パーソナルカラー診断/骨格診断 埼玉県大宮区

似合う服で自分に自信が持てる

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

お申し込み・ご相談

16タイプパーソナルカラーとパーソナルカラー12タイプの違い

2022-10-18

パーソナルカラー16タイプ

4シーズン分類とは

パーソナルカラーで良く知られた4シーズン分類は、色の「三属性(色相・明度・彩度)」に加えて「清濁」の属性を踏まえた分類法です。

パーソナルカラー診断で重要な4つの属性

  1. 色相(ベースである黄み・青み)
  2. 明度(明るさの度合い)
  3. 彩度(鮮やかさの度合い)
  4. 清濁(澄んだ色・濁った色)

各シーズンは上記4つの属性の主な特徴によってグルーピングされていますが、他のシーズンと共通する特徴が混在しています。

例えば色相であれば黄みはスプリングとオータムで共通しており、明度であれば明るい色はスプリングとサマーで共通しています。

その方が持つ4つの属性の重要度や割合は人によって違うため、4シーズン分類では当てはめきれない方が出てくることになります。

つまり1つのシーズンにぴったり当てはまる方もいれば、いくつかのシーズンの特徴を持つ方もいらっしゃるということです。

4シーズン分類は、ほとんどの方に当てはまる色の要素を分類したもので、どの方にも必ず軸になるシーズンがあるのは事実です。よって十分にイメージアップを図ることは可能です。

とはいえ、同じイエローベースの方でも非常に黄味が強い色が似合う方もいれば、そこまで黄みが強くない(淡い)色が似合う方もいらっしゃいます。

これはベースだけではなく、明度・彩度・清濁についても同じことが言えます。

よって、よりパーソナルな色選びをするためには各4つの属性をその方に合わせて調整したり選択したりすることが重要になってきます。

パーソナルカラーの流派によって分類の仕方が異なるのは、このような背景により4つの属性の線引きが違うからです。

ですが基本的には色の三属性(色相・明度・彩度)と清濁を考慮した診断であることに相違はありません。

16タイプパーソナルカラーとは

16タイプパーソナルカラーとは、4シーズンをさらに細かく4つに分けた分類です。

  • 春×4(Light / Bright / Vivid / Warm)
  • 夏×4(Light / Bright / Muted / Cool)
  • 秋×4(Strong / Deep / Muted / Warm)
  • 冬×4(Clear / Deep / Vivid / Cool)

=計16タイプとなり、その主な分け方は「トーン」による分類法です。

トーンとは明度や彩度を考慮した「色の調子」をいい、端的に言えばPCCSトーンシステムにある色相環の種類(トーン)によって似合う色を提案しています。

16タイプあれば1つのグループの色が少なくなりますが、こちらの診断法はファーストシーズンと別のシーズンから必ずセカンドシーズンを診断します。

4つに当てはまりにくいパーソナルカラーを細かくして組み合わせることで、パーソナルな提案ができるようになります。

とはいえ、StrongとClearには共通シーズンがないことと、VividとStrong、BrightとClearの意味合いがそれぞれ似ていることから、線引きが曖昧で分かりにくい部分があると感じます。

パーソナルカラー12タイプとは

パーソナルカラー12タイプには、いくつか流派があるようですが大まかに言うと4シーズンの属性がほかのシーズンと共通する特徴によってグルーピングする分類法です。

  1. Light
    ①ライトスプリング②ライトオータム
  2. Deep
    ③ディープオータム④ディープウインター
  3. Soft
    ⑤ソフトサマー⑥ソフトオータム
  4. Clear
    ⑦クリアスプリング⑧クリアウインター
  5. Cool
    ⑨クールサマー⑩クールウインター
  6. Warm
    ⑪ウォームスプリング⑫ウォームオータム

パーソナルカラー12タイプはパーソナルナルカラーのイエベ・ブルベの属性に強く影響されないよう、色の三属性(色相・明度・彩度)を公平に分析し、ピンポイントに似合う属性に焦点を当てるという特徴があります。

この分類法は主要な特性が【明らかに1つある場合】には、うまく機能しますが、そうでない場合は4シーズン分類のほうが良い面があります。

4シーズン分類と1つの特性に当てはめる分類である12タイプ、これらは相互に補完するほうがよいと考えています。

当サロンの分析方法

当サロンのパーソナルカラー診断は4つの方向性(direction)「色相・明度・彩度・清濁」をそれぞれ分析して、どの属性がその方にとって重要なのかを見極めてから4シーズンを導き出す、4Dパーソナルカラー診断法です。

お客さまによっては4シーズンに当てはまりにくい方もいらっしゃいますので、軸になる4シーズンの季節を診断し、その方に合わせて属性を調整する方法をお伝えしています。

つまり【4シーズン分類】と【1つの特性に当てはめる分類】を【相互に補完】するシステムを採用しています。

パーソナルカラー診断に一番大切なこと

4つの方向性(direction)である「色相・明度・彩度・清濁」のうち、

  • どの属性が得意・不得意なのか?
  • その度合いや調整方法は?
  • あまり考慮しなくても良い属性は?

このようなことが説明できれば問題ありません。

タイプ分けに落とし込むほうがお客さまにとって分かりやすい側面もありますが、逆に色の選択肢が狭くなったり似合う色や好きな色を見落としたりしてしまう懸念もあります。

つまるところ色選びはタイプ分けがゴールではなく、得意・不得意加減とその理由が分かればよいのです。

パーソナルカラー診断はシンプルに、4つの方向性(direction)「色相・明度・彩度・清濁」を正確に分析することが大切であると考えます。

CATEGORY : 

Contact

Access

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休

お申し込み・ご相談