診断事例

少ない服で、おしゃれに暮らしたいなら「ベーシックアイテム」を揃えるだけ。

サマー ウェーブ

少ない服で、おしゃれに暮らせるようになりたい。【S様・サマー×ウェーブ】

今回の診断事例のご紹介は、

少ない服で、おしゃれに暮らせるようになりたい。【S様・サマー×ウェーブ】です。

 

ご相談内容(お悩み)

  1. 自分に似合う色や形がわからない。
    ・毎回服を買うのに時間がかかる
    ・なんとなくで買ってしまい満足しない
  2. お手入れしやすく動きやすい服で、おしゃれに気を使ってる感を出すにはどうすれば?

ご相談❶ 自分に似合う色や形がわからない。

自分に合う服の条件を知らないと、服を買う時間もかかるし買っても満足しにくいですよね。

例えば私の場合、「シャツを1枚買おう!」と探し回るときに、白にしようか?黒にしようか?という色の問題は、パーソナルカラーがオータムなので黒は似合う(暗い色は得意)ということが分かっています。

似合う条件をちょっと知っていれば、商業施設の1フロアに何千~何万とある商品の中から絞り込むことができ、おそらく10分の1くらいの労力で済むようになります。

似合う条件を知るためには、もちろん

  • 骨格診断
  • パーソナルカラー診断

です。

自分のタイプを知ると満足する服を、簡単に見つけやすくなります。

ご相談❷ お手入れしやすく動きやすい服で、おしゃれに気を使ってる感を出すにはどうすれば?

お手入れしやすい服=「家で洗える」ということ。

家で洗えるというのは、服を買う大事な条件です。

例えばシルクといったデリケートな素材は洗えないことも多く、着ることにためらいがちです。あまり着ないうちに流行が過ぎてしまうこともしばしば。

すると、「手放すにはもったいない、あまり着ていないし、高かったのに…」とタンスの肥やしになりがちです。精神的にもよくありません。

高い服がコスパが悪いのではなく、家で洗えない服だからコスパが悪いのです。

いまはシルクでも洗えるものがあります。あまり躊躇せずに中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)で手洗いしましょう。

ちなみに私の場合、シャンプーでニットなどを洗うことがあります。

シャンプー=毛を洗うもの。ならばニットも獣毛だから洗えるじゃん!という考え方から、使わなくなったシャンプーやお店でもらったサンプルでニットを洗うのです。洗い上りは、ふんわり・きしまず・しっとりして・なかなかです。

もちろんジャケットやスーツ、コートといった類の服はクリーニングに出すのは仕方ありませんが、着るたびに出さなくてもワンシーズン終わるときに出せば十分です。

いずれにせよ、汚れやすいトップスやボトムスは家でメンテナンスできるに限ります。

 

お客さまの背景・状況・ライフスタイルなど

お客さまのご相談の背景につきまして、

  1. 平日5日は職場、週末はほぼ毎週、近場の公園や児童館などに子供を連れて行く。
  2. 職場で着替えるため通勤着は比較的自由。Tシャツ、デニム、スニーカーといったラフな格好で通勤。
  3. 子供と過ごすことが多い
  4. 元々片付けが苦手。子供が生まれ忙しい日々の中で自分の時間が取れない。
  5. 服の整理整頓、管理が行き届かなくなっている。この状況をどうにかしたい!

とあります。

確かに小さいお子さんがいらっしゃると自分の時間が取りにくく、家の片付けも後回しになりがちです。

とはいえ子供を理由にしていても状況は解決できません。むしろライフスタイルを見直すチャンスです!

私の場合ですが2013年に子供が生まれて、夫婦でアパレル店員だったため増えた服の200着を手放し、今や夫婦あわせて30着程度の服で生活するまでになりました。

子育てを機にお金の使い方を考えるようになり、これまで自由に使えていた服飾費を抑えるために、ベーシックな服だけを持つようにしたところ、自然とミニマリストになっていたのです。

そのあたりの詳しい内容をお読みになりたい方は、こちらの記事もご覧ください。

なるべくしてなった私のミニマリストの経緯

 

ご提案(解決策)

お客さまのお悩みや背景を踏まえて、

ご希望を叶える解決策をご提案いたします。

*お客さまのこうありたい(ご希望)

  1. お手入れしやすく動きやすい服で、お洒落に気を使えるようになりたい。
  2. 自分に似合う服を理解して、自信を持って服を選べるようになりたい。
  3. 要らない服を手放し、少ない服で自信を持って過ごせるようになりたい。

ご希望❶お手入れしやすく動きやすい服で、お洒落に気を使えるようになりたい。

具体的な手段として、以下2つをご提案いたします。

  • 家で洗える服を買う(品質表示タグを確認する)
  • ベーシックな服を買う(着やすいTシャツ、シャツ、ニット、パンツ、スニーカー、ローファーなど

ベーシックな服は時代を感じにくく、流行に左右され難いため、長く使えます。

またこれまで永続的に存在するには理由があります。合わせやすく機能的なため、どなたにも着やすいという点が普遍的であるから、ベーシックアイテムは支持されるのではないでしょうか。

ちなみに、

  • なんとなくいまいち
  • おばさんっぽい
  • 野暮ったい

という理由の一つに、”古い服”ということがありますが、古い服=流行おくれ、だからこそタイムレスなベーシックアイテムを活用すると良いのですね。

なお、ベーシックアイテムを年齢を重ねるにつれて良いものへとアップデートしていくことも大切だと思いますし、年齢を重ねることの楽しみにもなるのではないでしょうか。

 

