服の選び方(メンズ)

パジャマVSジャージ!メリットとデメリットを解説【軍配は?】

パジャマとジャージってどっちが良いのかな?

寝る時は快適に過ごしたい

なにか良いルームウェアってあるのかな?

今回はこんな疑問に答えます。

本記事のテーマ
  • パジャマとジャージ&スウェットのメリット・デメリット比較
  • おすすめのルームウェア【パジャマ編】
  • おすすめのルームウェア【ジャージ&スウェット編】

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

スリーピーススーツの着回し。

ハジ(@_tsuru19851019)がシェアした投稿 –

パジャマもジャージも両方を寝巻として愛用した経験のあるファッションのプロだからこそ語ることが出来る【パジャマVSジャージ&スウェット!ルーウェア頂上決戦の回】です。

少しでもオシャレに快適に眠りたい方は必見です。

 

パジャマとジャージ&スウェットのメリット・デメリット比較

パジャマとジャージ(&スウェット)のメリット・デメリットを挙げてみました。

 

パジャマのメリット&デメリット

メリット

メリット①寝心地

なんと言っても寝心地がパジャマの最大の魅力です。

人間は、寝ている時に平均して20回も寝返りを打ち、ペットボトル1杯分の汗を搔くそうです。

となると、

  • 動きづらい堅い生地
  • 汗の乾きを妨げる厚手の生地

は睡眠の妨げになります。

もちろん物によりますが、パジャマをだいたいシャツと同じ程度の厚さの生地がほとんど
つまり薄手ゆえに汗の乾きが早い。

さらにパジャマはこんな感じの襟もとが開いたデザインであることがほとんど。
これが汗が服の中にこもるのを防いでくれます。

photo by https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182634457

加えて動きやすいように適度にゆとりのあるシルエットになっています。

睡眠中の寝返りを妨げず、汗の乾きも早い素材のため、睡眠の妨げにならないのがパジャマのメリット①です。

 

メリット②通年で使いやすい

ルームウェアを基本的に人の目に触れないアイテム。

だからこそ手ごろな物で手を打って、外着の方に予算を割きたいものです。

となると、出来れば1着を通年を通じて使いまわしたいものです。

パジャマを薄手の生地なので、長袖&長ズボンのパジャマを揃えて

  • 夏はトップスをTシャツ
  • それ以外の季節は上下セットの着用

で1年を通じて着回すことが出来ます。

 

 

デメリット

デメリット①ワンマイルウェアとして使いにくい

パジャマは寝巻のイメージが強いものです。
だってパジャマだもんね。

だから、パジャマのまま

  • ちょっとゴミ捨てに
  • 近所のコンビニまで
  • 宅配便の対応

など、人目を気にするとちょっと恥ずかしいものです。

寝巻としては最高だけど、ワンマイルウェア(=近所着)としては使いにくい。

少し近所に行くだけでも着替えなければいけないのが、パジャマのデメリット①です。

 

デメリット②手ごろな値段で手に入りにくい

パジャマ、と聞くと「ちょっと高そう」なんて思う人も多いのではないでしょうか?

少し前までは、

  • ユニクロのオンラインストア限定商品として
  • GUの全店での取り扱い商品として

コスパが高いアイテムを扱っていましたが…。

現在はユニクロ・GUともにルームウェアはスウェットに注力していて、パジャマの展開がありません。(GUは大型店の限定商品としてのみ展開)

女性は継続で展開されていますが、男性にとってはなかなか手ごろな値段で手に入れにくいのがパジャマのデメリット②です。

 

ジャージ&スウェットのメリット・デメリット

メリット

メリット①ワンマイルウェアに使いまわしやすい

スウェットはルームウェアのイメージもありつつ、オシャレ着(=街着)のイメージも定着しているアイテム。

パーカーとかスウェットパンツとか普通に街着として着るもんね。

だから、ちょっと近所にスウェットで出かけても部屋着なのかオシャレ着なのかは着こなし次第。

着こなし次第でワンマイルウェアにもなる。
つまりそのまま近所に出かけやすいのがスウェットのメリット①です。

 

メリット②手ごろな値段で手に入る

パジャマと違って、どこでも手に入るのがスウェットの魅力。

近所の

  • しまむら
  • ユニクロ
  • ライトオン

などスウェットを扱っていない洋服屋はまずないでしょう。

高級ブランドだとブランドのテイストによっては扱っていないかもですが…

手頃な価格帯のカジュアルなブランドなら、どこでも手に入るのがスウェットのメリット①です。

 

デメリット

デメリット①寝心地でパジャマに劣る

スウェットの生地はパジャマと比べると厚手です。

動きやすさも他の街着と比べると動きやすいですが、パジャマと比較すると生地が硬く動きにくい。

  • 動きづらい堅い生地
  • 汗の乾きを妨げる厚手の生地

は睡眠の妨げになります。

 

パジャマと比べて、汗が乾きにくく、寝返りしづらいのがスウェットのデメリットと言えるでしょう。

 

