骨格診断(レディース)

骨格ウェーブ「かっこいいスタイル」の作り方

骨格ウェーブ かっこいい

ミニマリスト×ファッションスタイリストの鶴田ジュンコです。

骨格ウェーブだけどフェミニンなファッションが好みに合わない。

ウェーブだけどかっこいい雰囲気のファッションが好き。でも具体的にどうすればいいのかが分からない。

こんなお悩みを解決します。

 

骨格診断ウェーブタイプに多いご相談と言えば、こちら。

骨格診断でウェーブと言われたけど、フェミニンが嫌い。

骨格ウェーブと診断されてフェミニンなファッションが好みに合わない!という方は多いですが、具体的にどうすればいいのかの情報って少ないですよね。

わたしは骨格診断士、ファッションスタイリストとして独立し、日々お客さまへファッションのアドバイスをしています。

骨格診断は100万円かけて学びましたが、

  1. 理論があいまいな点がある
  2. 好みじゃないファッションを押し付ける傾向がある

よって一部を除いて、骨格診断を信用していません。

骨格診断がフェミニンを押し付ける(決めつける)から、骨格ウェーブタイプがこういった悩みを持つのだと思います。

 

当記事のテーマ

骨格ウェーブ「かっこいいスタイル」作り方のコツ

骨格ウェーブ「かっこいいスタイル」コーデ一覧

骨格診断で提案されるファッションが好みに合わないという方へ、どうすれば自分の好みのファッションを楽しめるのか、その考え方も合わせて説明しますので、ストレートタイプやナチュラルタイプの方にもお読みいただければと思います。

 

骨格ウェーブ「かっこいいスタイル」の作り方

ぶっちゃけ骨格診断は、「着こなしのポイント」さえ押さえれば、どんなファッションをしてもいいんです。

好みじゃないファッションはする必要はありません。

骨格診断の上手な付き合い方は、「着こなしポイント」を押さえることです。

むしろそれ以外は無視しても構わないと思っています。

 

「着こなしポイント」を押さえよう

「骨格診断の着こなしポイント」は極論を言うと2つあります。

それは「素材と重心の位置」です。

「骨格診断の着こなしポイント」は2つ

  1. 素材
  2. 重心の位置

独自の研究により行きついた「骨格診断の着こなしポイント」については、こちらの記事で詳しく解説しています。

骨格診断がよくわからない!押さえるポイントは「素材」と「重心」骨格診断ってよくわからない!骨格タイプはわかったけど、本に書いてある通りにやってもうまくいかないという方へ、骨格診断が簡単に理解できるポイントを要約しました。ぜひお読みください。...

 

まだお読みでない方のために、骨格ウェーブの「着こなしポイント」の概要を説明します。

【脂肪の柔らかさ】が際立つウェーブは、

  1. 素材:柔らかい素材
  2. 重心の位置:上重心

これがウェーブの着こなしポイントです。

ウェーブは脂肪の柔らかさが特徴的なタイプなので、それに調和する【柔らかい素材】が似合います。

柔らかい素材であれば概ねOKですが、さらにポイントを追加するとすれば、透明感、軽やかな素材という点です。

透け感のあるレースやシフォン、歩くとひらひら揺れるような軽い素材がベスト。

つまり重そうに見えたらNGですね。

 

続いて重心の位置ですが、ウェーブは筋肉がさほどないために、身体のラインは下半身が下がり気味です。

よく言われるのが洋ナシ体型の下重心。

下半身が重そうに見えてしまうと、足が短く見えたりスタイルダウンするので、重心を上に持ってくるとバランスが取れます。

つまり骨格ウェーブの押さえるポイントは、①柔らかい素材と②上に重心。

 

このように骨格診断の押さえるポイントは、極論①素材と②重心です。

これはストレートタイプもナチュラルタイプも同じことが言えます。

骨格診断で言われたスタイルが気に入らないという方は、①素材と②重心だけ押さえればOK。

すると骨格診断迷子にならずとも、骨格診断がもっと楽しめると思います。

 

「かっこいい」のイメージを押さえよう

かっこいいは一言では言えないくらい、たくさんのイメージがあります。

例えば、わたしが思いつくものを羅列するとこんな感じ。

  1. マニッシュ(メンズライク、男性的)
  2. クール(都会的、洗練)
  3. ミステリアス(色気、セクシー)
  4. アクティブ(スポーティ、シャープ)
  5. モード(中性的、個性的)

