服の選び方(メンズ)

ミニマリストはオールシーズン着られる服と3シーズン着られる服を揃えよう

現役ショップスタッフの鶴田です。

今回はこちらのツイートを掘り下げます。

今回は

  • ミニマリストって服が少ないから、通年で着られた方が良いよね?そもそもどんな服が通年で着られるのかな?
  • 少ない服で生活をしたいから、いろいろな季節で着られる服が合ったほうが便利な気がする
  • おすすめの通年で着られる服があれば教えてほしい

こんな疑問を持った方にオススメです。

本記事では

  • ミニマリストにオールシーズン&3シーズン着られる服が必要な理由
  • オールシーズン着られる服の解説
  • 3シーズン長く着られる服の解説
  • 長く着られるオススメアイテムの紹介

をします。

1年間を15着でやり繰りするミニマリストの現役ショップスタッフが「年間を通じて長く着られる服」解説でございます。

 

 

ミニマリストにオールシーズン&3シーズン着られる服が必要な理由

ミニマリストが揃えるべき服は、1年を通じて着られる服です。

理由は簡単。1着の服を四季を通じて着られた方が季節別に服を揃える必要がなく、少ない服でやり繰りすることが出来ます。

長く着られる服は大きく分けて二つ。

  1. 通年着られる服
  2. 3シーズン着られる服

この2つですね。

3シーズン~オールシーズン使えることが出来れば、1年間のすべてもしくは大半をカバーできるので、服の数を少なくしても生活に困ることはありません。

「で、それってどんな服なの?」

そんな疑問に答えるのが今回の記事。下で詳しく解説していきます。

 

オールシーズン着られる服は3大きく分けて3つ

通年で着られる服は実は3つしかありません。

日本の夏はメチャメチャ暑いし、冬はそれなりに寒い。寒暖差が大きい日本で通年着られる服は限られている、というのがその理由ですね。普通に考えてメチャメチャ暑い日も、凍える位寒い日も着られる服なんて、そうそうありません。

具体的にオールシーズン着ることが出来る服を挙げると、

  1. 半袖Tシャツ
  2. コットンドレスシャツ
  3. コットンカジュアルパンツ&薄手のウールスラックス

この3つですね。

下で詳しく解説していきます。

 

半袖シャツ

通年着られることが出来る服、1着目は半袖Tシャツです。

夏は1枚着。春・秋はニットやシャツ、薄手のアウターのインナーとしてオールシーズン使う事が出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート トップス→約2000円÷35回=57円 スラックス→約2000円÷105回=19円 シューズ→約50000円÷100回=500円 ベルト→約12000円÷825回=14円 ネックウォレット→約50000円÷85回=588円 サングラス→約28000円÷125 回=224円 時計→約70000円÷125回=560円 1回辺り1962円コーディネート #メンズファッション#ファッション#ユニクロ#uniqlo #ジーユー#gu#お金のかからないオシャレ#お金をかけないオシャレ #チープシック#cheapchic

Hajime Tsuruta(@_hajime_tsuruta)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート ジャケット→約6000円÷55回=109円 スラックス→約2000円÷105回=19円 トップス→約2000円÷35回=57円 ベルト→約12000円÷815回=15円 ネックウォレット→約50000円÷75回=666円 サングラス→約28000円÷115回=243円 バッグ→約90000円÷115回=782円 時計→約70000円÷115回=608円 シューズ→約50000円÷100回=500円 1回辺り2999円コーディネート #メンズファッション #ファッション #uniqlo #ユニクロ #gu #ジーユー #お金をかけないオシャレ #お金のかからないオシャレ #cheapchic #チープシック

Hajime Tsuruta(@_hajime_tsuruta)がシェアした投稿 –

冬はその上からさらにコートを着る…といった感じで1年中使えます。このニットの下に半袖Tシャツを着ています、見えないけど…。

丸首のニットのインナーに合わせると、下に着たTシャツがチラッと見えます。重く見えがちな黒ニットもこうやって、白Tシャツをチラ見せすると軽さが出ますよ。つまり、冬場でも半袖Tシャツはオシャレアイテムとして使えますよ、という事が言いたい!

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419190-09

柄モノTシャツだと、上に白シャツを着た時に透けてしまうので、無地の半袖Tシャツがおすすめですね。

 

「冬に半袖はさすがに寒くない?」

 

これ、しっかり重ね着をすれば意外と寒くありません。

半袖Tシャツ→シャツ→ニット→軽めの羽織もの→コート位着れば、真冬でもまず問題なし。ミニマリストの冬に重ね着は欠かせませんね。

photo by https://vokka.jp/3971

アウターをダウンにすれば、半袖Tシャツ&ニットでも十分なくらい。

夏は1枚。それ以外の季節は気温に応じて重ね着すれば、半袖Tシャツはオールシーズンで着ることが出来ます。

 

 

