服の着方(メンズ)

カラフルな服を着たい男性ミニマリストにおすすめする厳選2色

ミニマリストでもカラフルな服を着る方法

「ミニマリストなんだけどカラフルな服が着たい。モノトーンは合わせやすいんだけど地味。かといってカラフルな服は合わせにくそう。合わせやすいカラフルな服の合わせ方や揃え方を教えてくださいな。」

 

ミニマリストって少ない服で生活するから、合わせにくい服はご法度。

でもそうすると着こなしがモノトーンばかりになって地味になってしまう。

ミニマリストの服はシンプルすぎるとイマイチな理由【メンズ編】ミニマリストはシンプルな服が一番だと思っていませんか?実はシンプル過ぎて地味になっていませんか?本記事ではミニマリストのシンプル過ぎて地味になってしまうコーデの脱却法を解説しています。シンプル過ぎて地味になってしまっているミニマリスト必見です。...

だから、色物を取り入れたいけど、色物って合わせにくい。

だから、コーディネートがモノクロになってしまう。

こんな悩みに今回は答えます。

本記事のテーマ
  • カラフルな服を着たいミニマリストにおすすめのアクセントカラー2選
  • ミニマリストでもカラフルな服を着る方法
  • ミニマリストのカラフルな服は紺or茶色のグラデーションで揃えよう

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

15着の服で生活をするミニマリストでもあります。

本当にミニマリストである証明としてインスタグラムで日々のコーディネートをアップしております。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2日ぶりの外出。近所の公園へ家族でお出かけ。 デニム・ブルゾン・スニーカーで基本カジュアルスタイルなんだけど、黒シャツで緊張感を出す。とはいえ、キメすぎもTPO的にミスマッチだから、ゆったりロングシャツで少しリラックス感を出して最適化。 桜の花はすっかり落ちてしまったけど葉桜がキレイ。穴場スポットだから人も少なくて安心出来るのも良き。 #ミニマリスト ミニマリスト #ミニマリストのワードローブ #少ない服で着回す #ミニマムクローゼット #ミニマリストの持ち物 #ミニマリストワードローブ #少ない服

Hajime Tsuruta(@minimalist_tsuruta)がシェアした投稿 –

こんな感じでしっかり自分の服にも色彩のある服を取り入れているミニマリスト&現役のショップスタッフだからこそ語れる「ミニマリストのモノトーン以外の服の取り入れ方」の解説です。

モノトーンばっかりじゃつまらない、という方にオススメの記事です。

ちなみに女性編はこちらです。

ミニマリストの服はシンプル8割・アクセン2割で揃えるのが〇
【ミニマリストの服の色】ベーシックカラーがおすすめの理由ミニマリストの服はベーシックカラーがベストなのはわかるけどその理由は?コーディネートの配色方法はどうすればいいの?ミニマリストの服の色が地味にならないようにするには?といった疑問にお答えしていますので、ご興味がある方はぜひお読みください。...

 

カラフルな服を着たいミニマリストにおすすめする厳選2色

カラフルな服を着たいミニマリストにおすすめする厳選2色

ずばり、ミニマリストにおすすめのカラフルな服は「青」と「ベージュ」の2色です。

これに黒を加えた3色は、ファッションにおいて「クラシック3原色」ともいわれる鉄板カラー。

この2色なら小物みたいな面積が小さい部分に使うのはもちろんの事、アウターなど大きな面積で取り入れてもオッケー。

鉄板カラー&どんなアイテムに取り入れても合わせやすいので、ミニマリストでも効率よくオシャレが出来ます。

ちなみにここで言う「黒」「青」「茶」は色の系統の事。

黒は無彩色と言われる黒~グレー~白にかけてのグラデーション。

青も紺~水色にかけてのグラデーションの事を指します。

photo by https://jp.123rf.com/photo_20691807_%E9%9D%92%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%83%8C%E6%99%AF.html

茶も同じ要領で茶~ベージュまでの事を表しています。

photo by https://www.ikeda-architecture.jp/2016/01/16/%E8%8C%B6%E8%89%B2%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%95%E8%89%B2-%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%93/

 

茶系統もしくは、青系統は着こなしにアクセントを加えてくれつつ、派手になりすぎず使いやすい。

例えば、発色の強いブラウンカラー。アウターに取り入れてもうるさくなることはありません。

丈の長いカーディガンも「明るい茶色=ベージュ」なら、着こなしにアクセントを加えつつ、決して「派手」になることはありません。

ミニマリストが持つべきカラフルな服は、どんなアイテムに取り入れても合わせやすく、かつアクセントになってくれる「青」と「茶」なのです。

 

