ミニマリストの服の数

【スーツは何着必要?】ミニマリストのアパレル夫婦のスーツは合わせて3着

ミニマリストってスーツを何着持てばいいのかな?

最近スーツを着なくなったから、断捨離をしたい。何着くらい残せばいいのかな?

こんなお悩みを持ってはいないだろうか?

これはすべて数年前まで僕たち夫婦が抱えてきた悩みである。

本記事では

  • ミニマリスト的スーツの必要着数

について、僕たち夫婦がどのように上の悩みを解決してきたかを執筆している。

僕たちは夫婦そろってミニマリスト。加えてファッションの世界に身を置いている。

本記事を執筆している僕はショップスタッフ歴13年で今は某パリコレブランドの店長をしている。

妻はアパレルキャリア20年。17年に及ぶショップスタッフ経験を積んだのち現在はファッションコンサルタントしてサロンを運営している。

ミニマリストだからスーツはそんなに持ちたくない。けどスーツは必要なんだよね。

そんな方はぜひ読み進めてみてほしい。

【スーツは何着必要?】ミニマリストのアパレル夫婦のスーツは合わせて3着

タイトルからもわかるように、僕ら夫婦が所有しているスーツは合わせて3着である。

内訳は挙げると

  • 妻→1着
  • 夫→2着

である。

僕ら夫婦は2人そろって、仕事でスーツを着ることはない。

冠婚葬祭や子供のイベントごとだけしか着ないので、これくらいの着数で十分なのである。

基本的にフォーマルシーンにおけるドレスコード(服装におけるルール・決まり事)は、女性のほうが縛りが緩い。

なので妻は、冠婚葬祭から子供のイベント毎まで1着の黒いセットアップで対応できてしまっている。

逆に男性のほうがフォーマルシーンにおけるドレスコードはチョット厳しめ。

僕が2着のスーツを所有している理由はここにある。

男性の場合

  • 夜のフォーマル・お悔みは黒
  • 昼のフォーマルはダークスーツ(紺・グレー)

というのがフォーマルルールの世界基準だったりする。

日本においては、これを守らないと恥をかく…というほど、厳格ではないが

  • 何を着ればいいかわからない時の判断基準
  • ちょっと「通」な選び方をしたい時

には、便利なドレスコードである。

あとは自称”スーツ通”から、「(昼の)結婚式に黒いスーツなんて変だ。西洋では…」なんて講釈を聞かなくて済む。

というわけで、僕は昼のフォーマル用のダークグレーのスーツ。

夜のフォーマル用の黒いスーツの2着を所要している。

ちなみに、ほぼ毎日仕事でもスーツを着ていた時は、上記のスーツに加えてもう1着の計3着を所有していた。

スーツは基本的に1回着たら2日休ませるのが長持ちの秘訣だ。

上記の黒とグレーのスーツを仕事でも兼用できるように選んでいるので、あと1着加えて、計3着でローテーションすれば、スーツにダメージも蓄積しない。

ここまでをまとめると…。

総括

冠婚葬祭でしかスーツを着ないなら、

  • 女性→1着
  • 男性→2着

仕事でもスーツを着用するなら3着がミニマリスト的な目安と言えるだろう。

 

「必要な着数が分かったから、選び方が知りたい。」

 

そんな方は男女別ミニマリストの礼服・喪服~フォーマルでもカジュアルでも使えるスーツ選び~で執筆してるので、よかったらご参考に。

男女別ミニマリストの礼服・喪服~フォーマルでもカジュアルでも使えるスーツ選び~ミニマリストって礼服はどうしているんだろう? そんな疑問にアパレル業界に身を置くミニマリスト夫婦が答えます。年に1~2回しか着ない礼服って持っていない。そんな考えの方はぜひご一読を。...
美しい装いのサポート
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

おひとりお一人、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声190件を超えるファッションコンサルタント鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にしたい―

これをモットーに、誠心誠意お伝えさせていただきます。