解説しています。

年収300万で4人家族の私。現役ショップスタッフとはいえ、服に限られる金は非常に限られています。洋服屋としての審美眼と節約志向の家庭持ちだからこそ語れる内容になっております。

5分ほどで読み切ることが出来る内容なので気軽に読み進めてみてください。

 

コスパ最強の服はユニクロにある

一般的にコスパの良い服とは「金額に対して、品質が高い服」の事を指します。

金額の割に高品質なコスパの良い服ならユニクロが最強ですね。

ユニクロって高級ブランドと同じ素材を使っているアイテムが非常に多いんです。なのにお値段は高級ブランドなら1万越えは確実なのに、ユニクロなら3000円程度。ユニクロはコスパが良い=「金額に対して高品質」の象徴とも言えるでしょう

例えば「メリノウール」。メリノは羊の品種の事。数ある羊の品種の中でも、毛の繊維が細く糸・生地にすると上質な光沢を放つのが特徴ですね。

アローズや百貨店ブランドなんかだと2万のニットや7・8万のスーツに対して「うちのスーツはメリノウールを使っているから上質なんですよ」なんてセールストークを展開するくらい、高級素材なのがメリノウール。

それがユニクロだとセーターなら2000円。

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419190-09

このニット、個人的にはユニクロの史上最高傑作だと思います。こちらでレビューもしておりますので、興味ある方は目を通してみてください。

他にも高級素材の代表格「カシミア」もストールならわずか3000円。これブランド物なら1万円は超えますよ。

ユニクロ「カシミアビッグストール」

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418363-71

他にも高級素材を上げるなら、「超長綿」を使ったシャツ。超長綿とはその名の通り、すっごく繊維が長い綿の事。繊維が長いと極細の糸を寄ることが出来、生地にすると上質な艶を放つ高級感溢れる素材に。

太い糸である綱引きの綱はボソボソであるのに対し、髪の毛はツヤツヤであることからも「糸が細い=艶のある素材」の図式は理解できるはず。

この超長綿を100%使ったシャツ。ブランド物なら1万円越えは確実ですが、ユニクロならわずか2000円。

ユニクロ「エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖)」

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425056-09#thumbnailSelect

私も愛用していますが、2020年春夏モデルはさらに洗濯後にシワが入りにくい素材に変更されているっていうじゃないですか。基本的に1万越えの超長綿を使ったシャツはアイロン必須。手ごろな上にイージーケアなユニクロの「エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖)」はコスパ最強服の1つとも言えるでしょう。

ユニクロがなぜ、これだけの高級素材を格安ともいえる価格設定で提供できるのか?

その秘密はユニクロの「スローファッション」ともいえるビジネスモデルにあります。ユニクロって「流行のアイテムをそのシーズンだけ作る」的なファストファッションではなくて、「定番の商品を少しづつ改良しながら長期スパンで作る」的なスローファッションというビジネスモデルなんですね。

実際、メリノウールのニットもカシミアのストールも超長綿のシャツも毎年リリースされる超定番アイテム。

服はたくさん作れば作るほど、1点あたりは安く生産できます。長期スパンで同じ商品を作るユニクロの商品ロットは膨大。ゆえに高級素材を使っていても格安で提供できるのです。

高級素材を使った服を手ごろな値段で手に入れたい。そんなコスパ重視の方はユニクロほどおすすめ出来るブランドは他にはない、と言えるでしょう。

 

 

「購入金額÷使用回数」もコスパ。もっとお得に買い物をしよう

あまり一般的な概念ではありませんが、「購入金額÷使った回数」つまり1回使う辺りいくらなのか?というのもコスパです。

1回使う(使った)辺りの金額を割り出して、安く感じるのはコスパ〇。高く感じるのはコスパ✖、ということですね。

上で解説した一般的なコスパ=「金額に対して高品質な服」も、「購入金額÷使った回数」を計算して割高に感じるならばコスパ✖。買い物的には失敗と言えるでしょう。

例えばコスパ抜群・ユニクロ史上最高傑作と言っても過言ではない「メリノウールのニット」お値段2000円。でも2回しか着なかったなんらば1回着るあたり1000円。いくら「値段の割に高品質」とはいえ、ユニクロのニットが1回着るあたり1000円は高い、という庶民感覚を持っているのは私だけではないはず。

