服の選び方(メンズ)

【コスパ最高】カジュアルにも着回せるワイシャツの特徴4つ

ワイシャツをカジュアルに普段使いしちゃだめなのかな?

ワイシャツもカジュアルシャツも同じシャツなんだから兼用できないかな?

そっちの方が安上がりで済むのに。

もし兼用できるようだったら着まわし方も知りたいな。

今回はこんな疑問に答えます。

今回のテーマ
  • カジュアルにも着回せるワイシャツ(ドレスシャツ)の特徴
  • ワイシャツをカジュアルにも着回すコーディネート術

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

スーツが好きだから、カジュアルスタイルでもドレスアイテムを入れたくなる。 今日で言うと ・ドレスシャツ ・ローファー ・スカーフ がドレスアイテム。コレをカジュアルに着回し。 ドレスウェア=仕事着をカジュアルに着回すと、服も少なくて済む。コスパも良いからちょっとお得な気分になれるのも良き。 クールビズに見えないようにパンツはダメージデニムをチョイス。 左足が微妙に浮いているのは、ここだけの話。 #お金をかけないオシャレ #お金をかけないファッション #オシャレのコツ #30代ファッション #アラサーコーデ #アラサーファッション #アラフォーコーデ #アラフォーファッション #オシャレになる #オシャレになる方法 #メンズファッション #メンズファッションコーデ #少ない服で着回す #少ない服 #着回し #着回しコーデ #着回しコーディネート #ミニマリスト #ミニマリストの持ち物 #ミニマリストになりたい トップスは#ユニクロ #ユニクロコーデ #白シャツコーデ #革靴男子

Hajime Tsuruta(@_hajime_tsuruta)がシェアした投稿 –

ショップスタッフは毎シーズン自社の商品を購入しますが、オサイフ的にも限度があるわけで…。

そんな私も含めショップスタッフの大好物の一つが「スーツにも合わせられて、カジュアルにも使えるシャツ」。
1枚でドレスシャツとしてもカジュアルシャツとしても使えるシャツは、服バカのショップスタッフにとってもコスパの高い便利アイテムなのです。

昔は「ビジネス用の服」と「カジュアル用の服」が明確に分かれていたので、お客様にはイマイチ響きませんでしたが…。
ビジネスファッションとカジュアルファッションのボーダーラインが曖昧な今の時代なら、「オンオフ兼用のシャツの選び方」は役立つんじゃないかな?

ショップスタッフが

  • 少しでも賢くお金を使いたい
  • 効率よく服を揃えたい

という思いで編み出した「カジュアルでも使えるワイシャツの選び方&コーディネート解説」です。

興味ある方はぜひご覧ください。

 

カジュアルにも着回せるワイシャツ(ドレスシャツ)の特徴4つ

カジュアルにも着回せるワイシャツ(ドレスシャツ)の特徴4つ

ワイシャツをカジュアルに着回すことは出来ます。

カジュアルにも着回せるワイシャツ(=ドレスシャツ)にはいくつかの条件があります。

それを押さえることで

  • ドレスシャツの特徴
  • カジュアルシャツの特徴

の両方を併せ持ったシャツを選ぶことが出来るので、コーディネート次第でビジネスにもカジュアルにも使いまわすことが出来ます。

そのいくつかの条件というのが以下です。

  1. シャドー柄は避ける
  2. 襟やボタンに装飾があるものは避ける
  3. 【出来れば】ダーツの入っていないシャツを選ぶ
  4. 【出来れば】小襟のシャツを選ぶ

この4つがカジュアルにも着回せるワイシャツ選びのポイントです。

以下で詳しく解説します。

 

選び方①シャドー柄のシャツは避ける

こんな感じのシャドー柄は避けましょう。

photo by https://shop.ital-style.com/products/list122.html

シャドー柄は、ビジネス用のシャツに多く使われる柄です。
カジュアルに着回しても、ビジネス用のイメージが強すぎて「無理して仕事用のシャツを着ましている感」が出てしまいます。

ゾゾタウンでもユニクロでもアローズでもいいので、

  • カジュアルシャツコーナーに置いてあるシャツ
  • ワイシャツコーナーに置いてあるシャツ

を比べてみてください。

ワイシャツコーナーにだけシャドー柄のシャツがおいてあることに気づくはず。

と、いう事でシャドー柄のシャツは避けましょう。

 

選び方②襟やボタンに装飾のあるシャツは避けよう

下のような襟の裏やボタン周りに装飾のあるシャツは避けましょう。

photo by https://perfect-s.com/display/article/detail/?ak=001&acd=1810-10

これもまた、最近では仕事用のシャツにしかないデザインです。
カジュアルに着回そうとしても、ビジネスシャツっぽさが強く無理感が出ます。

10年くらい前は、こんなデザインのカジュアルシャツもあったんですけどね…。
すっかり廃れてしまいました。

クールビズってネクタイをしないので、着こなしが少し寂しくなりますよね?

