コラム

ファッションに大切なこと

自分の軸を持つこと

周りの目を気にしたり、世間体を気にする必要はないと考えます。自分がないと、フラフラしてストレスだからです。

特に30代は子育てをするあまり、世間体を気にする傾向にあると感じます。例えばママ友、ママファッションといった文言はその例です。

しかし、家族のために世間体を気にしたところで、家族の喜びとなるでしょうか―。

それよりも母親が堂々としている姿は、子供からみて頼もしい存在となり、生き方の良い見本となるはずです。

世間体など気にせずに、

  • 自分はこういうのが好き
  • 家族のために、こうありたい

といった【意志】持つこと。これが自分の【軸】になります。

素敵な人は生き方にスタイルがありますよね。ファッションもその人らしさがあり、堂々としてすがすがしいです。そんな生き方は理想的です。

そのためにも、

  • 世間体を気にせず
  • 堂々とした生き方を心がけ
  • 常に今の自分を受け入れる

このようなことが、大切だと考えます。

 

自分を受け入れること

40代以降、年齢を気にする人がさらに増えていきます。髪質や体つきが変わり、エイジングと向き合わなければならないからです。

でも結局のところ、年齢には逆らえません—。

エイジングを【衰え】と捉えてしまうと、自分に背を向けて生きることになりがちです。ならば自分を快く受け入れたほうがストレスなく生きられます。

丁寧に年を重ねることを大切に、健康的に生き生きと生きることを楽しんでいきたいものです。

もちろん年齢的なことだけでなく、自分の置かれた環境をも受け入れること。

  • こんな自分に生まれてきた
  • こんな親の元で生まれてきた
  • こんな職場に恵まれた
  • こんな友人と出会った

など、環境のすべてを受け入れます。

受け入れることでなにが変わるのか―。

それは他人と比べないようになることであり、そして自分を大切にすることにつながります。

他人と比較して不幸に感じたり憧れたり、逆に優越感にひたったりしても良いことはありません。

単に、自分は自分、人は人。それだけの話です。

人のことを気にしている=人の人生を生きているということ。暇な時間を人のために使っている人生では、何の意味もありません。

ですから、自分を受け入れて大切にすることです。

 

努力をすること

残念ながら世の中には、努力もしたくないし、お金もかけたくないという人はとても多いです。だからこそ、「楽して〇〇する方法」という方法論が、世の中に溢れている証拠ではないでしょうか。

例えばダイエットなどが良い例です。

飲めば痩せるサプリなどもたくさんあります。あれを信じている人がどのくらいいるか分かりませんが、たくさんいるからこそ、あの手の類の商売がなくならないのでしょう。

世の中、少しの努力もなしに結果が得られるなんて考えにくいです。

楽をすればツケが回ってくるのですから、いつか清算しなければなりません。もしかすると体に悪い成分が入っているかもしれない。私なら、痩せるどころか体に危険を及ぼすことにもなりかないと考えます。

楽してダイエットなどという安易な考えはやめたほうが無難です。

簡単に結果を求めるような人の中身は薄っぺらい。それに飛びつく人がどんな人か想像すればこそです。

人間の弱みに付け込んだ商売が良い商品とは考えにくい。安易に粗悪な商品に手を出さないことです。

ダイエット商品に関わらず、すべての分野において良い商品を見極めるためには、日々、努力を惜しまないことです。

心身ともに美しい人は、努力する人であることに違いありません。

 

年代別のファッションは不正解

年齢別のファッションを気にする方は多くいらっしゃいます。

しかし実際に、【40代 _ ファッション】と検索して出てくるファッションに、おしゃれに感じるものは、ほぼありません。

その理由として、40代の関心ごとに以下のようなものがあるようですが、

  • プチプラで高見えするファッション
  • スタイルよく見えるファッション
  • 可愛らしさもある大人っぽいファッション

上記を目的としたファッション情報が多くなってしまうからです。

これらはファッションの基本を押さえておらず、おしゃれになるための内容とは言い難い。結果、おしゃれをするために検索しているのに、目的がずれてしまっているということになります。

本来の目的は、おしゃれになること。

しかし、以下のように目的がずれている。

  • プチプラで高見えすること
  • スタイル良く見えること
  • 可愛らしく大人っぽいこと

20代ファッション、30代ファッション、40代ファッション、50代ファッションで探しても、おしゃれの正解にたどり着けないのは、このためです。

 

では、ファッションの正解とは、なんでしょうか―?

 

ファッションの正解は、メンズファッション

メンズアパレル店員17年の知識と夫もメンズアパレル店員であることから、私は20年以上、メンズファッションが定着しております。

私が考える正解は、メンズファッション。

ベーシックなアイテムであり、伝統的なスタイルであり、ファッションの基本のきであります。

根拠は、おしゃれに必要不可欠なファッションアイテムは、紛れもなくメンズアパレルから派生したアイテムだからです。

その証拠に、

  • スーツ
  • シャツ
  • ジャケット
  • テーパードパンツ
  • トレンチコート
  • ライダースブルゾン
  • ミリタリージャケット
  • デニム
  • Tシャツ
  • ローファー
  • ワークブーツ
  • オックスフォードシューズ

―など、どれもです。

40代以降の方が年齢に相応しく、女性らしいエレガントなファッションをしようとすれば普通になりがちです。

おしゃれというよりは普通。普通が悪いと言っているのではありません。ですが平均以上のおしゃれとも感じにくのも事実です。

私はスタイリストとしてスタイルを提案するのが仕事ですから、普通では商品になるレベルではありません。

つまりおしゃれは、

  1. ジャケット
  2. パンツ

これをこよなく愛して着こなせるかどうか―。だと考えています。

年齢に応じてジャケットの素材や形も変わるでしょうが、40代だろうと50代だろうと、ジャケットスタイルがおしゃれということに変わりはありません。

よく電車や街中で、80代とおぼしき背広を着たおじいちゃんをお見掛けすることがありますが、その背広姿は凛として素敵だなと思います。

そういえば、そんなおじいちゃんの背広にベースボールキャップ、ダットスニーカーを履くスタイルは、若者のモードにもなりました。

このことからも私も80歳のおばあちゃんになっても、ジャケットを着こなす生き方を目指したいと考えています。

早い話が、

ファッションに大切なのは、ジャケットを着こなすおしゃれ。

です。

これは、いつまでも自分らしく素敵に見える生き方のコツでもあると信じています。

 

美しい装いのサポート
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

おひとりお一人、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声200件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にしたい―

これをモットーに、誠心誠意お伝えさせていただきます。