服の買い方(メンズ)

【百貨店&マルイ&ルミネセール】賢い冬のセールの買い方3選

セールで服を賢く買いたい

ついでにセールで買わないほうが良いものがあれば知りたい

今回はこんな疑問に答えます。

今回のテーマ
  1. 賢い冬のセールの買い方3選
  2. 買ってはいけない冬のセール品3選

本記事を執筆しているのは現役ショップスタッフの鶴田です。

セールの裏側も知り尽くしたキャリア12年の現役ショップスタッフが語るセールで賢く買いものをする方法論の解説です。

百貨店では2020年冬のセールは例年よりも早めの12月26日から、他のルミネやマルイなどもこの流れに追従する事かと思います。

セールで失敗したくない方は、早めに本記事に目を通して下さればと思います。

 

【百貨店&マルイ&ルミネセール】賢い冬のセールの買い方3選

セールの賢い方は以下の3つです。

  1. 買わずに帰る覚悟を持つ
  2. 勝負はプレセール&セール二日目まで
  3. 妥協しない

1つずつ詳しく解説します。

 

買い方①買わずに帰る覚悟を持つ

昔ほどではありませんが、セール初日のショップは人でごった返しているモノ。

「せっかく来たからには、何か買って帰ろう」

と思ってしまいがちです。

でもそれが失敗の元。

買わずに帰る覚悟を持ちましょう。

そもそもセール品って「良いものがあまりない」のが当たり前だからです。

服に限らずですが、「良いものから売れていく」のが経済の基本。

冬にセールになる服は

  • 秋物だったら8~9月に店頭に発売された物
  • 冬服だったら10初旬から中旬に店頭に並んだ物

です。

発売から2~4か月も経った服なので、いい服はすでに売れてしまっていることがほとんど。

定価では売れずに余ってしまった服を割り引いて販売しているのがセールです。

スーパーでもおいしそうなお弁当から売れていくでしょ?
お昼を過ぎたころにコンビニに行くと、微妙なお弁当しか残っていないでしょ?
閉店前のスーパーの割引お弁当って安いけど、おいしそうなの少ないでしょ?

原理は一緒です。

残り物に福はないのです。服だけに…っていうワードが頭をよぎったのは私だけ?

もちろん、掘り出し物が全くないか?と言われると、そんなこともないので「セールに行くのは無駄」なんてことは一切ありません。

とはいえ、掘り出し物に出会える確率は低いので、出会いがなければ買わずに帰る覚悟を持ちましょう。

 

買い方②勝負はプレセール&セール二日目まで

12月18日現在ショップでは顧客限定のシークレットセール(プレセール)が行われています。

セールの買い物は、プレセール~セール本番の2日目までに勝負を付けましょう。

今年は12月26日からセールのブランドも多いので、12月27日までに決断、というのが目安ですね。

上でも解説しましたが「良いものから先に売れていく」からです。

すごくいい服なんだけど、高くて手が届かなかった、なんて服がセールになれば顧客が見逃すはずがありません。

そんな服はプレセールで売り切れてしまうことでしょう。

仮にプレセールで完売しなくとも、セール初日か二日目には在庫をそこが付くのが相場です。

セールって3日目になると、ガクンと売上が落ちるんです。

それだけ在庫が尽きる、良質なセール品がなくなるのが早いのです。

一晩じっくり考える」なのも大切ですが、セール品に限って言うとスピードも大切なのです。

どうしてもじっくり考えたい場合は、店員さんに品番を控えてもらって、その日中にオンラインストアで買う、なんて方法も良いでしょう。

とにもかくもセールはスピード勝負。

プレセール~セール本番の二日目までに勝負を付けましょう。

 

買い方③妥協しない

妥協は失敗のもとです。

「安いから、いつもよりも大きいサイズだけどコレでいいや」

「探していた色とちょっと違うけど、なくなっちゃうかもだからコレでいいや」

と安さやお店の賑わいに飲まれて、セール品は妥協した買い物をしてしまいがち。

もちろん

  • いつもと違うサイズでも着こなし次第でおしゃれに見せる事
  • 探していた色と違ってもオシャレを楽しむこと

は着こなし次第でいくらでも出来ます。

でも、妥協して買ってしまうと「もともとイメージしていたオシャレ像」とかけ離れてしまうのも事実。

そもそも妥協した買い物をする人が、「妥協して買っちゃったけど、何が何でもオシャレに着こなしてみせるぞ」とならないと思うんですよね。

「う~ん、なんか間違っちゃたな。ポイッ」となってしまうケースの方が多いんじゃないでしょうか?

