服の選び方(メンズ)

ポロシャツにはクールビズ用とカジュアル用があるの知っていますか?

ミニマリストとは

「クールビズでポロシャツを着たいんだけど何が良いかな?」

「ポロシャツっていろんな種類が売っているから、どれを選べばいいのかわからない。」

「せっかくだから、休日も使えるやつが良いな。」

今回はこんな疑問に答えます。

今回のテーマ
  • クールビズ用とカジュアル用のポロシャツの見分け方
  • クールビズでもカジュアルでも使えるポロシャツ解説

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

スーツをはじめ、ビジネスウェアに定評のあるブランドに勤務しているので、クールビズはお任せください。

加えて15着の服で生活しているミニマリストでもあるので、1着の服をオンもオフも着回すのも大得意。

ビジネスファッションのプロがビジネス用・カジュアル用のポロシャツの見分け方を。

着回し上手のミニマリストが1着でカジュアルもビジネスも使るポロシャツの選び方を解説します。

クールビズ用のポロシャツの選び方がわからんという方や着回しが効くポロシャツが欲しいなんていう方は必見です。

 

ポロシャツにはクールビズ用とカジュアル用があるの知っていますか?

ポロシャツにはクールビズ用とカジュアル用があるの知っていますか?

ポロシャツにはクールビズ向きの物とカジュアル向きのものがあります。

クールビズ向きとカジュアル向きのポロシャツでは作りに”明確な違い”があるのです。

それは「台襟」と呼ばれるパーツの「有無」で判断することが出来ます。

台襟というのは、襟と見ごろをつなぐ”台”のようなパーツ。

画像はシャツの台襟ですが、基本的にはポロシャツの台襟も一緒の構造ですね。

クールビズ向きのポロシャツには「台襟」があります。

photo by http://septis.co.jp/features/pickup/2011/08/septis-original-buttondown-pique-polo-shirt.html

この作り、実はドレスシャツと全く同じ。

だから台襟の付きのポロシャツの方がフォーマルに見えるのです。

逆に台襟がないと、まるでTシャツに襟だけ縫い付けたような見え方。

 

photo by https://www.fashionsnap.com/article/2013-06-25/polo-shirt-houto/

Tシャツに近い印象があるため、台襟のないポロシャツはカジュアルシーンでの着用に向いています。

 

んな些細なことで見た目なんて変わらないよ

 

台襟の有無は仕立ての違いだけではなく、見た目にもしっかりと影響を与えます。

こちらが台襟付きのポロシャツ。

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/424217-60

こちらが台襟無しのポロシャツ。

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422987-66

襟の高さが全く違うのが理解できるはず。

ビジネスシーンのインナーは

  • スーツに合わせるドレスシャツ
  • ウォームビズに合わせるタートルネック

など、すべて襟が高いアイテムです。

台襟がある→襟が高くなる→キチンと見える、といった風に「台襟の有無」はしっかりと見た目に影響を与えるのです。

クールビズ用のポロシャツは「台襟付き」・カジュアル用のポロシャツは「台襟無し」を選びましょう。

 

クールビズでもカジュアルでも兼用が出来るポロシャツの選び方

クールビズでもカジュアルでも兼用が出来るポロシャツの選び方

次の3つのポイントを押さえると、1着のポロシャツをカジュアルでもクールビズでも兼用することが出来ます。

  • 台襟無しをボタン全締めで着る
  • 色はモノトーンorダークカラー
  • シンプルなデザイン

実際に、この方法でショップスタッフの私はポロシャツをオンとオフで兼用しています。

以下で詳しく解説します。

 

ポイント①台襟無しをボタン全締めで着る

台襟付きのポロシャツをカジュアルで着ると、ドレス感が強くビズポロ感がどうしても出てしまいます。

なので、台襟無しのポロシャツを選びましょう。

とはいえ、台襟無しのポロシャツをクールビズで着ると今度はカジュアル感が強く出てしまいます。

そこで、ビジネス感を出すためにポロシャツのボタンを全部閉めましょう。

ボタンを全部閉めることで、ドレッシーな印象が強くなるので、台襟無しのポロシャツのカジュアル感を和らげることが出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート ジャケット→約6000円÷55回=109円 スラックス→約2000円÷105回=19円 ポロシャツ→約2000円÷1回=2000円 ベルト→約12000円÷815回=15円 ネックウォレット→約50000円÷75回=666円 サングラス→約28000円÷115回=243円 バッグ→約90000円÷115回=782円 時計→約70000円÷115回=608円 シューズ→約30000÷105回=285円 1回辺り4727円コーディネート #メンズファッション #ファッション#uniqlo #ユニクロ #gu #ジーユー #クールビズ #coolbiz #お金のかからないオシャレ #お金をかけないオシャレ