ミニマリストでもカラフルな服を着る方法

ミニマリストでもカラフルな服を着る方法

ミニマリストがカラフルな服を取り入れる時は、モノトーン+アクセント1色もしくは同系色のグラデーションになるように合わせましょう。

こうするとコーディネートを3色以内に出来て大人っぽい印象になる、というのが理由ですね。

ちなみに黒・白・グレーの無彩色は色の数にはカウントしなくてオッケー。

子供服を連想するれば分かりますが、子供服は色の数が多いものがほとんど。

色の数の多い服を子供が着る事で子供らしさを際立たせることが出来ます。

逆にこれを大人がやってしまうと幼稚な印象になってしまう。

逆に「大人」の象徴であるフォーマルウェア。

着こなしの色を白と黒の無彩色だけに絞っています。

色の数を極限まで絞ることで大人っぽさを演出しているのです。

で、大人っぽさを保てる限界が「無彩色を除いて色の数は1コーデに3色まで」という話ですね。

モノトーン+1色にすれば、着こなしに使っている色は無彩色+1色のみ。

まだ2色も使える枠があるから、余裕で大人っぽさを演出する事が出来ます。

こういう多色使いのシャツも他をモノトーンにすれば、簡単に色の数を「無彩色を除いて3色以内」にすることが出来ます。

 

「もっと全身をカラフルにしたい!」

 

実は「無彩色以外で3色内」ルールには抜け穴がありまして、それが同系色のグラデーション。

ワントーンコーディネートなんて言いますね。

着こなしを同系色のグラデーションにすると、色の数を増やしても、不思議と色の数が多く見えません。

photo by https://www.pinterest.jp/pin/538954280405047512/
photo by https://zerokarahazimeru.hatenablog.com/entry/2016/08/03/035545

ミニマリストにおすすめのカラフルな服は「青」と「茶」なので、画像のように青か茶のグラデーションでまとめると良いでしょう。

ミニマリストがカラフルな服を着る時のコーデ方法は2つ

  1. モノトーン+1色コーディネート
  2. ワントーンコーディネート

 

ミニマリストのカラフルな服は1色に絞って同系色で揃えよう

ミニマリストはカラフルな服を同系色で揃えよう

どう組み合わせてもモノトーン+1色コーデ、もしくは1トーンコーディネートになってくれます。

つまりどう組み合わせてもオシャレな色合わせになるワケ。

こうすることでコーディネートを考える時間を大幅に短縮できます。

少数精鋭の効率の良いワードローブを作ることで、考える手間を省き、時間を節約することがミニマリストのメリットの一つです。

ミニマリストとは?人生の時間を好きなことに費やし満足して暮らしている人ミニマリストは人生を好きなことに費やし満足して暮らしている人です。ミニマリストを目指してから7年目のファッションスタイリストが、ミニマリズムの初歩的な疑問にお答えします。...

私はワードローブをモノトーン+茶色の同系色で揃えています。

基本はモノトーンアイテム。

ここに茶系統の服を揃えているのが私のワードローブ。

これは強めの茶色。

このシャツのストライプに配色しているのも茶系統。

このニットも茶系統の色の一つであるベージュカラー。

モノトーンに加えて、アクセントカラーを1色に絞って、その同系色アイテムを揃える。

どんなにランダムに組み合わせても、「モノトーン+1色」か「ワントーンコーデ」のどちらかになってくれます。

これは「モノトーン+1色」コーデ。

こちらはトップスを同系色でまとめた「ワントーン」コーデ。

※5歳の娘が取ってくれた力作!

私のインスタをチェックしてもらえれば、分かりますが「色」を使ったコーディネートの時は必ず「モノトーン+1色」か「ワントーンコーデ」のどちらかになっています。

ワードローブを「モノトーン」&「任意の色の同系色」でまとめると、ランダムに組み合わせてもコレが出来てしまうのです。

上で解説したように茶か青の同系色で、色物を持っておくとアウターやパンツなど面積の大きいアイテムにも色を取り入れやすいのでおすすめですよ。

今回のまとめ
  • ミニマリストは色服は青系統か茶系統が使いやすい
  • 合わせやすい色物コーデはモノトーン+1色かワントーンコーデ
  • 服はモノトーン。色物は1色に絞って同系色で揃えよう

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。