どうせすぐに着なくなってしまうなら、初めから買わないほうが経済的なわけで…。

そのお金を新作の春物に投資したほうが色もサイズも選び放題ないわけで…。

なので、セールでは値段やお店の賑わいに惑わされることなく、妥協せずに買い物をしましょう。

買ってはいけない冬のセール品3選

買ってはいけない冬のセール品は以下の3つです。

  1. マフラーやグローブ
  2. カラフルなアウター
  3. 今すぐ着られない服

一つずつ詳しく解説します。

 

その①マフラーやグローブ

コレはメンズに限った話ですが、マフラーやグローブはセールでは買わないようにしましょう

マフラーやグローブはセールが始まる頃には、良品がなくなってしまっているからです。

理由は簡単。

クリスマスプレゼント需要で、マフラーやグローブの良品はとっくに掃けてしまっているからなんです。

 

「でも寒い。マフラー持っていないし、そこまで予算がないからセールでマフラーを買いたい」

そんな方にはユニクロのマフラーがおすすめ。

4000円弱なのにカシミア100%。色も豊富でシンプルなので合わせやすい。

形もマフラータイプと大判のストールタイプがあるので選択肢は豊富。

微妙なセール品を買うなら、自分はこっちを買って今年の冬をしのいで、来年の冬に新作でマフラーを買います。

マフラーやグローブをセールで買うのは避けましょう。

 

その②カラフルなアウター

カラフルなアウターをセールで買うのは避けましょう。

photo by https://buyee.jp/item/yahoo/shopping/lohas-online_10000944?lang=ja

この手のカラフルなアウターって作り手も「リアルクローズ」として作っていないことがほとんどなのです。

だからコーディネートがしにくい。

アウターって服の中では高額な部類に入るので、

  • グレー

などベーシックで暗い色味の合わせやすい色が売れます。

でも、ベーシックカラーばかりをお店に並べると、ジミ~なお店になってしまってお客様が入ってこないんですよね。

そこでカラフルなアウターを少量だけ作ってお店の目立つところに陳列して入店のきっかけやアイキャッチにするのです。

なのでカラフルなアウターはレイアウト用として作られている側面もあるので、リアルクローズとしては、かなり使いにくい。

 

「安いし、たまには明るい色も良いよね」

と選んでしまうこともあるでしょうが、着こなす難易度はかなり高いと言えるでしょう。

カラフルなアウターをセールで買うのは避けましょう。

 

その③今すぐ着られない服

冬のセールには、秋口に並んだ薄手の秋物も店頭に並びます。

「安いし、次の春や秋に着るかもだから買っておこう」

と思うかもですが、今すぐ着られない服を買うのは辞めましょう。

来年の秋には来年の気分があります。

去年のセールで買った服を、翌年の秋に意気揚々と着ることはまずありません。

  • 流行が変わって古臭く見えるかも
  • 自分自身の気分が変わってしまうかも
  • ライフスタイルが変わって着る機会がないかも

こんな変化が起きるには1年って十分な時間です。

最近の時代の流れの速さを踏まえると、1年どころか3か月くらいでも環境なり自分の気分なりの変化で少し前の服でも「何だか違う」と感じてしまうかもしれませんね。

「俺は流行を気にしない」

なんて方も男性の場合は多いかもしれませんが、自分の気分やライフスタイルが変わる可能性は大いにあるでしょう。

今すぐ着られない服を買うのは辞めましょう。

ちなみにコロナ禍で行われる今年のセールは例年とはちょっと違います。

それはとにかく在庫が余っていること、という事。

アパレル各社も在庫消化に必死です。

通常20%offから始まることが一般的ですが、今年は40%offからスタートなんてブランドも珍しくありません。

良品をすこぶる安く買えるチャンスでもありつつ、値段に惑わされて悪品・余計な物まで刈ってしまいやすいのが2020年冬のセール

と言えるでしょう。

本記事がセールの賢い買い物の参考になれば幸いです。

FASHION コンサルティングサービス
ファッションカウンセリング

装いは生きざまが表れる。つまりファッションは人生です。

装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

ファッションコンサルティングで、あなたのライフスタイルをサポートします。

お客様の声120件を超えるファッションコンサルタント鶴田が、あなたの魅力を引き立て・個性を活かし・オーラを醸し出すための「パーソナルなスタイル」をご提案いたします。

サービスはオンラインカウンセリングとサロンカウンセリング、2つのご用意があります。