未分類

【ファッション基礎講座①】色気・魅力・個性のピラミッドとは?

おしゃれ 個性

ミニマリスト鶴田淳子です。

仕事はパーソナルスタイルサロン経営のスタイリストです。おしゃれに悩む方々へ、本気でファッションを伝えます。

お客さまから頂くお声に日々感謝し、精進していきたいと思っています。

ミニマリスト 服
お客さまの御声診断後やその後のお付き合いの中で、お客さまからとても嬉しいお言葉を頂戴します。 私の宝物です。少しご紹介させてください。 お...

当サイトが初めましての方は、ぜひ当記事からお読みください。

当記事はファッション初心者のための基礎講座として、おしゃれをするうえで必要な【ファッションの枠組み】をご説明いたします。

多くの大人は洋服を学ぶ機会がなく生きているので、ファッションの基本を知ることができません。

若いころはそれなりにやり過ごせますが、

  • おしゃれな服装ってどんなもの?
  • 性別・年齢に応じたおしゃれとは?
  • TPOに合わせたおしゃれの仕方とは?
  • おしゃれな服ってどこで買うの?
  • おしゃれな服の合わせ方、コーディネートのコツとは?

こんな風にファッションの壁にぶち当たって、右往左往する人は多いと思います。

おしゃれをするためには、ファッションを学ぶことが必要不可欠。おしゃれがニッチもサッチも行かなくなっている人へ、おしゃれの枠組みを3つの段解説で唱えた「ファッションピラミッド」をお伝えします。

ちなみに当記事の内容は、以下のツイートの深堀りです。

おしゃれは、
品の良さ
清潔感
高級感が土台にあって、
その上に個性、その結果魅力が醸し出されると思う。
まずは、素朴で当たり前のことをちゃんとやることで素敵になる。
でも、この当たり前に簡単なことを行動に移す人は少ない。人は華やかさや誘惑に流されるのが常。
だから私はあえて逆を行く。

この文面をもとに深堀りと修正を重ねて、ファッションの枠組みをピラミッドに例えました。

【ファッション基礎講座①】色気・魅力・個性のピラミッドとは?

おしゃれ 個性

おしゃれの枠組みを「ピラミッド」に表しました。

ファッションピラミッド
  1. 一番下の土台に【色気】
  2. 真ん中に【魅力】
  3. 一番上に【個性=オーラ】

家を建てるときに重要な土台と同じく、おしゃれをする知識として重要な土台が【①色気】です。

このあと色気から順にご説明します。

ファッションの土台【①色気】

おしゃれ

色気は人として皆持っているもの。なぜなら生存欲求で恋愛したい、人と交わりたいという欲求があるからです。

当たり前のことを整えるだけで、【色気】が整うと考えます。

当たり前に整えたい3つのこと
  1. 品の良さ
  2. 清潔感
  3. 高級感

この3つを整えることは、自分の「見た目を整える」ことにつながります。

そして見た目を整える装いとは、ファッションの基本である「ドレスアイテム」です。

見た目を整える「ドレスアイテム」

おしゃれ 服
ドレスアイテムの例
  • スーツ
  • ジャケット&スラックス
  • ジャケット&スカート
  • ワンピース

ドレスアイテムはいわば、フォーマルな場面で着るような「キレイ目な服」です。

格式高い式典、目上の人との会食、結婚式、法事、クラシックを聴きに行く…など、見た目が整う服を着ることでその場の礼(マナー)を重んじます。

本来ドレッシーな服は、カジュアルアイテムのように着心地や丈夫さといった機能性ではなく、「見た目を重視」して作られています。

見た目を重視しているので、品があり、清潔感があり、高級感が醸し出せます。

ドレスアイテムの基本について知りたい方は、下記をご覧ください。

note
【note有料記事】~もうおしゃれに悩まない~一番初めに「押さえる要点」総まとめパーソナルスタイリスト・鶴田ジュンコです。 こんなお悩みはありませんか? おしゃれって何をどうすればいいの? 世の中の...

上記はnote有料記事のご紹介となりますが、ファッション初心者のための基礎的な指南となっております!