デメリット②季節ごとに買い替える必要がある

スウェットは生地が毛羽だった素材であることがほとんど。

ゆえに秋冬は暖かいですが、夏場は上が仮にTシャツだったとしても、下がスウェットパンツどうしても暑い。

昨今は夏になると夜中もエアコンをつけっぱなしにしている家庭も多いと思いますが…。それでも夏用の寝巻を別に揃える必要があるでしょう。

別に1着のスウェットを1年を通じて使いまわすことにこだわる必要のないのかもしれませんが…。

パジャマだと出来て、スウェットだとできない事の一つが

同じ1着を通年を通じて着回す事

と言えるでしょう。

 

ルームウェアに何を求めるかは人それぞれ。
上で解説したメリット・デメリットを参考にして、自分の価値観にあった選択をしていただければと思いますが…。

多くの人が寝巻に求めるとは「寝心地の良さ」だと思うので、今回はパジャマに軍配を上げます。

 

まとめ

【結論】寝心地を重視するならパジャマ一択

 

おすすめのルームウェア【パジャマ編】

photo by https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182634457

無印良品「脇に縫い目のない 二重ガーゼパジャマ」がパジャマ派にはおすすめです。

実は私、過去に

  • ユニクロのパジャマ
  • GUのパジャマ
  • 無印のパジャマ

をすべて試しました。

どれもそれぞれ魅力的でしたが…。
上での解説したようにユニクロはパジャマから撤退・GUはパジャマを縮小。

根強くパジャマを継続した無印良品の勝利ですね。

市場に出回っているパジャマの中で一番手入れやすく、値段も手ごろかつ寝心地も○なのがおすすめの理由。

まず値段ですが、約4000円。

ちょっと高いように思えますが、ユニクロもGUもパジャマを使っていない(もしくは縮小)している今、最も手頃な値段なのが無印良品です。

着心地もガーゼ素材なだけあって、フワッフワ。
インフルエンザで寝込んだ時も、迷わず選んだのは無印良品のパジャマでした。

弱いときも優しく包み込んでくれる(なんかの歌詞見たい笑)ような着心地が最大の魅力と言っていいでしょう。

一つ難点を挙げると、パンツにポケットがついていない事。

私、帰ってきたらすぐにパンツだけパジャマに着替えるんですよ。

で、そこからご飯を食べたり、家事をしたりするわけですが…。

  • 職場からの連絡が着た時にすぐ対応できるように
  • ちょっと調べものしたいときに
  • スキマ時間を有効に使うため

スマホを手元に置いておきたいのですが、パンツにポケットがないとそれが出来ない泣

そんな難点こそありますが、

  1. コスパ
  2. 寝心地
  3. 店舗数の多さゆえに気軽に買える

この3つの点から、おすすめのパジャマは無印のパジャマです。

 

おすすめのルームウェア【ジャージ&スウェット編】

photo by https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E428758-000/00?colorCode=COL45

スウェット派の人におすすめなのがユニクロの「ウルトラストレッチセット(長袖)」です。

  1. スウェットらしからぬ寝心地の良さ
  2. ユニクロゆえにいつでもどこでも手に入る
  3. 安価
  4. ワンマイルウェアとしても使いやすい

という4点がおすすめの理由です。

まずはお値段は約3000円。無印のパジャマよりも1000円安いですね。

スウェットのデメリットで「寝心地が悪い」というのを挙げましたが…。

こちらのスウェットの着心地は極上。
まず「ウルトラストレッチ」の名に恥じない、ビヨンビヨンのストレッチ性。
ホントすごく伸びますよ、コレ。

だまされたと思って試着してみてください。

スウェットのイメージを覆しますよ。

加えて、こちらのスウェット。
従来のスウェットと比べて、かなり薄手。これくらい薄いと寝汗も掻きにくく、今まで着用してきたスウェットの中で一番快適な着心地でした。

ユニクロの中で、他のスウェット触り比べてみてください。
ホント薄さが違いますから。

従来のスウェットよりも

  • 動きやすい
  • 薄手

であるため、「ウルトラストレッチセット」が寝巻としても快適に着られるスウェット、と言えるでしょう。

おすすめは、画像のような上下で色が違う組み合わせの物がおすすめです。

photo by https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E428758-000/00?colorCode=COL45

上下で同じ色のスウェットだと、どうしてもパジャマ感が強くなってワンマイルウェアとしては使いにくいですが…。
上下の色が異なると、それだけで一気にパジャマ感が弱まります。

加えてシルエットも、着心地を妨げない程度に細身でスタイリッシュ。

これなら、着替えなしで

  • ゴミ捨て
  • 近所のコンビニ

位は行けてしまいますね。

スウェット派の方にオススメのパジャマはユニクロの「ウルトラストレッチセット(長袖)」です。

パジャマ派の私でも納得の着心地。今までのスウェットとは段違いの寝心地ですよ。

 

以上。
ルームウェアの王者決定戦、パジャマVSジャージ&スウェットのメリット・デメリット解説でした。

最後まで読んで下さりありがとうございます。