服の選び方(メンズ)

ミニマリストの服は「機能性」にこだわりすぎないほうが良い理由

ミニマリストの服に必須な機能性はない

「ミニマリストの服って、どんな機能性があったほうが良いのかな?機能性の高い服の方が色々と着回しが効いて便利そう。ミニマリストにピッタリな機能性が高い服を教えてくださいな。」

今回はこんな疑問に答えます。

この記事を執筆しているのは現役のショップスタッフの鶴田です。

15着の服で生活するミニマリストでもあります。

本当にミニマリストである証明として、日々のコーディネートをインスタグラムにアップしています。

ミニマリストとファッションのプロだからこそ語れる「ミニマリストの服に必要な機能性」解説。

ミニマリストの服の機能性について知りたい方は必見です。

 

ミニマリストの服は「機能性」にこだわりすぎないほうが良い理由

ミニマリストの服は「機能性」にこだわりすぎないほうが良い理由

一般的にミニマリストの服におすすめの機能性と言われているのは

  • 耐久性が高い
  • 防水・防風機能が高い
  • 家で洗える

だけど、機能性にこだわりすぎると「好きな服」が着られなくなってしまいます。

理由はこちら。

具体例も挙げて深掘りします。

今だと「洗えるスーツ」とか「耐久性の高い化学繊維で出来たスーツ」みたいな機能性に優れたスーツが市場に多く出回っています。

guのセットアップスーツの品質に高級スーツ屋が唸る3つの理由guのセットアップレビューについて知りたくはありませんか?本記事では高級スーツ屋である筆者のguのセットアップスーツのレビュー・guのセットアップの着回し術を解説しています。guのセットアップが気になり人は必見です。...

とはいえ、そのほとんどがシンプルなデザインだったり、仕事で着回し出来ないカジュアルなデザインのモノがほとんど。

でも、私が欲しいのは

  • 装飾性を感じるダブルのジャケット
  • 仕事でも着回しのきくオンオフ兼用

のスーツ。

機能性と私の好みの両方を反映したスーツは市場にありませんでした。

自分の好きなデザインを重視するか?便利な機能性を重視するか?

これは価値観の問題ですが。私は前者を選びました。

好きな服を着たほうがテンション上がるもんね。

機能性に優れてない服が少しくらいあっても、ミニマリストの生活は不便になりません。

そもそもスーツなんて滅多に洗うものでもないから、家で洗濯できなくても構わない。

ミニマリストの服に必須なのは「2つ以上のTPOで兼用出来る」ことですが、汚れにくいTPOで兼用すればいいだけ。

ミニマリストの服は基本は2つ【”兼用”と”枚数の最適化”】
ミニマリストの服の基本は2つ【”兼用”と”着数の最適化”】服を少なくするための基本的な知識を知りたくないですか?本記事ではミニマリストの服の基本的な知識 ・ミニマリスト初心者がまず最初にすべきことを解説しています。これから服を減らしていきたい人は必見の記事です。...

デリケートなウールの生地で耐久性が高くなくても大丈夫。

服ってモノとしての寿命よりも飽きるほうが早いものです。

服の捨て時3つのポイント【100着以上の服を処分した洋服屋が解説】服の捨て時が分からない。こんな悩みを持っていませんか?本記事では・服の捨て時3つのポイント・余分な服を処分するメリットを解説しています。服が捨てられなくて困っている人は必見です。...

 

「機能性も好みも両立したい」

 

物によっては出来なくもないので、下で「機能性と好みを両立しやすい、しかも着回ししやすい服」をまとめてみました。

とはいえ、機能性を重視しすぎると、「機能性と好み」のどっちを取るかのジレンマに陥ってしまいます。

こういうジレンマは、本来は楽しいはずのファッションを楽しめなくなってしまう原因。

ミニマリストの服は機能性にこだわりすぎない事。本当に好きな服を着られなくなってしまいます。

 

ミニマリストにおすすめの着回し力&機能性の高い服3選

ミニマリスト向きの着回し力&機能性の高い服3選

ミニマリストにおすすめの着回し力&機能性の高い服はこちら。

  1. 洗えるニット
  2. 雨の日も履ける靴
  3. ライナー付きのコート

どれもぶっちゃけ、素材の進化が著しい現代としては、どれも「ありきたりな機能」ですが…。

ありきたりな分、市場に流通するバリエも多いので、たくさんの中から選べる。

つまり自分の好みに合った服を見つけやすいのがこの3つ。

ありきたりとはいえ、生活するうえで確実に便利な機能だし、着回しもしやすい。だからおすすめ。

以下で深掘りし解説します

 

おすすめ①洗えるニット

スーツスタイルはもちろんの事。

妻とデートとか少し「キメ」のカジュアルスタイル。

上の画像のコーデを

  • スカーフを外す
  • 靴をスニーカーに変える

と子供と公園なんていうラフカジュアルでも使いまわしが可能です。

 

おすすめ②雨の日も履ける靴

とりわけダイナイトソールと言われる靴底が搭載された革靴はおすすめですね。

ダイナイトソールは雨に強いのは、もちろんの事。

スニーカーのようなボリュームがあるフォルムがオンオフ兼用しやすいのです。

photo by https://item.rakuten.co.jp/t-supply/chu-shannon-r-black-103-f/

 

私の革靴もダイナイトソール搭載ですが、スニーカーのようなボリュームがあるからカジュアルスタイルでも使える。

もちろん革靴ですから、ドレススタイルにも対応可能。

加えて、靴底もなかなか減らないのでソールの張替え費用など、ランニングコストを削減出来るも嬉しいところ。

ミニマリスト推奨の1足です。

おすすめ③ライナーが外せるコート

ライナーが取り外しできることで、

  • 冬はライナー付き
  • 春・秋はライナー無し

と、3シーズンと長いスパンで着ることが出来、季節ごとにアウターを揃える必要がなくなります。

堅い素材を選ぶと、パリッとした質感がビジネス専用コートな印象を感じさせてしまいますが、少し柔らかい素材を選ぶとカジュアルシーンでも使いまわすことが出来ます。

「ライナーは外せる」というのもありきたりな機能ですが、その代わり下はユニクロ、上はデザイナーズブランドと価格もデザインもピンからキリまで豊富。

おかげで私は大好きなブランドの一つ。

ヨウジヤマモトでライナー付きのコートを見つけることが出来ました。

ある意味「ありきたりな機能性の服」を選ぶと、自分の好み×機能性×着回しの3つを両立できるのです。

今回のまとめ
  • 機能性にこだわりすぎると好みの服が手に入らない
  • 好み×機能性×着回しを両立するなら「ありきたりな機能服」

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。