パーソナルカラー診断/骨格診断 埼玉県大宮区

似合う服で自分に自信が持てる

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

お申し込み・ご相談

そもそもイメコンとは?「イメコンくささ」と「おしゃれ」との違いなど。

2022-11-03

巷で流行のイメコン。

そもそもイメコンって何でしょうか?顔診断をともなう、自分に似合うファッションを探すコンサルティングとも言いましょうか。

ファッション業界が提案するおしゃれは決して似合うことにこだわるものではありません。

ではその違いとは何でしょうか?

イメージコンサルティングとは?

イメコンとは パーソナルスタイルデザイン

イメコン、つまりイメージコンサルティングは、コンサルタントがクライアントの目的に合わせて、職業やライフスタイルにふさわしい服装(ファッションスタイル)、ヘアースタイル、メイクアップ、カラーコーディネート、表情、姿勢、立ち居振る舞い、歩き方、話し方、マナーなど、トータル的に最適なパーソナルブランディング等を行うことで、。 装いをベースとした高度な印象管理術とパフォーマンス術とも言われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88

イメージコンサルタントは、もともとアメリカで広まった職業でありますが、そのきっかけとなったのが1960年のアメリカ大統領選挙です。

ベテランのリチャード・ニクソンに対し若手のジョン・F・ケネディが出馬した大統領選で初テレビ討論会が行われましたが、その様子はパーソナルカラーの歴史でも良く語られます。

https://plus.chunichi.co.jp/pic/534/p1/5770_0_01.jpg

当時のテレビはモノクロの時代でしたので、当然モノトーンの色しか表現できません。

ニクソン氏はグレーのスーツ姿で少しぼんやりした印象に対し、ケネディ氏は黒と白のコントラストがきいた配色、若々しいスタイルの良さ、立ち振る舞いや話し方などのイメージ戦略が功を奏し、無名に近い立場から多くの支持を獲得したと評価されています。

以降、政治家や経営者など公に人前に出る人にイメージコンサルティングが求められるようになり、いまではSNSの普及も後押しして一般的にもイメコンの人気が増えています。

ただし流行りのイメコンは以下のように顔や見た目のビジュアルに特化したものが多いのですが、

  • パーソナルカラー診断
  • 骨格診断
  • 顔診断
  • ファッションテイスト(系統)診断
  • パーソナルデザイン診断 等

一方で公人に対する本格的イメージコンサルティングは、パーソナルカラーや骨格診断、ヘアメイクといったファッション的なアドバイスだけでなく、立ち振る舞い、話し方、マナー、考え方など、内面も含めた総合的なコンサルティング内容というところに相違があります。

イメコン業界のスタンスは「似合う」

いま巷で流行っているイメコンとは、

  • パーソナルカラー診断で似合う色
  • 骨格診断で似合う服
  • 顔診断で似合うファッション系統

自分の顔色・体型・顔立ちから「似合うファッション」を導く方針です。

主な目的は自分とファッションを「調和させる」ことであり、似合うファッション=おしゃれという立場を取られていることが良く分かります。

当方はファッション業界出身という立場上、似合うファッションが必ずしもおしゃれになれるかといったら、そうではではないと考えています。

「似合う」≠「おしゃれ」

似合うノットイコールおしゃれである。

ファッション業界のスタンスは「流行・おしゃれ」

ファッション業界のスタンスは調和や似合うに固執しません。

むしろ顔立ちがフェミニンだからこそ辛口ファッションがおしゃれに感じる、そう「ミックス」が流行なのです。

例えば佐々木希さんがフェミニンなファッションをされると予定調和です。普通に可愛いで終わりますが、

メンズライクなスーツを着ると辛口な服に華奢な骨格が包まれて、逆に色気が際立ちます。

「この方はフェミニンだよね、そうですよね、分かります」で終わらずに、「なんか魅力的、もっと知りたい!」と興味を増幅させるような対比があること。これが調和ではなくミックスです。

おしゃれなのは、こういった時代の流行であるミックス感を程よく取り入れることが必要です。

ファッションに悩む方の目的が、似合うファッションをすることなら良いのですが、目的がおしゃれになりたい!のであれば、「似合う」をゴールにしたイメコンでは達成できません。

おしゃれになるという目的のために、なにを手段にするのか?よくある典型的な、目的と手段が入れ替わる悪いパターンにならないようにしてください。

  • 目的:似合うファッションをしたい!➡イメコン業界的スタンスの診断
  • 目的:おしゃれな人になりたい!➡ファッション業界的スタンスの診断

目的のための手段選びは的確にしなければなりません。

流行とは?流行はどうやって作られるのか

いわゆるファッションの流行は大まかに言うとパリコレクションから作られます。

パリコレは年に2回、メンズレディース共に春夏コレクション、秋冬コレクションとして、それぞれ1年半前に発表されます。

時期早々に次のファッションはこう言った感じのものはどうでしょう?と各トップブランドのデザイナーがパリコレで発表し、それを我々の市場にアパレル業界が落とし込んでいくという流れです。

