診断事例

【パーソナルカラー診断事例】クールタイプ(サマー×ウインター)H様

埼玉 パーソナルカラー

【パーソナルカラー診断事例】クールタイプ(サマー×ウインター)Hさまの場合

パーソナルカラー診断 埼玉

当サロンでは、お客様のパーソナルカラー診断の際に

  1. ベース分析
  2. 清濁分析
  3. 明度分析
  4. 彩度分析

4つの分析を行い総合的に10タイプに分類しています。

以下で診断内容をご説明いたします。

 

1.ベース分析 お顔の色の見せ方

ブルーベースで色白に透明感をもたらす見せ方が、スッキリとして素敵でした。

埼玉 パーソナルカラー

一方、黄みのイエローベースでは、お肌の色が濃くなりスッキリしないご様子がありました。

埼玉 パーソナルカラー

Hさまが色を選ぶ際に一番大事にしていただきたいポイントが、ブルーベースの色を選ぶということです。

 

2.清濁分析 お顔の質感の見せ方

くすみカラーはお顔に影ができやすく、お肌がくすむ懸念があります。

埼玉 パーソナルカラー

ニュアンスのあるカラーや、くすみカラーではなく、なるべくスッキリと見えるクリアな色をおすすめいたします。

 

3.明度分析 お顔の明るさの見せ方

暗い色は目鼻立ちをくっきり見せ、艶やかな印象になり、明るい色はお顔を明るく華やかに見せます。

Hさまはどちらの方向性もお似合いですが、どちらかに振り切らない、中くらいの明るさがとても素敵です。

埼玉 パーソナルカラー 埼玉 パーソナルカラー

明るい×暗いの明度差をつけた配色も、明度差が強すぎないほうが自然でお似合いです。

 

4.彩度分析 お顔の色の強弱の見せ方

彩度は、お顔の色の強さを強めたり弱めたりします。

高彩度ではお顔がくっきりと華やかになり、低彩度ではお顔がすっきり透明感を感じます。

どちらも素敵ですが、あまり両極端に振り切らずとも、中くらいの強さが調和さ
れています。

埼玉 パーソナルカラー

 

5.総評

■特徴:クールタイプ(夏×冬)
夏と冬のどちらの要素もあります。

夏と断言するには色がやや弱く、冬と断言するには色がやや強いという印象でした。

よって、夏の鈍すぎる色や冬の強すぎる色は、違和感があれば避けて可となります。

両方の共通点は、寒色系(冷たい色)ということです。

ブルーベースでお顔を白くすっきりさせることで、目鼻立ちがくっきりとシャープな印象になられます。

埼玉 パーソナルカラー

また、グレーへアになればなるほど、お顔がスッキリクールになります。

この先年齢を重ねて自然なグレーへアをお楽しみいただくと、Hさまの本来の美しさが引き立つと思います。

クールな色であることが最大のポイントです。

黄みがかった色は、お顔をくすませてしまうのでご注意ください。

 

美しい装いのサポート
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

おひとりお一人、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声200件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にしたい―

これをモットーに、誠心誠意お伝えさせていただきます。