色気に必要な「品の良さ」

その人の持つ雰囲気に気高さや、しなやかさ、美しさがあることを品があると言います。

単純に言うと「美しさ」なのですが、単に見た目だけでなく、所作や行動、考え方といったその方の表現の仕方(スタイル・様式)に品の良さを感じると、色気があるなぁと感じます。

ここで「エレガンス」について語る、ココ・シャネルの名言をご紹介します。

ココシャネル 名言https://www.vogue.co.jp/fashion/news/2016-08-19/coco-chanel

シンプルさはすべてのエレガンスの鍵。

下品な服装は服だけが目につき、上品な服装は女を引き立たせる。

美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である。

品の良さとは
  1. 何ごともシンプルである
  2. 服装に品がある
  3. 慎ましやかな態度

色気に必要な「清潔感」

人間の生存欲求に性的に交わりたいということがありますが、清潔感のない人は病原菌を連想させてしまいます。

人間は生存本能によって、汚いモノを見ると

  • 感染症
  • 病原菌

を無意識にイメージして、汚いものを避ける行動をとります。

※https://tsurutas.com/2020/08/27/cleanfashion/より抜粋

https://tsurutas.com/2020/08/27/cleanfashion/

たとえば将来結婚願望がある人が、将来一緒に住むかもしれない相手を見るときに、まず不潔な人は避ける可能性が高いのではないでしょうか。

大切なことは、体や身の回りの環境を清潔に保つということです。

色気に必要な「高級感」

グレード感がある、高級そう、豪華そうといった品質の良さ(つまり品のよさ)は、色気の要素としてなりえます。

高級感とは実際に高級でなくても、高級そうに見えればよいわけです。

洋服がボロボロで汚れていたりアイロンをかけずにシワシワで着ていたりすると、洋服は高そうに見えないどころか、その人まで汚らしくだらしなく映ります。

高級感は華やかさも感じられ、人目を惹きます。

だらしない人はこぎれいさがなく、計画性もなく、ルーズな印象に。

 

以上、当たり前の3つのことは「自分を躾ける」こととも言えます。

当たり前に整えたい3つのこと
  1. 品の良さ
  2. 清潔感
  3. 高級感

大人になったいま、われわれは誰からも躾けてもらえません。自分自身で気づき躾けていくほかないのですよね。

似合うの軸【②魅力】

人として誰もが持っている【①色気】の土台を整えたら、次に自分に似合うスタイルを着るために【②魅力】を整える段階に入りましょう。

唐突ですが、人から褒められる服や色はありませんか?

人から『似合うね』と褒められた服は、あなたの「魅力」にマッチしている証拠ですね。

自分に似合う服を選ぶことができれば人から褒められることが多くなり、魅力的に映ります。

各診断ツールの利用

ご自身に似合う軸を知るためのツールとして、骨格診断やパーソナルカラーといった、診断ツールを利用しましょう。

骨格診断では「似合う素材」と「シルエット」が分かり、パーソナルカラー診断では「似合う色」が分かります。

骨格診断

骨格診断は生まれつき持った骨の太さ、筋肉や脂肪の肉付き感から、お似合いになるおしゃれの方向性を見つける診断です。

骨格は3タイプ

  1. ストレート
  2. ウェーブ
  3. ナチュラル

各タイプの魅力

  1. ストレートタイプ=高級感
  2. ウェーブタイプ=華奢さ
  3. ナチュラルタイプ=粋なかっこよさ

各タイプの魅力を活かした洋服の素材、シルエット、着こなしのコツなどを知ることができるのが、骨格診断です。

骨格診断 わからない
「骨格診断がわからない」を解決!自己診断したい方は必見!骨格診断が分からない、あてにならない!と思ってはいませんか?骨格診断の全容と自己診断方法をシンプルにまとめました。これを読めば骨格診断を簡単に理解できるようになります。いままで骨格診断がよく分からなかった方は、ぜひご覧ください。...

パーソナルカラー診断

色を選ぶとき、無意識に自分に似合う色を選べる人は多いものですが、憶測やあてずっぽうで選ぶとたまに外してしまうことも。

パーソナルカラーの理論は、下記のように奥が深いです。

  1. ベース:黄みがかった暖かみのあるイエローベースが良いか、青みがかったクールなブルーベースが良いかを診断する。
  2. 清濁:クリアで澄んだ色か、ソフトで混じり気のある色か、どちらの方向性が良いかを診断する。(清色とは純色または白か黒が混ざった色で、濁色とは純色にグレーが混ざった色のこと)
  3. 明度:明るい色~中くらい~暗い色までの明るさの度合いを診断する。(例えば、白~グレー~黒の明るさレベルはどのあたりが良いか)
  4. 彩度:混じり気のない純色から無彩色(モノトーン)までの範囲で、どの程度の鮮やかさが似合うかを診断する。

