パーソナルカラー

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーの概要

パーソナルカラーは人を際立たせる色です。

身に付ける色は人の「肌」や「顔立ち」に様々な影響を及ぼします。例えば、青みがかった色を顔まわりに当てると肌の色が白く見えます。

白く見える。すなわち、色白・透明感が際立てば良い影響と言えます。一方、青白く不健康そうに見えれば悪い影響と言えます。

このように色による影響を分析し、その人に良い影響を与える色を導き出すのがパーソナルカラー診断です。

パーソナルカラーの代表的な分類法には、フォーシーズン分類(春・夏・秋・冬)があり、色を構成する4つの属性(色相・明度・彩度・清濁)の特徴により、4タイプに分類されます。

春(スプリング)

暖色系で主に明るく澄んだ色合い

  • 色相|イエローベース
  • 明度|高明度
  • 彩度|高彩度
  • 清濁|清色
夏(サマー)

寒色系で主に明るめのくすんだ色合い

  • 色相|ブルーベース
  • 明度|高明度
  • 彩度|中彩度
  • 清濁|濁色
秋(オータム)

暖色系で主に暗めのシックな色合い

  • 色相|イエローベース
  • 明度|低明度
  • 彩度|中彩度
  • 清濁|濁色
冬(ウインター)

寒色系で主に暗めの鮮やかな色合い

  • 色相|ブルーベース
  • 明度|低明度
  • 彩度|高彩度
  • 清濁|清色

 

当サロンの診断の特徴

当サロンのパーソナルカラー診断は4つの方向性(direction)「❶色相・❷明度・❸彩度・❹清濁」から4シーズンを導き出す、4Dパーソナルカラー診断法です。

色の構成する4つの属性

  1. 色相(イエローベース、ブルーベース)
  2. 明度(色の明るさの度合い)
  3. 彩度(色の鮮やかさの度合い)
  4. 清濁(澄んだ色、くすんだ色)

色を構成する4つの属性を1つ1つ丁寧に分析してから、4シーズン(春・夏・秋・冬)を診断します。

これにより、お客さまの見た目やイメージにとらわれない、正確な診断結果を導き出すことができます。

 

パーソナルカラーの生活への影響

色とは、良くも悪くも人に影響を与える存在です。

例えば似合わない色を身に付けると以下のように、もったいない印象になりがちです。

・肌がくすんで見える
・日焼けしたように濃く見える
・シミやシワが目立つ
・顔が暗く地味に見える
・目鼻立ちの印象が弱くなる
・輪郭が膨張する

ただしパーソナルカラーは、肌を美しく見せ顔立ちも整えてくれます。

  • 肌にハリや艶を与える
  • 色白の肌に演出する
  • キメが整い透明感が増す
  • 肌がトーンアップする
  • 目鼻立ちがくっきりする
  • 輪郭がシャープになる

今より魅力的に見せたい、他者へ良い印象を与えたい、アンチエイジングに興味がある、といった方には、パーソナルカラーを知るメリットは大いにあることでしょう。

 

パーソナルカラーは頼もしい存在

我々の生活は色を身に付ける機会がたくさんあります。例えば、洋服やアクセサリー、小物類、そしてメイクやヘアカラーなどです。

それゆえ、好きな色なら何でも良いという方もいらっしゃるでしょうが、沢山のメリットがあるパーソナルカラーを身に付けた方が賢明です。

しかも、色選びに失敗したり迷ったりすることも減るので、今後、無駄なコストが掛からなくなります。

つまりパーソナルカラー診断は自身を際立たせる色を知ることができ、また色選びをスムーズにしてくれる頼もしい診断なのです。

 

ファッションで自己表現する

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声250件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。