服の着方(メンズ)

スラックスを私服に使うのはダサいのか問題【洋服屋が回答します】

私服にスラックスってダサいのかな?

仕事で使っているスラックスをカジュアルにも活用できないかな?

コーディネートの方法も教えてほしい

今回はこんな疑問に答えます。

今回のテーマ
  • スラックスを私服に使うのはダサいのか問題【洋服屋が回答します】
  • 仕事でもカジュアルでも使えるスラックスの選び方
  • スラックスをカジュアルに着回すポイント

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

キャリア12年のファッションのプロが解説する「仕事着はカジュアルに着回しちゃいけないの?」問題です。

着回し重視派の方は必見です。

 

スラックスを私服に使うのはダサいのか問題【洋服屋が回答します】

コーディネート次第ではあるのは言わずもがなですが…。

まったくダサくはありません。むしろオシャレ。

個人的には全日本人男性は、もっとスラックスをカジュアルスタイルに積極的に使うと良いのに…とすら思っています。

男性ファッションにおいて、最も洗練された着こなしはスーツスタイルです。

photo by https://www.pinterest.at/pin/795800196636583874/

とはいえ、休日にスーツを着ていれば「これから仕事いくの?」としか思われません。

そこでスーツスタイルに使われる

  • ジャケット
  • スラックス
  • ドレスシャツ
  • 革靴
  • コート

を部分的に着こなしに取り入れる事で「仕事帰り?」感を感じさえずに、スーツのような洗練された印相を着こなしに取り入れる事が出来るのです。

スーツスタイルに使われるアイテムの事をドレスアイテムと言います。
数あるドレスアイテムの中でも特におすすめなのがスラックスです。

着こなしのどこにドレスアイテムを取り入れても、「スーツのような洗練された印象」に近づくことは出来るのですが…。

パンツは

  • カラダの半分以上を占めるアイテム
  • 家に帰るまで脱がない、常に着ているアイテム

です。

つまり

  • 面積が大きいから着こなしに与える影響度が高い
  • 常に身に着けているから着こなしに影響を与える時間が長い

のがパンツです。

パンツにドレスアイテムであるスラックスを取り入れる事で、「スーツのような洗練された印象」を強く打ち出すことが出来ます。

画像はTシャツにスニーカーという何の変哲もないアイテムを使っていますが、パンツをスラックスに変えるだけでグッと洗練された印象に変わるでしょ?

試しに普段のカジュアルな着こなしのパンツだけスラックスに変えてみてください。
適当なスラックスがなければ、仕事用のスラックスでも大丈夫です。

物によっては違和感を感じる場合もありますが、「着こなしが何だか大人っぽくなっている」のを実感することでしょう。

 

「カジュアルにはカジュアルなパンツを合わせるものでしょ?」

 

と思うかもしれませんね。

洋服の歴史を辿ると、「カジュアルファッション用に作られた服」というものは存在しません。

  • ジーンズは作業着
  • カーゴパンツ・チノパンは軍服
  • スウェットはスポーツウェア

といった具合ですね。

いろいろなバックボーンを持つアイテムをミックスして作り出すのがカジュアルファッションです。

ドレスウェアをルーツに持つスラックスをミックスしてカジュアルスタイルを作っても何ら問題はありません。

私服にスラックスを合わせるのはダサいどころか、オシャレに最短距離で近づける方法と言えるでしょう。

 

仕事でもカジュアルでも使えるスラックスの選び方

ポイントは3つです。

  • 柄は無地かチェック
  • シルエットは細身
  • イージーケア推奨

以下で詳しく解説します。

 

選び方①柄は無地かチェック

ストライプ柄はビジネススラックスの印象が強すぎて、カジュアルに着回したときに違和感を感じさせてしまいます。

コーディネート次第で印象を変えられる「無地」か、カジュアル度が高い「チェック柄」が良いでしょう。

ちなみに私は「黒・紺・グレーの無地」がおすすめです。

この3色はカジュアルの定番カラーであると同時にビジネスの定番カラーです。

加えて無地ゆえにコーディネートも組みやすいので、オンオフで重宝することでしょう。

 

選び方②シルエットは細身

最近ではワイドシルエットのカジュアルスラックスも見かけますが…。

photo by https://www.palcloset.jp/display/item/LUZ2002202A0009/?b=luis

太いシルエットはルーズな印象が強いので、ビジネスシーンでの着回しが難しくなってしまいます。

基本的にオンオフ兼用の服選びのコツは

堅いTPO の方に合わせたモノ選び

にあります。

ビジネスで使いやすい細身のスラックスをコーディネートで着崩してカジュアルでも使う、というのが良いでしょう。

 

選び方③イージーケア推奨

オンもオフも使うとなると、使用頻度はかなりな物になるはず。

となると、どうしても

  • シワになりやすい
  • 汚れやすい

というデメリットがあります。

必須…という訳ではありませんが、

  • シワになりにくい
  • 家で洗える

というイージーケア素材が良いでしょう。

おすすめはGUの「テーパードトラウザーズCL」ですね。

安いときで2000円で手に入る激安品ですが、素材は一級品です。

化学繊維で出来ていて、シワになりにくい素材。
なのに見た目はかなり精巧なウールライクな素材感で一般的なウールスラックスに見劣りしません。

加えて、家庭で洗える仕様になっているので気軽に着倒すことが出来ます。

 

スラックスをカジュアルに着回すポイント

トップスと足元をカジュアルなアイテムにしましょう。

スラックスをカジュアルに着回す上で大切なのは、「仕事帰り」に見えないようにすることにあります。

  • トップスをシャツ
  • 足元を革靴に

にしてしまうと、ビジネススタイル・パーティースタイルになってしまいます。

 

着回しパターン①

  • トップスをTシャツ
  • 足元をスニーカー

といった感じにカジュアルなアイテムを合わせると、パンツがスラックスでも「仕事帰り」に見えません。

 

着回しパターン②

足元を革靴にする場合でも「素足履き」をすることでカジュアル感を出すことも出来ます。
こういう革靴の履き方はビジネスではしませんからね。
だからカジュアル感を演出できるのです。

 

着回しパターン③

トップスがシャツでもドレスシャツ(=ワイシャツ)ではなく、カジュアルシャツならビジネススタイル・パーティースタイルに見える心配はありません。

 

着回しパターン④

パターン②とパターン③の合わせ技ですね。

  • 足元はローファーながら素足履き
  • トップスはシャツながらカジュアルシャツ

でカジュアルを出しています。

TPO的には

  • パターン①→ノーマルカジュアル
  • パターン②&③→よそ行きカジュアル
  • パターン④→デートなどキメのカジュアル

といった感じですね。

 

カラダの半分以上を占めるアイテムであるパンツ。
そこにスラックスを取り入れて、「スーツのような洗練されたカジュアルスタイル」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ぜひご参考に。

今回はここまで。
最後まで読んで下さりありがとうございます。