あなたのパーソナルカラーは、この4つの項目が複雑に混ざり合って成り立っています。

4つの項目の度合いを細かに知ることで、色の失敗や迷いがなくなるようになります。

診断ツールで分かること
  1. 似合う素材
  2. 似合うシルエット
  3. 似合う色

これらが分かれば、洋服選びの基準がわかるようになります。

スタイルの確立【③個性】

おしゃれ

似合う服を選ぶことができるようになったその後は、満足するおしゃれレベルへさらに段階を進めましょう。

自分らしいスタイルの確立をして、快適な人生を送るために必要なことは【③個性】を活かすことです。

ファッションは生き方。満足する人生を送るためにも、マイスタイルの確立は必要不可欠です。

ファッションテイストの分析

ファッションテイスト 系統

こんなお悩みはありませんか?

シンプルで物足りない、なんとなく地味

普通にキレイだけど、あと1歩何か必要

あと一歩、突出したおしゃれをするために必要なのがファッションテイストです。

人とは違う個性、自分らしいファッションをするためには、自分の好みや個性をファッションテイストに落とし込み、自己表現することです。

ファッションテイストがよく分からないという方は、下記の記事もご覧ください。

ファッションテイスト
ファッションの系統が定まらないという方へ。基本のファッション系統(テイスト)8分類を徹底解説!ファッションスタイリスト・鶴田ジュンコです。 こういったお悩みはありませんか? 「自分に合う洋服の系統ってなんだろう‥」 ...

または、手っ取り早くプロのカウンセリングをおすすめいたします。

当診断を受けられたお客さまのご感想の一部をご紹介いたします。

鶴田様

昨日はどうもありがとうございました。

・・・(※中略)

自分の中で諦めきれなかったいわゆる女性らしさへの憧れに対して「もう良いんじゃない?」って思えるようになりました。

きっと、黄色味が私の肌には必要ないように、女性らしい色味(赤とかピンクとか)がなくても自分の中にはきちんと女性っぽさがあるんだろうなと、鶴田さんの診断の結果でそう思えるようになったのは、ここ最近でとても大きな事件でした。

実は、
・・・(※中略)

自分とはどんな人間だったのか振り返る時間が必要だったんです。

・・・(※中略)

何故かファッションに関する事を考える瞬間があり、
「やっぱりおしゃれしてると気分が上がる!私はどんなときでも着飾っていたい!」
という気持ちが根底にあったのを自覚、今まで積み重ねてきた自分の経験と、
落ち込みながらも「大事にしたい」と思っている部分を装うで表現できたら、
どんなに良いだろう…と思っていたんです。

そのすべてを表現しきろうとは全然思わなかったのですが、
鶴田さんは熟練の釣り師のようにそこをくっと釣り上げるように引っ張り上げて、
「これだけの材料はもともと揃っているんだから後は自分次第」って、
余裕のある…いや、遊びのある余地を残しながら、バサッと私に提示してくれました。

それがとてもありがたくて、とても嬉しかったです。

 

  • その他お客さまの声
ミニマリスト 服
お客さまの御声診断後やその後のお付き合いの中で、お客さまからとても嬉しいお言葉を頂戴します。 私の宝物です。少しご紹介させてください。 お...

個性を活かすファッションのレベルまで到達すると、おしゃれに満足することができ、活き活きとした生活を送ることができます。

自分らしい個性が光るファッションは、誰から見ても「素敵」な生き方に映り、オーラも醸し出されます

 

最後にまとめます。

おしゃれ 個性
当記事のまとめ
  1. 色気:ファッションの基本「ドレスアイテム」を知る
  2. 魅力:骨格&パーソナルカラー診断を受ける
  3. 個性=オーラ:ファッションテイスト診断を受ける

おしゃれの枠組みである「ファッションピラミッド」は、自身のおしゃれレベルをはかることができ、どの段階でつまずいているのか、やるべきことが見えてきます

おしゃれは、
品の良さ
清潔感
高級感が土台にあって、
その上に個性、その結果魅力が醸し出されると思う。
まずは、素朴で当たり前のことをちゃんとやることで素敵になる。
でも、この当たり前に簡単なことを行動に移す人は少ない。人は華やかさや誘惑に流されるのが常。
だから私はあえて逆を行く。

まずは、素朴で当たり前のことをちゃんとやることで素敵になる。

まずは当たり前のことを整えることから。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございます。

美しい装いのサポート
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

おひとりお一人、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声170件を超えるファッションコンサルタント鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートがさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にしたい―

これをモットーに、誠心誠意お伝えさせていただきます。