服の選び方(レディース)

まだ「自分に似合う服」にこだわるの?「今の自分に相応しい服」のすすめ。

自分に似合う服

パーソナルスタイリスト・鶴田ジュンコです。

 

こんな風に思うことはありませんか?

自分に似合う服の選び方が知りたい!
似合う服を着て素敵になりたい、おしゃれになりたい。

『自分に似合う服を着ればおしゃれになれる。』と思う方もまだいらっしゃるでしょうが、でもこんな風に自分に似合う服の選び方にこだわるのは、もはや遅れています。

当記事では、今の自分に相応しい服の選び方のすすめとして、大事な視点とその選び方のヒントをお話しします。

 

当記事のテーマ

自分に似合う服の選び方が知りたい!という方へ、素敵になるために見落としがちな大事な視点をお伝えします。

そして素敵になるための服の選び方のヒントをお伝えします。

 

まだ自分に似合う服の選び方にこだわるの?今の自分に相応しい服の選び方のすすめ。

自分に似合う服

まず初めに、似合う服を知るためにどうすればいいんだろう?と考えた時に、3つの視点があると思います。

  1. 骨格診断
  2. パーソナルカラー
  3. ファッションテイスト

みなさんもよくご存知の、骨格診断とパーソナルカラー診断。

骨格診断は体型にあった服を選べるし、パーソナルカラーは自分に似合う色が分かる、そしてもう一つ重要な視点に、自分にあった服のテイスト(系統)があります。

テイストについての関連記事はこちら。

ファッションテイスト 系統
ファッションの系統が定まらないという方へ。基本のファッション系統(テイスト)8分類を徹底解説!ファッションスタイリスト・鶴田ジュンコです。 こういったお悩みはありませんか? 「自分に合う洋服の系統ってなんだろう‥」 ...

 

つまり、上記の3つを押さえれば、ある程度自分に似合う服が絞られてくると思います。

でも、その前に。

似合う服を知りたい理由は何でしょうか?と考えた時に、

  • おしゃれになりたいから
  • 人から素敵と言われたいから

これが一番じゃないかと思うのです。

ですので、似合う服を知ることがゴールではなく、

  • おしゃれになる
  • 素敵になる

これをゴールにするべきだと私は考えました。

その理由として、似合う服を着たからと言っておしゃれになれるのかといったら、それはその限りではないからです。

例えば骨格診断でストレートに似合うと言われる、ハリのある素材と直線的なシルエット。シンプルなデザイン、ジャケットやスーツなどクラス感のあるアイテムなど。

これらが今現在の流行に合っているか?と言われると、必ずしも一致するとは限りません。

 

つまりおしゃれに必要なことの1つに、【流行】があります。

いくら似合っていても、数年前の流行では新鮮さが足りません。人の目は敏感なので、なんとなく理由は分からなくても、『なんか古いな』というセンサーが働くものです。

それだけ流行は繊細で大切です。

これは似合うをゴールにした骨格診断では、忘れてしまいがちな視点です。

よって骨格診断では、自分の長所が際立つ服とは何かは分かるけれども、おしゃれになる、素敵になるための今の自分にふさわしい服までは分からないのではないでしょうか。

 

今の自分に相応しい服とは?

  • その時代の流行
  • 年齢
  • 好み
  • 生活環境
  • ライフスタイルなど

自分が生きている今を感じることで、素敵になる服が分かります。

ですから、似合う服の選び方ではなく、素敵になる服の選び方ももっと知ったほうがいいです。

自分に似合う服の選び方【3つの視点】

  1. 骨格診断
  2. パーソナルカラー
  3. ファッションテイスト

今の自分に相応しい服、自分が素敵になる服の選び方

  • 時代の空気感(流行)
  • 年齢
  • 好み
  • 生活環境
  • ライフスタイルなど

このように、自分に似合う服の選び方3つの視点を知ったうえで、常に今の自分に相応しい服を選ぶという視点を持ち続けることが重要ではないでしょうか。

今が大切です。nowです。

 

今の自分に相応しい服、素敵になる服の選び方

自分に似合う服

自分に似合う服の選び方3つの視点

  1. 骨格診断
  2. パーソナルカラー
  3. ファッションテイスト

を知ったうえで、今の自分に相応しい服を選ぶという視点を持ち続けることが重要です。

上記の3つを知るには、プロに相談するというのも一つの手です。

大宮 パーソナルカラー診断
【大宮駅5分】パーソナルカラー|骨格診断|個性と魅力の分析サロンパーソナルスタイルサロン Songbird(ソングバード)は、パーソナルカラー、骨格診断、パーソナルスタイル診断といったファッションのお悩みを解決する総合サロンです。あなたの個性と魅力を活かした、パーソナルなファッションをご提案します。...