一昔前のパリコレは奇抜なものも多いイメージでしたが、最近はリアルクローズ(つまりリアルに着られるデザイン)が主とした流れにあります。

この流れはファッション業界に浸透したサスティナブルが根底にあると考えます。例えばステラマッカトニーは早くからエコレザーしか使わないモノづくりの立場をとってきました。

https://monobank.jp/wp-content/uploads/2021/04/%E3%82%B4%E3%83%9F.jpg

また人々の気分も安いものを大量消費することに飽き、良いものを長く使いたいという考えを多くの人が持つように変わってきています。

1点を大切に着て行こうという流れはクラシカルなアイテムとフィットします。今の時代の流行はクラシカルです。

ファッションの歴史であるクラシカルなアイテム(つまりベーシックなアイテム)、メンズライクな着こなしを提案するセリーヌを見てもわかります。

2019年からセリーヌのデザイナーがエディスリマンに変わり、メンズ感のあるファッションやパリジェンヌ感を提案し、クラシカルなファッションブームに影響を及ぼしました。

https://www.fashion-press.net/img/news/87648/CELINE_22WINTER_WOMEN_008.jpg

流行はトップデザイナーたちが今の時代の空気感を投影した洋服を提案し、人々が取り入れることで浸透していきます。

そのため流行は、時代や人々の意見がリアルに映し出されています。

流行は関係ないと思っていたとしても、実は私たちとは切っても切り離せないものなのです。

「流行の服」と「イメコンくさい服」との違い

そして今の流行は「相反するもの」がおしゃれに感じる、意外性を求める時代です。

そんな中でイメコンくささのあるファッションが、どうもおしゃれに感じない、平均的な感じがするというのはイメコンは「似合う・似たもの・調和」を重んじるからにほかなりません。

大まかに言うと、

  • 顔診断のクールカジュアルタイプなら、クールカジュアルな服が良い。
  • ソフトエレガントタイプなら、ソフトエレガントな服が調和する、似合う。

イメコンには上記のような提案が大枠にあるため、イメージの固定化された個性のない服となってしまっています。これがイメコンくささの理由です。

流行はパリコレの流行発信をもとにエッセンスが作られ、そのエッセンスをある人を通して、洗練された都会的な着こなしに着地したり、個性のあるファッションに着地します。

通常このような行為こそが、「スタイルのある人」、「個性のある人」、「その人らしさ」、「素敵」に映ります。

つまり、

  • 目的:似合うおしゃれをする➡手段:イメコン業界の診断➡結果:似合う服を着る、イメコンくさいファッション
  • 目的:おしゃれな人になる➡手段:ファッション業界的立場の診断➡結果:おしゃれな人になる、流行・洗練・個性的ファッション

当サロンの診断のスタンスは「ファッション業界的」

私はアパレル業界に17年超、従事したことでファッションという考え方が軸となったコンサルティングを行うスタンスです。

当サロンは顔診断を行いませんが、それはこの立場をとっていることにほかなりません。

顔診断は要らない|パーソナルスタイリスト鶴田淳子
noteサイトより

https://note.com/fashionstyle/n/n3cfb1ddc254chttps://note.com/fashionstyle/n/n3cfb1ddc254c

ファッションは人生そのものでありますから、自分次第でいかようにも変身できるわけです。
が、顔の形は変えることに難しい面があります。
もちろんメイクで眉毛の形を変えたり、ひげを生やしたりといった雰囲気を変えることはできますが、おおもとの形は整形でもしない限り難しいもの。
目や鼻、口、頬骨の高さ、耳の形、、こういった自分だけの形をわざわざ診断する必要がどこにあるのでしょうか?
顔診断をするとコンプレックスが生まれてしまうのではないかと、懸念しています。
顔の形でファッションが決まるはずがありません。(ファッションは人生ですから、顔で人生が決まるわけない)

今の時代はジェンダレス。パリコレでは男性的な端正な顔立ち骨格をした人がフェミニンなドレスを着たり、その逆もしかり。そのような意外性が流行、やはり調和ではなくミックスです。

男性的な人が女性的な要素を取り入れたり、女性的な人が男性的な要素を取り入れた「中性的な雰囲気」がいまの時代背景にもフィットしています。

https://www.fashion-press.net/img/news/91159/renoma_22-23aw_003.jpg

ジェンダレスファッション、エシカル消費といった世の中の社会的状況を踏まえた装いをするということは、時代に合わせたおしゃれができる、今の時代に生きている、世の中を知っているセンスを持った人。

そんな人こそ、おしゃれにみなぎっていると感じます。

よって当サロンのご提案内容は、

  • パーソナルカラー診断、骨格診断で似合う方向性を見極め、
  • 流行を鑑みたファッションを提案し、
  • 独自のメソッドで似合うファッション系統をご案内しています。

つまり当サロンの特徴は、

  • イメコンくささではなくファッション業界的立場を取る
  • ファッションの歴史であるクラシカルなアイテムを土台にした旬の着こなしを提案する
  • お客さまのライフスタイルや想いに寄り沿ったリアルなファッションを提案する

総じて、時代の空気感に合った役に立つミニマルな提案をすることをモットーとしています。

CATEGORY : 

Contact

Access

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休

お申し込み・ご相談