診断事例

【パーソナルカラー診断事例集】ウィンターの診断基準とは?

【パーソナルカラー診断事例集】ウィンターの診断基準とは?

パーソナルカラー診断の代表的なものに、4シーズン分類があります。

4シーズン分類は、お似合いになる色の方向性を4つの季節(春・夏・秋・冬)のイメージに分類したものです。

4シーズンの分類方法は、主に色の要素である

  1. ベース
  2. 彩度・清濁
  3. 明度

の組み合わせからグルーピングされます。

今回はウィンターの診断基準について解説いたします。

ウインターの特徴

パーソナルカラー ウインターパーソナルカラー ウインターパーソナルカラー ウインター

クールで、クリアで、強い色

  1. ベース:ブルーベース(クール)
  2. 彩度:高彩度/低彩度・清色(ブライト)
  3. 明度:低明度(ディープ)

冬の冷たい空気に映えるパキッとシャープな色―。

最もクールな寒色系のイメージです。

 

ウィンターの診断基準①ベースカラー

ここでいうベースカラーとは

  • ブルーベース
  • イエローベース

どちらのお色が似合うか?というものです。

ウィンターがお得意なのは、ブルーベース。

ブルーベースを纏うと

  • スッキリして見える
  • 色白に見える
  • 透明感が出る
  • 洗練して見える
  • 目鼻立ちくっきり

といった反応が現れ、魅力が増します。

 

ウィンターの診断基準②彩度・清濁

ウィンターは高彩度・低彩度どちらもお得意です。

高彩度のドレープを当てれば、

  • 目鼻立ちがくっきりする
  • 鮮やかに華やかに見える
  • 肌の色が強く見える
  • 存在感がある

低彩度のドレープを当てれば、

  • お顔がスッキリ見える
  • 肌が均一に見える
  • 透明感がある
  • おしゃれな感じがする
  • 品が良く見える

と高彩度・低彩度ともに魅力的な印象を感じさせます。

また清濁分析においては、ウィンターがお得意なのは清色です。

  • 肌がつややかに見える
  • 肌にハリが出て見える
  • 明るくトーンアップする
  • 顔の輪郭がくっきりと見える
  • 華やかに見える

といった印象を感じさせます。

 

ウィンターの診断基準③明度

ウィンターがお得意なのは、低明度です。

低明度の色をお召しになると

  • 目鼻立ちがくっきり見える
  • 濃く艶やかに見える
  • シックで大人っぽい印象
  • シャープに見える
  • 顔が小さく見える

という印象を与えることが出来ます。

 

ウィンターの診断事例

以下では、当サロン「song bird」にお越しくださったお客様の中からウィンターと診断されたお客様の診断事例を掲載いたします。

I様の診断事例

パーソナルカラー ウインター
【パーソナルカラー診断事例】ウィンター・I様埼玉・大宮に店舗を構えるパーソナルサロン「song bird」にお越しのお客さまのパーソナルカラー診断事例を掲載しております。今回はウィンターと診断いたしましたI様のケースを掲載いたします。...

【パーソナルカラー診断事例】ウィンター・I様

M様の診断事例

【パーソナルカラー診断事例】ウィンター・M様埼玉・大宮に店舗を構えるパーソナルサロン「song bird」にお越しのお客様のパーソナルカラーの診断事例。今回はウィンターのお客様です。...

【パーソナルカラー診断事例】ウィンター・M様

美しい装いのサポート
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

おひとりお一人、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声190件を超えるファッションコンサルタント鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にしたい―

これをモットーに、誠心誠意お伝えさせていただきます。