長袖コットンシャツ

長袖のコットンシャツも通年着られる服です。ワイシャツみたいな厚さの生地のシャツですね。

これ位の厚さの生地って1年中販売されているんですよ。なぜ1年中販売されているかというと、それは1年中着ることが出来るからですね。

例えば、夏は袖まくり。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート シャツ→約2000円÷35回=57円 スラックス→約2000円÷105回=19円 シューズ→約50000円÷100回=500円 ベルト→約12000円÷815回=15円 サングラス→約28000円÷115回=243円 バッグ→約90000円÷115回=782円 時計→約70000円÷115回=608円 スカーフ→約2000円÷105回=19円 1回辺り2243円コーディネート #メンズファッション #ファッション #uniqlo #ユニクロ #gu #ジーユー #お金をかけないオシャレ #お金のかからないオシャレ #chepchic #チープシック

Hajime Tsuruta(@_hajime_tsuruta)がシェアした投稿 –

春・秋はニットや薄手のアウターに合わせて。冬はニットとアウターを合わせれば着られます。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/58881/1022111

 

「いくら袖まくりしているといっても夏に長袖って変じゃね」

 

昨夏、猛暑日でも長袖シャツを袖まくりして過ごしましたが、半袖シャツと比べても体感温度はさほど変わりませんでしたよ。それに長袖のシャツも半袖のシャツも生地の厚さはたいして変わらないんですよ。

だから、袖を捲くってしまえば、体感温度は半袖とほとんど一緒。袖もクルクルとスッキリ捲くれば、見た目の暑苦しさも皆無。

重ね着や袖まくりを駆使すれば、長袖のコットンシャツも通年着られることが出来ます。

 

 

カジュアルコットンパンツ&薄手のウールスラックス

ジーンズやチノパンなど綿素材で出来たカジュアルなパンツ。スーツの組下のような薄手のウール素材のスラックスも通年で着られます。

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418912-09

 

 

カジュアルシーンならチノパンやジーンズ、ビジネスならスーツの下のスラックスって、スーツを着ないクールビズの時でも1年中履くでしょ?

だから、チノパンやジーンズなどのコットンカジュアルパンツや、薄手のウールスラックスはオールシーズン使用する事が出来ます。

 

 

ミニマリストは3シーズン着られる服も揃えよう

上で解説したように、通年で着られる服は意外と少ないものです。それを補う意味でも、3シーズン着られる服を揃えると服を少なくしても年間を通じて困ることはありません。

ミニマリストにとって3シーズン使える服は、通年着られる服の次に四季の変化に対しての汎用性が高いですからね。

3シーズン着られるのは

  • ハイゲージニット
  • 薄手のアウター
  • スーツ(セットアップ)
  • ライナー付きコート

の4つです。

下で詳しく解説します。

 

 

ハイゲージニット

ハイゲージニットは3シーズン着ることが出来ます。ハイゲージニットとは、ウォームビズで着るような細い糸で、細かく編み上げてニットの事。

ちなみに対義語はローゲージ。太い糸でザックリと編み上げたニットですね。

 

ハイゲージニットはローゲージよりも薄手=防寒力が低いのがミソ。重ね着すれば真冬も使え、薄着になれば暖かい春・秋に対応できます。

セーター=防寒具のイメージが強い服。防寒具のイメージが強いがゆえに薄手とはいえ、冬に着ても寒々しい印象を感じさせることはありません。

 

春・秋は、薄手のアウターやニットの中にシャツを着る位が気温的にはちょうど。コートを重ねれば冬も着られます。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/58881/1022111

 

「薄手のニットを冬に着るのは寒そう」

 

確かに厚手なセーターと比べると防寒力は低めなので、真冬は

  1. 半袖Tシャツ
  2. シャツ
  3. ニット
  4. 薄手のアウター
  5. コート

位は重ね着しましょう。

photo by https://vokka.jp/3971

これ位重ねれば、都心位の寒さなら真冬でも対応できますよ。ウール素材のハイゲージニットの方が綿素材の物よりも防寒力も高いのでおすすめですよ。

こんな感じで、夏以外の3シーズン着られるのがハイゲージニットなのです。

 

 

薄手のアウター

薄手のアウターも3シーズン着られます。

ここで言う「薄手のアウター」というのは、Gジャンとか。スーツやセットアップの上、つまりテーラードジャケットが「薄手のアウター」ですね。

photo by https://www.amazon.co.jp/Levis-%

 

 

薄手のアウターは、上着として春・秋の着用はもちろんの事。

実はコートのインナーに着れば冬も使えてしまうのが「薄手のアウター」なのです。

photo by https://vokka.jp/3971

 

「コートのインナーに使うの?」

 

一見驚く着方ですが、ビジネススタイルの際、薄手のアウターであるテーラードジャケットの上、つまりスーツの上にコートを着るのは当たり前の事。

ビジネスシーンではアリなのに、カジュアルシーンでは薄手のアウターの上にコートを着てはいけない、なんてことはありません。

実際、洋服の本場である欧米のストリートスナップでは、薄手のインナーであるGジャンやライダースブルゾンをインナー使いした着こなしが散見されます。

photo by https://vokka.jp/3971
photo by http://www.memphis.jp/news/2015/08/art-comes-first-2.html

 

