服の知り方(メンズ)

【2020年秋冬】スーツの流行は少し○○○柄と色だ!!

2020年のスーツのトレンドって何なのかな?

そろそろスーツを買い替えたい。

せっかくだから流行りのスーツを買って、周りと差を付けたい。

とはいえ、スーツは必要なんだけどリモートワークやオフィスカジュアルで使う機会は減っている。

なんかいい選び方ある?

今回はこんな疑問に答えます。

今回のテーマ

2020年秋冬のスーツのトレンド解説

本記事を執筆するのは現役ショップスタッフの鶴田です。

スーツに定評のあるブランドの勤務して12年。
社内の接客大会スーツ部門で優秀賞を取ったり、スーツ接客のインストラクターを務めたこともあったり…。

数あるアイテムの中でもスーツは私が最も得意とするカテゴリー。

そんな私が解説する「スーツのトレンド2020年秋冬」の回でございます。

いっつも似たようなスーツで飽きてしまっている人・流行を取り入れて周りと差を付けたい人は必見です。

 

【2020年秋冬】スーツの流行は少し○○○柄と色だ!!

2020年秋冬のスーツの流行は少し”派手な”色と柄です。

スーツに限らずですが、トレンドというのは去年まで流行っていたものが、ある日を境に「ハイ!ダサ~い。今年はコレがおしゃれでーす」とコロッと変わるものではありません。

トレンドは「振り子」をイメージすると良いですね。

トレンドには「ある方向性」があって、

  • その方向性に徐々に振れていく
  • 片側に振り切ると、反動で真逆に進む

という風にシフトしていきます。

スーツの場合、高額品なので買い替えの頻度も遅い。
トレンドの流れ方も極めてゆっくり。

スーツは、ここ8年aくらいを境に「装飾的」な方向性にシフトしてきています。

15年くらい前ですかね。
スーツはイタリアンクラシコという「シンプルイズベスト」なスタイルが全盛を極めていました。
紺無地のスーツに白シャツのかなりシンプルな着こなしでしょ?
これがイタリアンクラシコの代表的なスタイル。

photo by https://fi.pinterest.com/pin/709950328736982516/

このイタリアンクラシコ自体、バブルのころの派手なスーツの反動ですね。

photo by https://ameblo.jp/zaccabacker/entry-12572659535.html

で、今度は「シンプルイズベスト」なイタリアンクラシコの反動で、少し装飾的なスーツがおしゃれに見えるようになってきた、というのがトレンドの現在地です

 

「装飾的って…。うちの職場じゃ派手なスーツなんて着られないよ」

 

という人も多いでしょう。

そこで

  • 堅い職場
  • 普通の職場
  • 緩い職場

と職場環境に応じた「派手な柄・色のスーツ」を下記で解説します。

ばっくり3つに分類しましたが、実際の職場のドレスコードはもっと複雑なはず。

全てに目を通していただいて「これは自分の職場でもイケそうだな」というギリギリを攻めて頂くのをおすすめします。

個人的には、そういう「どこまでいけるか?」を探るスリリングさが、スーツの楽しみ方でもあると思うので。

 

堅い職場向けの流行のスーツ

遠目に見ると、無地に見えるような

 

  • ピンヘッド
  • シャークスキン

と呼ばれる柄が堅い職場に勤める方にオススメするトレンドのスーツです。

ちなみにこれがピンヘッド。
ハリでつついたような細かい柄が特徴です。

こっちはシャークスキン。
その名の通り、「サメの肌」のようなザラッとした表情が特徴ですね。

photo by https://www.m2plant.com/archives/blog/1508

基本的にスーツは

  • 柄がシンプルな方がフォーマル
  • 柄が複雑な方がカジュアル

な印象を感じさせます。

礼服が無地なのもそのため。

シャークスキンもピンヘッドも遠目に見ると無地だからフォーマル。
だから堅い職場でも安心して着られる。

でも無地と比べるとほのかに柄のニュアンスを感じるから、装飾的=トレンド感を演出できるのです。

 

となると

「ビジネススーツの定番のシャドーストライプも柄物だけど、遠目だと無地に見えるから、トレンドだよね」

という話になりそうですが…。

皆が着ていちゃ、トレンドじゃなくて定番なのです。

だからみんなが着ているシャドーストライプのスーツは、notトレンドなのです。

photo by https://loohcs.jp/articles/2086

でも、上のピンヘッドやシャークスキンのスーツを着ている人ってあまりいないでしょ?

