ファッション哲学

自分に自信を持つために―。自分を大切にする方法。

自分に自信を持つために―。自分を大切にする方法。

自分に自信がない
  • 自分に自信がない
  • ファッションセンスに自信がない

という方へ。

自信がないと自己評価が下がってしまいます。

自分に自信を持ちたい。という時に持っていただきたいマインドや行動を3つご紹介します。

自信がないときに、やるべきこと

  1. 人と比べず自分を大事にすること
  2. 小綺麗な装いをすること
  3. 自分の良さを知ること

おしゃれで自信を持ちたい!という方にもおすすめの、パーソナルスタイリストが日々思う、【基本のき】です。

 

そもそも「自分に自信がない‥」という方は多い

「自分に自信がない‥」というお悩みは、これまでも何百件と沢山にお伺いしてきました。

そのくらい沢山に、いらっしゃいます。

お客さまのお悩み例

主な悩みは【自信がないー】

  • ファッションを見直すことで、自分に自信が持てるようになりたい
  • 自分にもっと自信を持ちたい
  • 自分に自信が無いので自分に自信を持てるようになりたい
  • 顔や体型に自信がない
  • 写真に写る自分がいつも不細工で自信をなくす
  • 自信をもって外を歩いたり、服やメイクを自分らしく楽しむためのアドバイスが欲しい
  • 自分の外見や内面を見つめて自信になればと思う
  • 自分には何が似合うのかわからず、いまいち自身が持てない。
  • 私はこれが似合う!と自信を持ちたい
  • 自信のない自分を少しでも変えられたら

…&more

そして、このようなお悩みを持つ多くは、小さなお子さまの子育てをする30代~40代や、40代以降~60代のエイジング・大人世代の方々が多い印象です。

  • 子ども中心の生活だが一度立ち止まり、自分の事を見直してみたい
  • 若いころとは違って、もう着れないなと思う服が増えてきた
  • 今年50代になるので、年相応の服装や自分に合った服装を知りたい

など、ライフスタイルの変化などで、ご自身の事を見直す方が多くいらっしゃいます。

そして、

  • 自分を知りたい(似合う色や似合う服は何か?)
  • しっくりこないを脱却したい
  • 新たに買う服の基準を知りたい

などといった望みを持って、当サロンのカウンセリングへお越しいただきます。

自信を持ちたいから、似合うものを知りたい。

という方は多いのですが、実は骨格診断やパーソナルカラー診断を受ける、受けない関係なく、持っていただきたいマインド(心得・考え方)があります。

極論このマインドがあれば骨格診断やパーソナルカラー診断を受けなくても、自信を持つことはできると思います。

 

まず第一にするべきことは、”人と比べない”こと。

人と比べないことです。

人と比べると、つい自分の悪いところが目について自己評価を低くしてしまいます。

人のことはどうでもいいと考えて、気にしない・見ないことです。

それよりも自分の良さに目を向けます。とはいえ自分に自信がない時は、自分の良さなんてわかるはずもありませんよね。

自分の良さがわからないと感じるときは、まず自分を大事にします。まるで小さな子供や小動物の頭を撫でてあげるかのように、自分を可愛がります。

つまり自分を思いっきり甘やかし、好きな食べ物を食べたり、健康に気遣って体をいたわったりしてあげるのです。

具体的な行動としては、髪の毛を整え、顔を洗い、化粧水をたっぷり含ませて、やさしくクリームを塗りましょう。

また、好きなことをしたり、ご褒美に何か買ってあげたり、少しの贅沢もいいでしょう。そして部屋の掃除をして、身も心もスッキリします。

そうこうしているうちに行動力が出てきたら、本屋へ行ったり、行きつけのカフェに行くのもいいでしょう。この機会にお気に入りの場所を見つけるのも楽しそうです。

少しの変身には、美容室に行ったりでもいいでしょう。

こんなふう自分を大事に扱うと、卑下していた自分を少しづつ好きになっていきます。

自分に自信がないとき、

人と比べない。

そして自分を大事にする。

これに勝る方法はないと考えます

 

第二にやるべきことは、”小綺麗にする”こと。

おしゃれに自信がない方に、まずやっていただきたい【基本のき】は、小綺麗な格好をするこです。

おしゃれ云々のまえに、小ざっぱり、小綺麗な装いをすることが大切です。

小綺麗とは、

野暮ったさがないということです。

野暮ったいとは、その言葉のとおり、野で暮らす人(つまり田舎暮らし)のように都会の雰囲気に通じていない、服装や化粧などが洗練されていない様子です。(田舎暮らしの方を否定する意味ではありません)

まずは見た目的に服装や化粧を小綺麗にすることで、お洒落をしている。となります。

そしてそのお洒落をさらに磨いていくと、あか抜けているな、魅力的だな、となるわけです。

ですから、

野暮ったさのない小綺麗な装いをすることは、

お洒落の第一歩だと考えています。

 

第三にやってみるべきこと、”自分を知る”こと。

自分の良いところを見つけておしゃれに磨きをかけるなら、おすすめはパーソナルカラー診断や骨格診断です。

骨格診断やパーソナルカラー診断でご自身の特徴を知り、似合うものを身に付けた時の顔映りやスタイルの良さを体感すると、感動して心の何かが変わります。

そして、自分の良さを知ることにつながり、

自分は自分でいいんだ!という自己肯定感が高まります。

結果、自分らしさを取り戻すきっかけになります。

似合うものを身に付けている人って、素敵ですよね。似合うものと言うと、言葉が軽いのですが、つまり個性がある人、こういう人って魅力的です。

それは顔の形やスタイルが人よりも勝っているといったことは、全く関係ありません

顔やスタイルが整っている人を探せば、永遠に上には上がいます。

でも自分らしさと言う個性が表に溢れている人、キラキラと生き生きしている人は、そう沢山はいません。

私は顔やスタイルの造形など関係なく、個人個人がみな美しい存在だと思います。

ですから、あの人おしゃれだなぁと思う理由は、個性を大切にしているからだと考えています。

個性が溢れ出ていると言うことは、自分を大切にしている証拠ですね。

個性とは自分らしさであり、

自分の存在価値でもあり、

人と比べることでもなく、

ただただ愛おしい存在です。

 

まとめ

自分に自信がないと言う方は、3つのポイントを実践してみてください。

  1. 自分を大切にする。
  2. 小綺麗な装いをする。
  3. 自分の良さを知る。

第一に、まず自分を大切にしましょう。自分をたくさん甘やかしましょう。頭をなでてあげましょう。

第二に、髪の毛や眉毛を整えたら、ユニクロのワンピースでも着て小綺麗に出かけましょう。靴もきれいなものを新調すると良いですね。

第三に、骨格診断やパーソナルカラー診断で自分の良さを客観的に見てもらうのも良いきっかけとなるでしょう。

こうして自分を好きになることを思い出してきたとき、少しずつ自信を取り戻すことでしょう。

どんなときも、自分らしく生きていくほかありません。

結論は、自分を大切にするー。

これに限ると思います。

 

ファッションで自己表現する

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声250件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。