インナー使いすることで、薄手のアウターは3シーズン使うことが出来るのです。

 

 

スーツ(セットアップ)

スーツ(セットアップ)も3シーズン着ることが出来ます。

スーツってクールビズの夏以外は通年で着るでしょ?これはオンオフ兼用出来るセットアップも同じなんです。だから3シーズン着ることが出来ます。

photo by https://www.gu-japan.com/jp/lookbook/pc/style/19112181

 

気温に応じて、初夏はインナーを半袖にしたり、春や秋はセーター。冬になったら、上にコートを羽織れば3シーズン使うことが出来てしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート ジャケット→約6000円÷55回=109円 スラックス→約2000円÷105回=19円 トップス→約2000円÷35回=57円 ベルト→約12000円÷815回=15円 ネックウォレット→約50000円÷75回=666円 サングラス→約28000円÷115回=243円 バッグ→約90000円÷115回=782円 時計→約70000円÷115回=608円 シューズ→約50000円÷100回=500円 1回辺り2999円コーディネート #メンズファッション #ファッション #uniqlo #ユニクロ #gu #ジーユー #お金をかけないオシャレ #お金のかからないオシャレ #cheapchic #チープシック

Hajime Tsuruta(@_hajime_tsuruta)がシェアした投稿 –

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/58881/1022114

 

 

ライナー付きコート

ライナー付きコートも3シーズン着ることが出来ます。

ライナーとは中綿が入った取り外し可能な裏地の事。

photo by https://www.bluedun-outdoor.com/Barbour_liner.html

ライナー付きのコートだと、冬はライナーを付ける&重ね着で真冬もオッケー。

photo by https://vokka.jp/13408

 

気温が上がれば、薄着&ライナーを外すことで春・秋の計3シーズン着用することが出来ます。

 

ミニマリストに必須のオールシーズン服&3シーズン服のまとめ

結論、オールシーズン&3シーズン着られる服を揃えれば18着程度で1年間をやり繰り出来てしまいます。

 

下のまとめを見てもらえばこの理由は分かります。

 

〇オールシーズン使える服

  1. 半袖Tシャツ
  2. 長袖コットンシャツ
  3. コットンカジュアルパンツ
  4. 薄手のウールスラックス

 

〇3シーズン使える服

  1. ハイゲージニット
  2. 薄手のアウター
  3. スーツ(セットアップ)
  4. ライナー付きのコート

 

オールシーズン使える薄手のウールスラックスと3シーズン使える薄手のアウター(テーラードジャケット)をセットアップ、つまりスーツで持つとしたら、ミニマリストの基本ワードローブは、

  1. 半袖Tシャツ
  2. 長袖コットンシャツ
  3. コットンカジュアルパンツ
  4. ハイゲージニット
  5. セットアップ(薄手のアウター&薄手のスラックス)
  6. ライナー付きコート

の計6着。これを3日分用意してローテーションで着るにしても、わずか18着で1年間をやり繰り出来てしまいます。コートやデニムなんて3着もいらないでしょうから、ライフスタイル次第ですが、15着前後に落ち着くはずですね。

 

「じゃあ、実際にオールシーズン&3シーズン着られる服を買い揃えたいんだけど、おすすめの服ってある?」

 

そんな方に下ではユニクロ&GUで手に入るおすすめアイテムを解説しております。興味ある方はぜひ読み進めてみてください。

 

ミニマリストのおすすめのオールシーン&3シーズン着られる服紹介

ここで紹介する服はどれも格安ですが、ぶっちゃけ見た目・クオリティは2~3倍の価格のアイテムと比較してもそん色はありません。

現役のショップスタッフの私ですが、プロの目利きを持ってしても、タグを隠した状態で値段を当てろと言われれば、実際の値段よりも高く評価してしまうくらい高品質なんです。

しかも、これは全て私が実際に買って愛用しているアイテム。アクセス稼ぎでも提灯広告でも、なんでもない。ウソ偽りのない、心から好評価しているアイテム群です。

 

まずはオールシーズン着られる服はこちら。

https://tsurutas.com/2020/03/06/uniqlodressshirt/

ユニクロのスキニージーンズは1万円以上の価値がある3つの理由ユニクロのスキニーの評判が知りたい。そんな方にオススメです。本記事では・プロの洋服屋がレビューするユニクロのスキニー・ユニクロのスキニーを今買うべき理由・ユニクロのスキニーのコーディネート術を解説。ユニクロのスキニーが気になっている方は必見です。...

 

そして3シーズン着られる服はこちら。

guのセットアップスーツの品質に高級スーツ屋が唸る3つの理由guのセットアップレビューについて知りたくはありませんか?本記事では高級スーツ屋である筆者のguのセットアップスーツのレビュー・guのセットアップの着回し術を解説しています。guのセットアップが気になり人は必見です。...
ユニクロ「エクストラファインメリノウール」は高級感・耐久性・汎用性、三拍子揃った最高傑作品現役ショップスタッフの鶴田です。 ファッションブロガー夫婦の私達。今回は夫婦そろって愛用する逸品の紹介。ユニクロの最高傑作と呼んで...

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。