あまりいないからこそ、周りと比べて装飾性を感じるので、今のトレンドを体現できるのです。

堅い職場の人がトレンドを取り入れるのなら、ピンヘッドやシャークスキンのスーツがおすすめです。

 

普通の職場向けの流行のスーツ

少し幅広なバンカーストライプや、線の太さが異なるストライプが用いられたオルタネートストライプがおすすめです。

バンカーストライプとは白い線のストライプ柄の総称。
これ位の線の太さが”幅広”ですね。

photo by http://strasburgo.co.jp/floor/mens/stylefile/2018/03/british-0309.php

で、こちらがオルタネートストライプ。
上記のバンカーストライプに色のついたカラーストライプやシャドーストライプが組み合わされているのが特徴ですね

 

photo by http://sansyudo.co.jp/2016/09/%E3%80%90%E6%96%B0%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%91%E3%82%BC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B9/

一般的なドレスコードの職場の定番は幅狭のバンカーストライプといったところでしょう。

photo by https://www.mens-ex.jp/365v/20180513_1074644

それよりもひときわ装飾性が加わったのが、幅広のストライプ柄やオルタネートストライプなのです。

一般的なドレスコードの職場にお勤めの方は、いつもよりも少し強め・派手めなストライプ柄を選んでみましょう。

「いつもと違ってオシャレ」

「オレもそういうスーツ気になってたんだよな~」

と評判になることでしょう。

 

緩い職場向けの流行のスーツ

緩い職場なら

  • ブラウンスーツ
  • グレンチェック
  • ダブルブレスト

がおすすめです。

緩い職場は「スーツさえ着ていればなんでもいいよ」という空気感のケースが多い。

派手さがもてはやされる今のトレンドには最も相性のいい職場と言えるでしょう。

まずはブランスーツ。

ビジネススーツと言えば、紺・グレーが定番。
色はブラウンにするだけで、グッと派手さを演出できるでしょう。

柄で言うなら、グレンチェック柄がおすすめ。

photo by https://www.t-fashion.jp/shop/commecaism/goods/4489002

縦線のみストライプよりも縦横の線が交差するチェック柄の方が派手さを感じさせます。
加えてグレンチェックは、通常のチェックよりもさらに複雑で派手さを感じさせます。

こっちがベーシックなチェック。

photo by https://lohaco.jp/product/L07697116/

こちらがグレンチェック。
グレンチェックの方が装飾性が強いのを理解できるはず。

photo by https://www.t-fashion.jp/shop/commecaism/goods/4489002

本記事冒頭で

スーツは、ここ8年くらいを境に「装飾的」な方向性にシフトしてきています。

と解説しましたが、長い時間をかけて少しずつ装飾的になっていったスーツのトレンド。

8年目の今はグレンチェックくらいの派手さが丁度いい、という事ですね。

photo by https://www.t-fashion.jp/shop/commecaism/goods/4489002

 

最後にダブルブレスト。
いわゆるダブルのスーツです。

スーツは基本的に

  • デザイン

の3要素で構成されます。

ここまでは、色と柄で「装飾性」を表現しました。

ダブルブレストはデザインで「装飾性」を表現したスーツです。

単純にボタンがシングルブレストよりもたくさんあるので装飾性を感じる、という話ですね。

本来ダブルはシングルよりも、フォーマルなデザインなので堅い職場の人にもチャレンジしていただきたいですが…。

今の時代、ダブルのスーツを着ると「オシャレやってまーす感」を感じるのも事実。

ホントに堅い職場の人にもチャレンジしてほしいけど、一旦ゆるめの職場の方へのおすすめとさせていただきます。

 

トレンドのスーツをカジュアルにも着回そう

当サイト:ツルタズドットコムでは、うるさいくらい「スーツをカジュアルに着回す事」を提唱しています。

仕事でスーツを着る機会が減ってきている昨今ですが、カジュアルでもスーツを使うことでスーツを箪笥の肥やしにすることなく有効活用することが出来ます。

上の画像もスーツをカジュアルに着回した着こなし。
スーツをカジュアルに使っても違和感ないでしょ?

スーツをカジュアルに着るのをおすすめする理由は

  1. 簡単にオシャレになれる
  2. コーディネートがラク

というのが大きなところ。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

コロナ時代の新しいスーツの選び方をスーツのプロが解説します!スーツの選び方が知りたい。こんな方に本記事はおすすめです。本記事では・スーツを時々しか着ない人向けのスーツの選び方・格安良品のスーツの選び方を解説しています。たまにスーツを着るから買わないといけないんだよね、という方は必見です。...

 

「スーツをカジュアルに着回すなんてハードル高いよ」

 

なんて思うかもですが、

基本的にスーツは

  • 柄がシンプルな方がフォーマル
  • 柄が複雑な方がカジュアル

な印象を感じさせます。

と本記事の最初の方で解説しましたね。

で、今のスーツのトレンドは「装飾性」。

つまり複雑なスーツなので、少しカジュアルな印象を感じさせます。
カジュアルな印象のスーツだからこそ、カジュアルシーンでの着回しがしやすいのが今のスーツ。

一昔前では「スーツをカジュアルに着回す」なんてショップスタッフしかやっていませんでしたが…。

スーツそのものがカジュアル化した現代ではスーツをカジュアルに着回すのは、かなりハードルが下がっています。

スーツをカジュアルに着回すことが出来れば、

  • カジュアル用のジャケット
  • カジュアル用のスラックス

を買う必要もなくなるので、経済的。

そんなに悪い話ではないと思いますよ。

ぜひ「スーツをカジュアルに着回す」ことにチャレンジしてみてください。

今回はここまで。

Twitterではブログの更新情報や服に対する考え方をつぶやいています。
興味ある方はフォローをよろしくお願いいたします。