ご希望❷自分に似合う服を理解して、自信を持って服を選べるようになりたい。

具体的な手段としては、パーソナルカラー診断と骨格診断でお客さまのタイプを明確にし、ご理解いただくということです。

当サロンでは診断結果であるパーソナルカルテをお渡しして、後日でも確認しやすくしております。また迷ったときはいつでもLINEで相談をお寄せいただくことができます。

  • ステップ①ーパーソナルスタイル診断(パーソナルカラーと骨格タイプを知る)
  • ステップ②ー診断結果のカルテを参考に服を選ぶ
  • ステップ③ー迷ったときは永久保証のアフターフォローを活用する

これにより、自分に似合う服を理解し、自信をもって服を選ぶことにつながっていきます。

 

ご希望❸要らない服を手放し、少ない服で自信を持って過ごせるようになりたい。

要らない服を断捨離するためにすべきことは、ご自身のライフスタイルに合わせて一番素敵なコーディネートを作ってみるということ。

このとき、明らかに似合わない色や服の形があれば、いったんクローゼットの隅っこに待機させます。そして数か月着ない服は徐々に断捨離していくと良いでしょう。(新しいものを購入して代替品を手に入れてからで可)

妥協せずに「これが欲しい!これが必要!」と思える服を探すための前準備としても、クローゼットの服がどのくらい使えるのかをテストします。

その結果、「こんなに不要な服を持っていたんだ。。」とがっかりするかもしれませんが、現状を知り、今後必要なものを洗い出すことです。

がっかりするということは重要です。なぜなら次に新しい服を買うときは、すぐに買ってはならない!ということが身にしみて分かるからです。

さて、手持ちの服の中で素敵なコーディネートを作りましょう。1つ出来たら十分です。良くても2つくらいしかできないものだとお考え下さい。

1番のコーデが出来たら人間、案外、満足します。ほかのコーデは1番と比べると2番になるので、気持ちがあがりません。結果、毎日おなじような服で満足するようになります。これが自信にもつながります。

つまり、今あるクローゼットの服でコーディネートの研究をすることで

  1. 自分に似合う服の条件
  2. 断捨離すべきもの
  3. 次のお買い物で買うべきもの

が明らかになります。

 

診断事例のご紹介

*お客さまのライフスタイル

  • 平日5日は職場、週末はほぼ毎週土日どちらも近場の公園や児童館などに子供を連れて行っている
  • 職場で着替えるため通勤着は比較的自由。Tシャツ、デニム、スニーカーといったかなりラフな格好で通勤してる

*お客さまのパーソナルカラーと骨格タイプ

  • サマー×ウェーブ

いまは8月と猛暑のため、Tシャツスタイルが必須ですね。

  • ハイウエストのアンクル丈テーパードデニムで、軽やかに。
  • バレエシューズといったペタンコ靴なら通勤も楽。

お仕事帰りに保育園のお迎えに行き、そのままスーパーに行くといったイメージのスタイルです。

こちらをさらに動きやすくスニーカーにしたのが、こちら。

週末、公園に行くスタイルなら、こんなイメージでも良いですね。

続いて軽羽織。

肌寒くなってきたら、コートを羽織る前段階として、こういったちょっとしたジャケットがあると便利。

肩パットが薄く、芯地(ジャケットの形を保つ芯)も薄いことから、ウェーブタイプに似合いやすい軽やかさがあります。

夏から秋にかけて季節の変わり目に着るものがない!とおっしゃる方は多いです。そして着るものがないからとりあえずカーディガンを羽織るという方が多いのですが、ジャケットのほうがおしゃれですよね。

カーディガンもジャケットも同じ類の軽羽織です。どちらがおしゃれに見えるかは一目瞭然ですが、あなたなら、どちらを羽織りますか?

ジャケットをクリアすることここが、おしゃれに見えるか否かの境目になります。

続いてはスカートスタイル。

  • 前ボタンを上まで閉じたノーカラーのシャツ。
  • マーメードスカート。

どちらもウェーブの方におすすめアイテム。

襟のあるシャツが苦手な方にも、ノーカラーシャツでソフトにすると素敵です。

薄手の綿麻素材のシャツ。Tシャツではラフすぎる、ブラウスではエレガント過ぎる、といったときに便利なアイテムです。

お子さまの保育園のクリスマス会、お遊戯会、発表会などに、いかがでしょうか。

 

お客さまのご感想

鶴田様

こんにちは。
昨日はありがとうございました。

早速、〇〇〇のデニムなど、おすすめしてもらった洋服を買ってきました。

診断でドレープを当てたり実際に洋服を着ることで、自分に似合う色や服の形が理解できました。これでクローゼットに眠っている昔の洋服を躊躇なく捨てられそうです(笑)

また、秋冬服について相談させていただくかもしれません。
今後もよろしくお願いいたします。

 

まとめ

今回のお悩みは、

  1. 自分に似合う色や形がわからない。
    ・毎回服を買うのに時間がかかる
    ・なんとなくで買ってしまい満足しない
  2. お手入れしやすく動きやすい服で、おしゃれに気を使ってる感を出すにはどうすれば?

 

解決策として、

  1. 似合う色や形は、パーソナルスタイル診断を受けて解決。
  2. おしゃれに見える服は「ベーシックアイテム」。

ベーシックな服がタイムレスで、普遍的、長く愛される理由から、どなたにも着やすく美しいものであるということが言えます。

ベーシックアイテム、

普通の服を買ってますか?

ベーシックの美しさを見直してみて下さい。

普通さに不安を感じる方は

何かを誤魔化そうとしているのかもしれません。

普通なものほど美しくおしゃれに見えます。

普通なものほどその人らしさを前に出します。

ゆえに、自分を誤魔化せないアイテムでもあります。

ですが、品の良さがあるのです。

 

ファッションで自己表現する

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声250件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。