診断事例

【パーソナルカラー診断事例】スプリングタイプ・S様

【パーソナルカラー診断事例】スプリングタイプ・S様

当サロンでは、お客様のパーソナルカラー診断の際に

  1. ベース分析
  2. 清濁分析
  3. 明度分析
  4. 彩度分析

4つの分析を行い総合的に10タイプに分類しています。

以下で診断内容をご説明いたします。

1.ベース分析 お顔の色の見せ方

イエローベースはお肌の色になじみがよく、明るさが出ました。

またお肌のカバー力もあり。

image

比べてブルーベースは、色むらが出やすいご様子がありました。

image

黄みでお顔の色を均一に見せたほうが良い、という判断をいたしました。

 

2.清濁分析 お顔の質感の見せ方

クリアな清色は、お顔を明るくトーンアップして見せました。

お顔にハリも出てリフトアップ効果もあります。

一方濁色は、一緒にお顔の色もくすませてしまうご様子がありました。

濁色で唇の色がくすむ様子など、S様もご実感いただけました。

色を選ぶ際にクリアな色を選ぶことが重要なポイントと言えます。

 

3.明度分析 お顔の明るさの見せ方

暗い色は黒目や髪の毛の色をしっかり色づけて、お顔をくっきり見せます。

image

明るい色はお顔をレフ版効果のように明るく見せ、とても華やかです。

image

S様はどちらもお得意で、明度のコントラストをきかせてもパキッとします。

image

 

 

4.彩度分析 お顔の色の強弱の見せ方

高彩度がお似合いです。

image

お顔の色を強く見せることで、均一感にもつながります。

なお、中彩度と比べて低彩度がお顔がすっきり見えました。

image

中彩度のライトトーンは、やや色ムラに見えるご様子がありました。

よって、高彩度または低彩度がおすすめと判断いたしました。

 

総評

■スプリングタイプ

■特徴
黄みでお顔に血色を持たせると、お肌の色が明るく整います。

ブルーベースでは、お顔の影が目立ちやすいご様子がありました。

鮮やかで明るい色がお似合いです。

お顔周りは鮮やかな色、もしくは白といった明るい色にされるのがおすすめです。

image

スプリングらしく可愛らしい色というよりは、強めの色、スパイシーな色合いがお似合いでした。

image

 

 

 

美しい装いのサポート
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

おひとりお一人、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声190件を超えるファッションコンサルタント鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にしたい―

これをモットーに、誠心誠意お伝えさせていただきます。