服の選び方(メンズ)

ブラックスーツをビジネスで着ていい理由【選び方と着こなしのコツ】

ブラックスーツってビジネスでも着て良いの?

冠婚葬祭しか着ないのは勿体ない

ビジネスでも冠婚葬祭でも着られる着回しが知りたい

今回はこんな疑問に答えます。

今回のテーマ
  • ブラックスーツをビジネスでも着てもいい理由【選び方と着こなしのコツ】
  • 冠婚葬祭でもビジネスでも着られる無地のブラックスーツの選び方
  • ブラックスーツを「礼服」に見せないビジネスコーデの方法

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

スーツに定評のあるブランドに勤務するキャリア12年のベテランスタッフです。

スーツのプロが解説する「黒無地スーツの着回し術」です。

「冠婚葬祭しか黒無地のスーツを着ないのってもったいなくね?」と思っている方は必見です。

 

ブラックスーツをビジネスでも着ていい理由【選び方と着こなしのコツ】

ブラックスーツはビジネスで着てもオッケーです。

理由は二つ。

  • モードな印象を演出できるから
  • ビジネススタイルのカジュアル化

以下で詳しく解説します。

 

理由①モードな印象を演出できる

冠婚葬祭のイメージが強いブラックスーツですが、ブラックスーツのもう一つのイメージが「モードな印象」を感じさせる、という事にあります。

「モード」とは、パリコレをはじめ海外コレクションつまりファッションショーを開くようなブランドが提案するスーツスタイル、というと分かりやすいと思います。

photo by https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46276/798232

若手俳優やアイドルがステージ衣装で着るおしゃれな黒いスーツ、と言ってもさほど語弊はありませんね。

従来の紺やグレーを基本としたスーツが

  • 「カッチリ」
  • 「堅実」

なイメージを感じさせるのに対し、ブラックスーツは着こなし方・選び方次第ではありますが、

  • 「シャープ」
  • 「クリエイティブ」

な印象を感じさせます。

広告関係やデザイン関係のお仕事など「クリエイティブな印象を演出する」ことがプラスに働く職場も多いでしょう。

TPOに応じて、ブラックスーツをビジネスシーンで活用するのもアリですね。

 

理由②ビジネスシーンのカジュアル化

ブラックスーツは着こなし方・選び方次第で「モード」な印象を感じさせます。

とはいえ、今までは「カジュアル」「お遊び」とも感じ取れビジネスシーンには適さない、とされてきました。

 

…が、ここ数年ビジネスファッションは急速にカジュアル化してきています。

  • ノータイ&ノージャケットOK
  • ジーンズOK
  • TシャツOK
  • スニーカー通勤でもいいよ

といった具合ですね。

あくまで職場のドレスコード、その日の業務やTPO次第ではありますが、モードなブラックスーツが許容される職場が増えているのが現代と言えるでしょう。

ビジネススタイルのカジュアル化によって、モードなスーツが許容されるようになった。
これがブラックスーツをビジネスでも着ても良い理由2つ目です。

 

冠婚葬祭でもビジネスでも着られる無地のブラックスーツの選び方

  1. 明るめの黒
  2. 艶の強すぎない

スーツを選びましょう。

あまりに黒いスーツだと冠婚葬祭の印象が強くなりすぎてしまって、ビジネスでも着回しが難しくなってしまいます。

また艶が強いとパーティー感が出てしまって、冠婚葬祭とりわけお悔やみの席での着用が出来なくなってしまいます。

目安としては、これ位の明るさの黒が良いですね。
肩に埃が付いちゃっていることは指摘しないでいただけると嬉しい(‘Д’)

とはいえ、黒って1色だけだと明るさの判別が難しいので、お店にある黒無地のスーツをいくつか見せてもらって「一番明るめの黒」を選ぶのが良いでしょう。

艶も上記の画像くらいの質感の生地が良いのですが、これも1着だけだと判別が難しい。

黒無地のスーツをいくつか比較して

  • 黒の明るさ
  • 艶の弱さ

のバランスが取れた1着を選ぶのが良いでしょう。

 

「明るい黒だと礼服として着る時に不安」

 

これ気持ちはスゴイ分かります。礼服用として売られている黒無地のスーツってメチャメチャ真っ黒ですもんね。

でもね。フォーマルマナーにおいて「黒の濃さ」は指定されていないのです。

黒無地の生地は

  • バラシア
  • サージ
  • ブラックサテン
  • タキシードクロス

など数多くありますが、一般的に礼服向きなのは艶が弱く、黒の発色が濃い「バラシア」です。

でも「礼服はバラシアの生地を選びましょう」なんて書いてあるマナー本はありません。

ぶっちゃけ黒無地なら、明るめの黒でも礼服として何の問題もないんですよ。

実際、親族のお悔やみの席で明るめの黒無地のスーツを着用しましたが、意外と周りとの差は目立ちませんでした。

そんな細かいところまで見られない、というのが正確な表現かもしれませんね。

黒無地のスーツを冠婚葬祭とビジネスで兼用したいなら

  • 明るめの黒
  • 艶の弱い生地感

のモノを選びましょう。

 

「オレの黒無地スーツ、真っ黒だよ。でも買い替えるのも高いし…」

 

という方はGUやユニクロの黒無地のスーツがおすすめですね。1万弱~2万弱で、格安ながら良品を手に入れることが出来ますよ。

guのセットアップスーツの品質に高級スーツ屋が唸る3つの理由guのセットアップレビューについて知りたくはありませんか?本記事では高級スーツ屋である筆者のguのセットアップスーツのレビュー・guのセットアップの着回し術を解説しています。guのセットアップが気になり人は必見です。...

 

ブラックスーツを「礼服」に見せないビジネスコーデの方法

柄物のシャツと柄物(or色物の)ネクタイを合わせましょう。

白いシャツに黒いネクタイはもってのほかですが…。

白いシャツに色物ネクタイを合わせると

  • 就活生
  • 結婚式なコーディネート

に見えてしまいます。

photo by http://fashion.aeonsquare.net/recruit/lineup/mens.html
  • 就活性は到底着ないであろうシャツ
  • 結婚式では到底合わせないであろうシャツ

こそ柄物のシャツです。

とりわけストライプは「ビジネス」の印象が強い柄です。

黒無地のスーツに、柄物(or色物)のネクタイとストライプ柄のシャツを合わせることで、黒無地スーツの「礼服感」を払拭することが出来ます。

試しに手持ちの礼服にストライプのシャツとビジネス用のネクタイを合わせみてください。
ストライプのシャツがなければ、青とかピンクのカラーシャツでも構いません。

黒無地のスーツが「礼服に見えなくなる」のを実感することでしょう。

「黒無地のスーツをビジネスで着ましょう」というと

「黒は喪の色だよ」

とか

「黒いスーツはモードすぎてビジネスだとちょっと…」

と感じる人も多いと思います。

 

確かに古くからの伝統やビジネスマナー上はそれが正解ではありましたが…。

伝統は革新から生まれ、ルールは時代によって大きく変わります。

「黒いスーツは冠婚葬祭用」という決まりごとが変わりつつあるのが、ビジネスファッションが大きく変わり始めた現代なのではないでしょうか?

そんな現代において、黒無地のスーツをビジネスで使うための参考に本記事がなれば幸いです。

今回はここまで。

最後まで読んだくださりありがとうございます。