ファッションの考え方

ジェンダーレスなファッションが素敵な理由

ジェンダーとは?

ジェンダーとは何でしょうか?

生物学的性差のセックスとの違いを確認しておきましょう。

  • セックス
    生物学的性差。生まれながらして持っている性のこと
  • ジェンダー
    社会的・文化的性差。社会が作り上げた性のこと

一般社会の大多数は、スカートとパンプスを履いている人は女であると認識します。

このようなジェンダー規範と自分の身体の性とで表現が異なる方をトランスジェンダーと言います。

現代を生きる我々は、

  • 「生まれながらにして持った性(セックス)」と、
  • 「社会が作り上げた性(ジェンダー)」

この両方を考えることが必要な時代ではないでしょうか。

身体という性は女だけどジェンダーという性はどうありたいかを考えると、場合によっては男性らしく、場合によっては女性らしくありたいということもあり得るのです。

 

ジェンダーレスファッションのトレンド

ジェンダーレス ファッション

さて、最近注目されるジェンダーレスなファッションは、男性ファッションによる女性らしさの取り入れがメインです。

韓国の人気グループBTSに代表されるように、男性がメイクをしたりネイルアートを取り入れたりする中性的なビジュアルが多くみられるようになりました。

逆に女性がメンズライクなファッションをしたところで注目の的になるのか?というと、そうでもないように思います。

考えてみれば女性のファッションは、すでにジェンダーレスです。

例えばスーツやジャケット、パンツスタイル、メリハリのないユニセックスなシルエット、ミリタリーファッションなどがそうです。

メンズファッションにレディースを取り入れることは、ジェンダーという概念が世に浸透してきたタイミングに強くマッチしたのかもしれません。

 

常識にとらわれず自立することの大切さ

骨格ウェーブ かっこいい

社会的・文化的に作り上げられた性にとらわれず、これまでの常識を覆した昨今のメンズによるジェンダーレスファッションが素敵に映るのは、マイノリティだからだと考えます。

世になかったことを作り上げて引っ張っていくカリスマ性、リーダーシップ、個性の表現力などは、ファッションをけん引する人たちに必要な才能ではないでしょうか。

流行のエッセンスは「自立した人」が作り上げるものです。

それを真似る人が増えて伝染し、次第に広まることで流行となります。

そして流行として世に浸透すると、「自立した人」は同化することを嫌がり、また新たな流行のエッセンスを創り上げていくのでしょう。

自立するということは、世の中の常識にとらわれず、自分の中になる感性を大切に育み、素直に表現していくことなのかもしれません。

自分を持っている人は、少なからず素敵に見えます。

私もファッションのゴールに自立を目指したいと考えています。

その時に必要な知識として、自分と社会と服の関係をあらゆる方面から考え抜くことです。

  1. 【流行】
    消費を促す広告には操られない。消費の刺激になる流行を作る有名人やインフルエンサーを鵜呑みにしない。
  2. 【身体】
    服も身体(皮膚)と捉え、これまで生きてきた功績を書き込んでいると考える。服の選び方に責任と愛着を持つ。
  3. 【ジェンダー】
    女は女らしくあるべき、男服は男っぽくなるので避けるべきという考えを取り払う。中性的な魅力をもつジェンダーレスなファッションを目指す。
  4. 【哲学】
    服は生きざまが表れるもの。ファッションに必要な自らの思想や生き方、美意識、ミニマリズムといったファッション哲学を深堀りする。

今回はジェンダーを考えることの気づきを得たので、その備忘録と心から喜ぶファッションをするために以下を深堀ることを表明します。

ファッションをあらゆる角度から考える

  • 流行
  • 身体
  • ジェンダー
  • 哲学など

皆さんがファッションを考えるときに、何かお役に立てることがあれば幸いです。

 

ファッションで自己表現する

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声250件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。