パーソナルカラー診断/骨格診断 埼玉県大宮区

似合う服で自分に自信が持てる

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

お申し込み・ご相談

肩幅 広い 女子

【保存版】肩幅広い・がっちり女子に見せない5つのポイント

2022-04-30

【保存版】肩幅広い・がっちり女子に見せない5つのポイント

肩幅広い 女子

このようなお悩みはありませんか?

  • 肩幅が広くてイカツク見える
  • 華奢に見せたい

しかし多くの方は本当に肩幅が広いのではなく、広く見えているということも。

まずは、肩幅が広く見える原因について確認してみましょう。

肩幅が広く見える原因

肩幅が広く見える原因は、このようなことが考えられます。

  1. 肩が健康的でしっかりしている
  2. バストのハリがあり高身長である
  3. ウエストが華奢で、いかり肩である
  4. 二の腕にハリがある

4つの原因について以下にご説明していきます。

1.健康的でしっかりした肩

肩のフレームに、しっかりとした骨太感があるため、「昔、水泳やってた?」と聞かれることも、しばしば。

骨格で言うと、ナチュラルタイプに多い傾向があります。

2.バストにハリ+高身長

肩幅が広いわけではなく、バストにボリュームがあることで上半身がガッチリ見えるタイプです。

前後の厚みがあるためジャケットなどで肩を構築的にすると、必要以上にたくましく見えることも。また、高身長の場合たくましさが更に強調されます。

3.ウエスト華奢+いかり肩

こちらは骨格ウェーブタイプが肩幅が広く感じるときの、よくあるパターンです。

実際に肩が広いのではなく、ウエストが細く華奢なため、その対比で肩幅が広く見えてしまうのです。

4.二の腕にハリ

実際に肩幅広いというよりは、二の腕の筋肉が横に張り出すために、肩幅(横幅)があるように見えているだけ。

骨格ストレートタイプの肩幅が広く感じる原因に多くみられ、二の腕のハリ、バストの厚み、上重心といった特徴により更に強調されます。

これらの4つの原因から、実際に肩幅が大きいのではなく「大きく見えているだけ」ということが分かります。

つまり肩幅を必要以上に広く見せないようにすればよいのです。

肩幅を強調しない着こなしポイント5つ

続いて肩幅を必要以上に広く見せないために、肩を強調せず美しく見せるポイントを5つご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

  1. 胸元をスッキリ開ける
  2. 肩を必要以上に広げない
  3. ドロップショルダーを活用する
  4. ストールを活用する
  5. ボトムスの裾幅は広めにする

以下に詳しくご説明いたします。

①胸元をスッキリ開ける

胸元が詰まったトップスはデコルテが覆われてしまい重く見えます。すると、がっちり見えがちです。

肩幅 広い 女子

※暗めな色では、さらに重く見えがちに。

Vネックやシャツの襟を開けるなどしてデコルテを縦にあけるとスッキリします

肩幅 広い 女子

◆ポイント

  • 胸元が詰まっているとがっちり見えがち
  • デコルテを縦に開ければ肩幅が強調されない

②肩を必要以上に広げない

横に広く開いたボートネックを着ると目線を横に広げる視覚効果によって、余計に肩が広く見えてしまうことがあります。

肩幅 広い 女子

特に首元が詰まった黒いトップスは、肩のラインが横一直線に強調されてしまいます。

また肩パッドがしっかり入った構築的なジャケットも、必要以上に上半身をたくましく見せかねません。

肩幅 広い 女子

ジャケットの肩幅は狭め、かつ肩に沿うような柔らかいディテールを選ぶようにしてみてください。

◆ポイント

  • 肩のラインを横一直線にしない
  • 必要以上に横幅を出さないこと
  • ボートネック、肩パットしっかりジャケット、パフスリーブなどは避ける

③ドロップショルダーを活用

ドロップショルダーとは、洋服の身ごろと袖の繋ぎ目が肩より下に落ちているもの。

落ち感のあるドロップショルダーで肩に添わせるようにスッと落とすと、柔らかい印象になりますので、これを活用します。

肩幅 広い 女子

上記のようにドロップショルダーのシャツを肩のラインに沿わせて落とし、ボタンを開けてスッキリ見せると、肩幅の強調を防ぎます。

肩幅 広い 女子

柔らかく薄手の素材は華奢さが演出できます。

◆ポイント

  • ドロップショルダーで肩のラインをなだらかに
  • ボタンを開けて襟抜きするとスッキリする

④ストールも活用

肩幅 広い 女子

大判ストール(ショール)を覆うように羽織ると肩に斜めのラインができます。

斜めの線が肩のラインをなめらかに見せ、肩幅が広く見えるのを防ぎます。

◆ポイント

  • 大判ストールで肩のラインをなめらかにする
  • 肩のラインが斜めになればニットなどでも可

⑤ボトムスの裾幅は広めに

肩幅や上半身がガッチリ見える方のボトムスは、なるべく細身を避けましょう

なぜなら下半身を細くすると逆三角形(=▼)のシルエットとなり、錯覚で肩幅が強調されてしまいます。

上半身よりパンツの横幅を出すイメージが良いので、

  • ストレート
  • ワイドストレート
  • フレアー

あたりがおすすめです。

◆ポイント

  • 細いボトムスは逆三角形のたくましい骨格に見える
  • ストレート、ワイド、フレアパンツなどがおすすめ

まとめ

以上、肩幅が広いと感じる女性のお悩み解決のため、おすすめの着こなしを5つご紹介いたしました。

  1. 胸元をスッキリ開ける
  2. 肩幅を必要以上に横に広げない
  3. ドロップショルダーを活用する
  4. ストールを活用する
  5. ボトムスの裾幅は広めにする

これらの方法は当サロンでも実際に活用していますが、たいへん効果があると感じます。

とはいえ5つの方法が全ての方に有効かというと個人差があり、対策法は身長差や骨格タイプによっても違います。

当サロンのパーソナルスタイルコースでは、気になるボディバランスを調整しつつ、お似合いになる洋服の選び方をご提案しています。

似合う洋服の選び方や着こなし方を知りたいという方は、よろしければサロンメニューをご覧になってみてください。

サロンメニューはこちら→サロンメニュー

CATEGORY : 

Contact

Access

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

営業時間
10:00〜17:30
定休日
不定休

お申し込み・ご相談