 

そして今の自分に相応しい服を選ぶという視点については、順番にヒントをお伝えします。

  • 時代の空気感(流行)
  • 年齢
  • 好み
  • 生活環境
  • ライフスタイルなど

 

今の自分に相応しい服 ①流行を知る

流行は主にシルエットに現れます。

シルエットは、サイズ感やウエストの位置、丈の長さ、アイテムの形などで決まってきます。

  • サイズ感・・・ルーズ感、タイト感
  • ウエストの位置・・・ローウエスト、ハイウエスト
  • 丈の長さ・・・ロング丈、ショート丈
  • アイテムの形・・・ジャケットの襟の形、パンツの形(ワイド、ストレート、テーパード、スキニーなど)、スカートの形(フレアー、タイト、マーメード、など)

 

また流行はシルエットだけではなく、

  • ディティール(装飾性があるか否かなど)
  • 色柄(柄物か無地か、特定の色の流行など)
  • テイスト(ミリタリーが流行る、など)

等々があります。

こういった流行はファッション雑誌や、リアル店舗などを良く回ることで知ることができるでしょう。

すると、今自分が着ているファッションがなんとなく時代遅れではないか?がチェックできますよ。

 

今の自分に相応しい服 ②年齢

年齢を気にするようにしたほうがいいのは、アラフォー世代くらいからでしょうか。

若い方にはあまり関係のない話かもしれません。

私は今年45歳になりますが、この数年で骨格診断については【足りない要素を取り入れるための手段】として考えるようになりました。

私は骨格ナチュラルなのでラフで凹凸感のある素材が似合うと言われがちです。

でもアラフォーを過ぎたハリ艶のない私の肌に、艶のないラフな凹凸感のある素材はまったく素敵にならないのです。

そこでストレートのようにハリ艶を取り入れるために、肌のハリが出るような素材や色を意識するようにしています。

ここでも骨格診断を疑うというか否定することは必要なんだと、改めて思うわけです。

また年齢を気にするという点では素材以外にも、年齢に相応しくないテイストというのがありますね。

若作りやカジュアルすぎなど。まぁ、これを読む皆さんはすでにお分かりだと思うので割愛しますね。

 

今の自分に相応しい服 ③好み

流行よりも好みのほうが、サイクルが早い場合があります。

私はここ数年、黒ばかりを着てきました。

でも最近は白が着たい!、明るい色やほかの色が取り入れたい!という気持ちが強くなっています。

こんな風に気分の移り変わりによる好みの変化はあると思います。

この動きはまさに流行と同じですね。流行も人々の気分の移り変わりによって、作り出されるのですから。

そうなると、流行と好みは同じくらい重要と言えるかもしれません。

 

今の自分に相応しい服 ④生活環境

  • 今住んでいる場所は都会なのか、のどかな田舎なのか。
  • 家族を養うため、ミニマムな生活を求められる経済状況なのか。
  • 自分だけにお金を使える環境なのか。
  • 冬は寒く、夏は暑いところなのか。
  • 子育ておよび介護の役割を担っているのか。等々、、

物理的な生活環境によって、必要な服や数を決める基準になります。

 

今の自分に相応しい服 ⑤ライフスタイル

上記のような生活環境を与えられて、自分はどんな考え方、生き方を望むのか。

具体的な行動やこうありたい!という指針によっても、自分に相応しい服というのはあると思います。

私は特にここは重要だと考えています。

環境は変えられない部分がありますが、スタイルは自分次第でいかようにも創ることができるからです。

スタイルのある人は問答無用で素敵です

 

以上、自分にとって相応しい服、素敵な服というのは、単に骨格診断の似合うだけでは十分ではありません。

そのためにも、似合う服をゴールにするのではなく、

今の自分に相応しい服

素敵になる服

をゴールにして、真の意味でおしゃれになれる服を選んでみてはいかがでしょうか?

 

この記事の要約まとめ

自分に似合う服の選び方【3つの視点】

  1. 骨格診断
  2. パーソナルカラー
  3. ファッションテイスト

これを土台にして、

 

今の自分に相応しい服、自分が素敵になる服の選び方

  • 時代の空気感(流行)
  • 年齢
  • 好み
  • 生活環境
  • ライフスタイルなど

を常に意識する。

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。