Hajime Tsuruta(@minimalist_tsuruta)がシェアした投稿 –

ボタンを全部閉めて着用すると、台襟無しのポロシャツをクールビズコーデに使っても違和感がないのが湧かるはず。

1着のポロシャツをオンオフ兼用するポイント①は「台襟無しのポロをボタン全部閉め出来る」です。

 

ポイント②色はモノトーンorダークカラー

台襟無しのポロシャツにドレッシーな印象をさらに足すためにモノトーン・ダークカラーのポロシャツを選びましょう。

モノトーンは「白・黒・グレー」の事。

黒とグレーはスーツに、白はドレスシャツに用いる色です。加えてダークカラーとりわけネイビーも同様にスーツに用いられる色。

photo by https://www.pinterest.at/pin/795800196636583874/

モノトーン&ダークカラーを選ぶと、同じアイテムの色違いと比べるとドレッシーな印象を出すことが出来ます。

先ほどのコーディネートも、黒のポロシャツを使うことで台襟無しのポロシャツにドレス感を加えています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート ジャケット→約6000円÷55回=109円 スラックス→約2000円÷105回=19円 ポロシャツ→約2000円÷1回=2000円 ベルト→約12000円÷815回=15円 ネックウォレット→約50000円÷75回=666円 サングラス→約28000円÷115回=243円 バッグ→約90000円÷115回=782円 時計→約70000円÷115回=608円 シューズ→約30000÷105回=285円 1回辺り4727円コーディネート #メンズファッション #ファッション#uniqlo #ユニクロ #gu #ジーユー #クールビズ #coolbiz #お金のかからないオシャレ #お金をかけないオシャレ

Hajime Tsuruta(@minimalist_tsuruta)がシェアした投稿 –

 

ポイント③シンプルなデザインを選ぼう

服は基本的に

  • 装飾があれば、あるほどカジュアル
  • 装飾が少ないほど、フォーマル

な印象になります。

ポロシャツをオンオフ兼用する場合は、ベースが”カジュアルな台襟無しのタイプ”なので、

  • 着方
  • デザイン

をドレッシーな印象を与えるものにして、バランスを取る必要があります。

だから、シンプルなデザインのモノにしましょう、という理屈ですね。

例えば、こんな感じにデザインの入っているものはもちろんの事。

photo by https://www.bluelinesaga.com/items/27887969

ラコステやラフフローレンが代表格ですが、胸にワンポイントも避けましょう。

photo by https://www.fashionsnap.com/article/2013-06-25/polo-shirt-houto/

フレッドペリーのポロシャツもラコステやラルフローレンのポロシャツも素敵ですが、あくまで”オンオフ兼用のポロシャツ”を選ぶなら、極めてベーシックな無地のポロシャツがおすすめです。

 

クールビズの時は良いけど、シンプル過ぎるとカジュアルの時がちょっと地味そう

 

地味さを払拭するために小物でアクセントを加えたりするのも一つの方法ですが、個人的におすすめなのがスカーフ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート スラックス→約2000円÷105回=19円 ポロシャツ→約2000円÷2回=1000円 ベルト→約12000円÷820回=14円 ネックウォレット→約50000円÷80回=625円 サングラス→約28000円÷120回=233円 バッグ→約90000円÷120回=750円 時計→約70000円÷120回=583円 シューズ→約50000円÷100回=500円 スカーフ→約2000円÷105回=19円 1回辺り3743円コーディネート #メンズファッション #ファッション #uniqlo #ユニクロ #gu #ジーユー #お金のかからないオシャレ #お金をかけないオシャレ

Hajime Tsuruta(@minimalist_tsuruta)がシェアした投稿 –

真夏はさすがに暑いですが、初夏なら意外と平気。

ネクタイが代表格ですが、巻物は地味さを払拭するだけでなく、着こなしを大人っぽく見せる効果もあるので

  • ポロシャツ
  • 短パン
  • サンダル

のようなラフな着こなしの時に首周りにスカーフを足すのはおすすめですよ。

ここまでのまとめ
  • 仕事と休日でポロシャツを分けるなら、台襟アリと台襟無しを揃えよう
  • オンオフ兼用するなら、台襟無しで「着方」「色」「デザイン」にこだわろう

どちらを選ぶかは個人の価値観によりますが、個人的にはオンオフ兼用が出来るポロシャツを選びます。

服の数が少なくて済むので、管理や手入れがラクになるだけでなく、

  • 節約になる
  • お金が浮いた分、1着に奮発出来る

というメリットもあるので、子育て世代の私のように、「自分の服ばかりお金をかけることが出来ない、でもいい服が着たい」という方にオススメですよ。

もちろん、ビジネス用とカジュアル用を別に選んだほうが、兼用が出来るものを選ぶよりも、選択肢が広いので、それもまた良し。

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。