個人的には「値段の割に高品質な服」を「購入金額÷使った回数」した時にお得に感じる位、着倒したい。

2000円のニットを100回着ることが出来れば、1回着るあたり20円。もはや実質タダ(笑)これ位しないと個人的には元を取った気がしません。

100回着るとなると、相当上手に着まわさないといけませんね。着回ししやすい服は使用頻度が上がり、「購入金額÷使った回数」した時にお得になりやすいのです。こちらの記事では着回ししやすい服の選び方について執筆しています。興味ある方は目を通してみてください。

 

奮発するなら普段使いの服に奮発しよう

オケージョン(特別な機会)用に奮発した買い物はもったいない。奮発するなら普段使いの服に奮発することをおすすめします。

結婚式とか入学式とかパーティとかがいわゆるオケージョン=特別な機会ですね。でもこれってせいぜい年に数回。年に数回のために奮発するのは「購入金額÷使った回数」で考えれば、非常にコスパが悪い。

例えば10万円の結婚式用のスーツ。結婚式なんて年にせいぜい3・4回。1回着るあたりの金額は3万円は優に超えてしまうでしょう。う~ん、かなり割高ですね(^-^;

 

ファストファッションの品質がぐんぐん向上している現在。滅多にないけど、絶対必要なオケージョン用の服はファストファッションつまり「金額の割に高品質」なアイテムでお得に済ますのが賢いんじゃないでしょうか?

結婚式などイベント用のスーツならguでも全く問題なし。単体でも3万のスーツと比べても見劣りせず、着こなし次第では10万のスーツにだって負けません。guのスーツのクオリティに関してはこちらの記事で執筆しております。興味ある方は目を通してみてください。

ちなみにguのスーツ。キッズラインもあって、大人のセットアップと同様クオリティも〇。しかも素材はメンズのセットアップとほぼ一緒。男のお子さんを持つ家庭なら、お子さんとお揃いコーデなんてのも思い出に残っていいじゃないでしょうか。我が家は息子の卒園・入学式&記念に写真館で撮った家族写真で息子と私はお揃いコーデにしました。

photo by https://www.gu-japan.com/jp/lookbook/pc/style/19112213?_ga=2.138920179.1322746084.1581827252-224058857.1530011627

 

着る回数が少ない、でも絶対必要な服はファストファッションで安く済ませるのが「購入金額÷使った回数」的にお得。

奮発するなら毎日使うもの。普段使い出来るものに奮発するのが良いでしょう。

例えば結婚式にもビジネスにも上下バラバラでも、着こなし次第ではカジュアルでも着回しできるようなスーツ。ローテーション次第ですが、これだけ使える用途が広いと週に2回程度は使えるはず。週2回×1年間(52週間)=104回。奮発して10万円使っても1回使う辺りは961円。

オケージョン専用の10万のスーツなら1回着るあたり3万円。でも普段も着まわせるスーツを選べば、同じ10万円のスーツでも1回着るあたりは961円までコスパが上がります。

奮発した買い物をするなら、ふだん使い出来るものに奮発したほうが「購入金額÷使った回数」で考えた時にコスパが良いのです。

 

まとめ

  1. 値段の割に高品質な服ならユニクロに限る
  2. 「購入金額÷使った回数」もコスパ。たくさん使える服を買うのが賢い
  3. オケージョン用の服に奮発しない。普段用に奮発するのがコスパが良い

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

面白かった・参考になったという方はページ下部の「シェアボタン」でSNS拡散をよろしくお願いいたします。またツイッターで有益な情報を1日5ツイートほどつぶやいています。ブログの更新もこちらで告知していますので、ぜひフォローをお願いいたします。

 

男性ミニマリストの服の最近記事

  1. ミニマリストはスーツを何着持つべきか?【ミニマリストの現役スーツ屋が解説】 

  2. ミニマリストはオールシーズン着られる服と3シーズン着られる服を揃えよう

  3. ミニマリストっていつも同じ服装で飽きないの?【手持ち15着のミニマリストが語る】

  4. メンズミニマリストのコーディネート術。少ない服でもオシャレは出来る!

  5. 【ミニマリストの服選び】春はどんな服を買えばいいのか?

関連記事

最近の記事

今月のおすすめ記事

  1. ミニマリストとは?

    ミニマリストになるために。ミニマリストが考えるファッションと…
  2. 男性ミニマリストの服

    服の捨て時・処分すべき服の見分け方のポイントは3つ【100着…
  3. 女性ミニマリストの服

    おしゃれになりたいなら洋服の系統を押さえよう!「ファッション…
  4. 男性ミニマリストの服

    オシャレ初心者でも忙しい人でも簡単にオシャレになる方法3選