パーソナルカラー

パーソナルカラー自己診断は何故わからない?アナリストが解説

パーソナルカラー自己診断は何故わからない?

パーソナルカラーの自己診断ではわからないという方へ。

なぜわからないのか?その理由にカラリストがお答えいたします。

また記事の最後に、【自己診断チェック項目】もありますので参考にしてみてください。

 

理由①チェック項目に答えられないから

例えば自己診断サイトというのがありますね。

自分で肌の色や髪の色、目の色をチェックするというものですが、あれをやっても上手くいかないと、お客さまはよくおっしゃいます。

診断側がこんなことを申し上げると、『商売のために言っているだろう』と思うかもしれませんが、あのチェック項目はハッキリ言って難しいです。

なぜなら、こんな質問項目がありますね。

A:肌の色が黄みを帯びていて明るいか?

B:赤みを帯びてピンクがかっているか?

こういう質問にスムーズに答えらえる方が、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

Aとも言えるし、Bとも言える。どっちかなぁと悩ましいことはありませんか?

肌の色を測定する機械で測るならともかく、自分の肌が黄みを帯びているのか、ピンクがかっているのか、これはよくわからないと思います。

しかし面白いことに、私も試しにやってみるとまぁまぁ当たるんです。

『え?じゃぁ、自己診断できるんじゃないか』

『言ってることが矛盾してるぞ』

そう思われますよね?

いいえ、そうではありません。

これには理由がありまして、私の場合は自分のパーソナルカラーがオータムであるということをわかっています。

そして私は、自分の肌や目の色、髪色がどの基準に当てはまるか、わかっているのです。

  • 肌は黄みを帯びているほうである
  • 虹彩の色は黄み寄りで暗めである
  • 髪の毛の色は暗めのブラウンや黒に近い

自分のことが分かっているから答えやすい、だから当たるということですね。

ではどうすれば自分のことがわかるのか?ということですが、これは人と比べてみなければわかりません。測定器や明確な基準値がないのですから、経験値ということになります。

ですから、たくさんの人と比べた経験でもない限り、自己チェック項目は答えにくいというわけです。

 

理由②思い込みにより誤診につながるから

ちなみに私が診断をする際に、お客さまの肌の色や目の色、髪色を気にしたことはありません。

そういうことをすると、診断ドレープで顔色を見るのではなく理屈で判断してしまう可能性があるからです。

例えばお客さまの肌の色や髪の毛の色をチェックしたとしますね。

『髪の色が明るめの茶色で、肌の色が明るく黄みを帯びている。目もキラキラしているから、スプリングかも!』

と変に頭で理屈をつけてしまうんです。

そうするとどういうことが起きるか―。

スプリングかも?と思ってしまうと、本当にそう見えてしまうのです(脳が脚色する)。

これは誤診につながりますね。

しかも最近のお客さまは髪の毛を染めていますし、染めるのを繰り返して地毛よりもダメージになっている状態の方もいる。

そうすると、本来の髪の色や髪質というのは分かりにくい。

パーソナルカラー診断はドレープをあてた時の反応がすべてあり、それを脳で脚色せず素直に見ること。これがたいせつです

さて、お客さまが良くおっしゃる言葉です。

『肌の色が黄みがかっているからイエベだと思ってた!』

これが思い込みですね。

実際に黄みを帯びているお肌にイエベの色をのせると、黄みが強すぎて黄ぐすみするなんてこともあります。

この思い込みはデメリットを信じていることになりますから、要注意です!

そんなわけでパーソナルカラー診断はチェック項目よりも、ドレープをあてた時の顔色の変化を見るのが一番というわけです。

 

理由③同じシーズンでも人それぞれだから

 

例えばオータムにも、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。

  • 明るめでソフトな色が似合う方(サマー寄り)
  • ソフトな色も悪くないけど、やや色があった方が良い方
  • 暗めな色が似合う方(ウインター寄り)
  • 鮮やかな色がとてもよく似合う方(スプリング寄り)
  • どれもさほど悪くない、色の影響(ダメージ)が少ない方

など、もうさまざまです。

あたりまえですね、人はみな違うのですから。

顔のくすみ加減、シミシワの加減、肌荒れの状態、クマなどのお疲れの状態でも選ぶべき色に違いが出ます。

あともう一つ加えるなら骨格です。

骨格タイプによってもお似合いになる色に影響を及ぼすことがあります。

以上、パーソナルカラーは奥が深く簡易チェックでは測りきれないことが多いということです。

最後にパーソナルカラー診断の簡易チェックを作りましたので、ご紹介いたします。

 

パーソナルカラー自己診断チェック項目

これらの項目に当てはまるようであれば、その季節の可能性が高いです。

参考にしてみてください。

 

イエベ・春

  • 淡い黄色やピンクといった明るい色が好き
  • アイボリーや明るめのベージュが好き
  • オレンジを身につけると褒められる
  • 濁った色や杢系は顔色が悪く見える
  • 暗い色やブルー系が苦手
  • 黒のトップスは重い感じがする
  • ショッキングピンクといった青みの強いピンクは強すぎる

 

ブルベ・夏

  • 寒色系の淡くソフトな色が好き
  • ネイビーやブルー系は顔色がすっきりする
  • ラベンダーが似合う
  • トップスは黒よりグレーを良く買う
  • ミルクティー色やくすみ系のピンクは褒められる
  • 黄色やオレンジが苦手
  • 原色系のはっきりした色は強すぎる

 

イエベ・秋

  • パステルや青みが強い色は苦手
  • 白はあまり似合っていない気がする
  • 真っ白よりオフホワイトやアイボリーが得意
  • ボルドーを着ると褒められる
  • 緑が好き
  • ネイビーよりは黒や茶色を良く買う
  • トレンチコートのベージュは得意なほう

 

ブルベ・冬

  • カラシ色などくすみカラー、イエベの色が苦手
  • 黄みのピンクやオレンジのアイシャドウは浮く
  • 淡いベージュは地味に感じる
  • 白×黒の太いボーダーTが似合う
  • シルバーアクセサリーが好き
  • モノトーン×柄物、白×青といったコントラストが得意
  • 濃いピンク(紫がかった)は褒められる

 

 

ファッションで自己表現する

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声250件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。