人それぞれが持つかっこいいのイメージは、このようにたくさんあると思います。

まずはご自身の好みに合う「かっこいいイメージ」を考えましょう。

「こんな雰囲気のファッションがしたいなぁ、、」というイメージ画像を集めることから始めてもいいですね。

そしてそのイメージをファッションテイストに落とし込むと、よりファッションの理解が深まります。

ファッションテイストについての記事はこちらにあります。

ファッションテイスト 系統
ファッションの系統が定まらないという方へ。基本のファッション系統(テイスト)8分類を徹底解説!ファッションスタイリスト・鶴田ジュンコです。 こういったお悩みはありませんか? 「自分に合う洋服の系統ってなんだろう‥」 ...

まだお読みでない方はぜひ読んでみてください。

 

さて先ほどのかっこいいイメージをもう一度見てみましょう。

  1. マニッシュ(メンズライク、男性的)
  2. クール(都会的、洗練)
  3. ミステリアス(色気、セクシー)
  4. アクティブ(スポーティ、シャープ)
  5. モード(中性的、個性的)

それではこれらのイメージに合う、ウェーブタイプの「かっこいいスタイル」を順番にご提案します。

 

「ウェーブのかっこいいスタイル」コーデ一覧

①マニッシュ(メンズライク、男性的)

骨格ウェーブ かっこいいhttps://www.vogue.co.jp/fashion/editors_picks/2017-04/12/airi-nakano

 

  • スーツの色が明るいベージュなので、重く感じません。(ウェーブは重たく感じるのがNG)
  • またインナーに着ているシャツはシースルーの透け感があります。
  • スーツの素材は歩くとゆらゆら揺れるイメージの、柔らかさがあります。
  • ウエストの位置は(画像はさほど上ではありませんが)上にします。
  • 髪の毛を緩くまとめて、ソフトなエレガンスさを残し、重さも軽減します。
  • サングラスがかっこよさを際立たせています。

 

②クール(都会的、洗練)

骨格ウェーブ かっこいいhttps://metro.co.uk/2013/04/28/victoria-beckham-admits-getting-naked-helps-inspire-her-fashion-collection-3684599/

 

  • 柔らかく揺れる素材で、クールな中に柔らかさがあります。
  • 明るめな濁色で、抜け感があり重すぎません。
  • ごてごてした装飾がなく、余計なものをそぎ落とし洗練された様子です。
  • 気取っていないところがなによりも都会的。(田舎者ほどいろいろやりたがる)

 

③ミステリアス(色気、セクシー)

骨格ウェーブ かっこいいwww.pinterest.com

 

  • ロングなウェーブヘアで首回りを着飾ることで、寂しさ軽減&華やかです。
  • アメリカンスリーブで華奢な肩が際立ちます。
  • 色はブラックトーンでクールにセクシーな印象。
  • 柔らかい揺れる素材とスリットデザインが軽やか、かつ色っぽい印象。
  • 透明感のある素肌にブラックトーンが、より白さを際立たせています。
  • 華奢な骨格にサングラスといった、甘×辛のコントラストがかっこいいです。

 

④アクティブ(スポーティ、シャープ)

骨格ウェーブ かっこいいhttps://www.fq.co.nz/fashion/street-style/nyfw-street-style-trends-fall-winter-2018-teddy-coats-white-boots

 

  • アウターは軽やかな素材・色でかつ着丈が短いので上重心です。
  • 髪の毛をアップしているので、軽やかです。
  • ボディバックにより、上に目線が集まります。
  • 着丈が短い分ウエストの位置も上がるので、胴長に見えずスタイリッシュです。
  • 足首をちょっと出すパンツ丈が、重さのある靴でもスッキリ見えます。
  • 靴の色も明るいので、非常に軽やかです。

 

⑤モード(中性的、個性的)

https://www.yohjiyamamoto.co.jp/yy/femme/collection/20ss/

 

  • 華奢なデコルテの片側の肩に袖があるので、寂しさが軽減されます。
  • ウエストの位置が高いので、重くなりません。
  • ウエストのラインは曲線的で、柔らかさがあります。
  • スカートのドレープ感により程よいボリュームがあり、寂しくなりません。
  • 素材は柔らかでドレープがあるため、重く感じません。
  • 靴の色はライトグレーで軽やかです。

 

以上、骨格ウェーブにお勧めの「かっこいいスタイル」をご紹介しました。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。