この寂しさを払拭するために、ボタンや襟に装飾にあるデザインがビジネス用のシャツに使われるのです。

photo by https://perfect-s.com/display/article/detail/?ak=001&acd=1810-10

この手のシャツはカジュアルに着回しにくいだけでなく、ビジネスシーンで使うにしても子供っぽい印象が出てしまうので、仮にビジネス用に選ぶにしてもおすすめしません。

デザインは

  • シンプルである方がフォーマルな印象
  • デザインが強いほうがカジュアルな印象

を感じさせます。

最もフォーマルな服装であるタキシードが無駄をそぎ落としたかなりシンプルなスタイルであることからもそれは理解できるはず。

ボタンや襟にデザインを盛り込んだシャツは、カジュアルな印象が強すぎてビジネスシーンでは子供っぽく見えてしまいます。

photo by https://perfect-s.com/display/article/detail/?ak=001&acd=1810-10

ちょっと話は脱線しましたが、ワイシャツをカジュアルに着回す場合はもちろんの事、ビジネス専用で選ぶにしても、「ボタンや襟に装飾の入ったデザインのシャツ」は避けましょう。

 

【出来れば】ダーツの入っていないシャツを選ぶ

ここから先は

「必須じゃないけど、このポイントを押さえて方がカジュアルにも着まわしやすくなりますよ」

という内容です。

着こなしに自信のない初心者は、この2つの条件も押さえるのがおすすめです。

まず一つ目は「ダーツの入っていないシャツ」を選ぶことです。

ダーツというのは、シャツの背中に入っているウエストをギュッと絞った

こんな感じの→ )( の縫い目の事です。

photo by http://dress-shirt.jp/menu2.html

 

ダーツがあるとウエストが絞ってある分、シャープなシルエットになります。

シャツに限らず、スーツも含めフォーマルな服は細身に着るのが基本です。
つまり細身=フォーマルな印象を感じさせます。

ワイシャツをカジュアルに着る場合は、仕事着っぽさをなるべく消したいので、フォーマルな印象を弱める必要があります。

ダーツがないシャツだと、大抵はこんな感じのタックの入ったデザインが多いですね。

photo y https://cloak-room.jp/blog/category/thomas-mason%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3/

タックが入っているので、ダーツのあるシャツと比べてシルエットはゆったり。

ユッタリ=カジュアルな印象になるので、ダーツのないシャツの方がカジュアルに着る時にワイシャツのフォーマルな印象を感じさせにくいのです。

あと、ゆったりしていたほうが

  • (華奢・ぽっちゃりなど)のカラダの欠点を隠せる
  • 風通しが良いので、夏は涼しい

というメリットもあります。

着回し以外にもメリットがあるので、シャツは「ダーツのないシャツ」を選びましょう。

 

【出来れば】襟の小さいシャツを選ぼう

襟はフォーマルさの象徴です。

襟は大きい方が目立つので、襟の大きいシャツはフォーマルな印象を強く感じます。

大切なことなので何度も言いますが、

ワイシャツをカジュアルに着回す場合、仕事着っぽさを押さえたいので、フォーマルな印象を弱める必要があります。

襟が小さいと、襟の存在感が弱くなる分、フォーマルな印象が弱まります。
つまりカジュアルに着回しても、仕事着っぽさを感じさせにくいのです。

 

襟が小さいって…。どれくらいの大きさだと「小さい襟」になるの?

 

具体的に何センチという目安はないのですが…。

目安としては、ユニクロのシャツは総じて小襟ですね。

ミニマリストにおすすめのワイシャツは2990円の極上の品質

試しに仕事帰りにユニクロに行って、自分が着ているワイシャツとユニクロのシャツの襟のサイズを比べてみてください。
感覚的に「小襟」がどれくらいのサイズ感なのか理解できますよ。

カジュアルにも着回せるワイシャツの選び方。
最後のポイントは「小襟のシャツを選ぶ」でした。

まずは手持ちのワイシャツを上の4つのポイントと照らし合わせて、分類するのをおすすめします。

もし手元に1枚も条件に合うシャツが無かったら、ぜひ新しいシャツを選ぶときは参考にしてみてください。

 

ワイシャツをカジュアルに着回すコーディネートのコツ

仕事っぽく見えないようにコーディネートしましょう。

仕事にもカジュアルにも使えるシャツなので、コーディネートを間違うとビジネスコーディネートのように見えてしまいます。

例えば、スラックスと革靴を合わせたら、どう見ても仕事コーディネートですよね?

なので、パンツと靴はカジュアルなモノを合わせると良いでしょう。
下の画像ではデニムに革靴を合わせています。

足元が革靴で首元にスカーフを巻いているのでキメた感じはしますが、パンツがダメージデニム(カジュアルパンツ)になるとビジネスコーディネートに見えるのを防ぐことが出来ます。

もっとカジュアルに着たい場合はスカーフを外して、足元をスニーカーにすると良いですね。

つまりいつも履いているカジュアルパンツとスニーカーを合わせてみよう、っていう話です。

簡単でしょ?

夏場って、Tシャツとか短パンとかサンダルとかラフなアイテムにコーディネートが偏りがちです。

コレ自体は別に悪いことではありませんが、

  • デート
  • よそ行きのお出かけ

となるとTPO的に砕けすぎた、だらしない着こなしに見えてしまいます。

そんな時に、カジュアルでも着回せるワイシャツ(=ドレスシャツ)を合わせてみてください。

スーツに合わせられる位に洗練されたアイテムなので、夏場のコーディネートに投入するとグッと大人っぽ印象が作れます。

それに一枚で

  • ドレスシャツ
  • カジュアルシャツ

の二役をこなしてくれるので、コスパも良い。

コスパも優秀で着こなしに1点投入するだけで、おしゃれな雰囲気になるのが「オンオフ兼用」の服です。

下記の記事では「オンオフ兼用の服」についてさらに詳しく解説しています。
興味ある方はご覧ください。

服にお金をかけずにオシャレになる方法は○○○〇の服を揃える事服にお金をかけられないけど、オシャレをしたい、してみたい。そんな方にオススメです。本記事ではキャリア12年のショップスタッフがお金をかけずにオシャレになる方法を解説しています。賢く買いもして賢くオシャレになりたい方は必見です。...

今回はここまで。

Twitterではブログの更新情報や服に対する考え方をつぶやいています。
興味ある方はこちらもぜひよろしくお願いいたします。