勉強会・セミナー

ファッション勉強会~余計なものを削ぎ落し、モノゴトの本質を追求する~

ファッション勉強会~余計なものを削ぎ落し、モノゴトの本質を追求する~

2022年5月22日に行われたファッション勉強会(お茶会)へ、ご参加いただきました皆さま誠にありがとうございます。

ファッションセミナー

20代~50代の幅広い年齢層のお客さまにお越しいただき、和気あいあいと学ばせていただきました。

勉強会のテーマ

【余計なものを削ぎ落し、モノゴトの本質を追求する】

  • 装いをシンプルにすることで、ライフスタイルもシンプルになります。
  • 無駄なものを排除すれば、大切なことに集中できます。

家族の健康や仕事の成功、目標達成といった人生を楽しむためにも、装いをシンプルに変えてみませんか。

 

 

ファッションを学ぶ理由

人生は「衣食住」と言います。そして衣食住の「衣」である服です。

服は毎日必ず着るものであるため、人生に欠かせません。それだけに悩みはつきものです。

  • もっとおしゃれがしたいけど、買いたい服はそう簡単に手に入らない―。
  • こだわりすぎても、買えるものが少なくなり困ってしまう—。
  • クローゼットを眺めては「はー、着る服がない。。」とため息が出る—。

服とは一生関わるがゆえに、一生向き合っていく必要があります。

 

さて、ファッションを学ぶ理由として以下のようなことが挙げられます。

  1. 自分磨き、楽しみとして
    ・似合うを知って参考にしたい、楽しみたい
    ・おしゃれになりたい、垢抜けたい
    ・今より、もっと美しくなりたい
  2. 迷い、ストレスの軽減
    ・洋服選びが迷わずスムーズになりたい
    ・自分に自信がない。自分にもっと自信を持ちたい
  3. シンプル・合理的に生活するため
    ・買い物の失敗をなくしたい
    ・時間やお金の無駄を省きたい
  4. 生き方の見直し
    ・自分を好きになって自分の人生を充実させたい
    ・ファッションを見直し、生き方も見直したい
    ・自分らしさという軸を持ちたい

❶ファッションを楽しむため

❷自己肯定感を高めるため

❸生活をスムーズにするため

❹自分の軸を持つため

皆さんは、どれに当てはまりますか?

個人的にファッションを突き詰めると、最後は❹生き方の見直しである、ファッションと人生の関係性を深ぼることになる—と考えています。

つまるところ、ファッションを学ぶ=ファッション哲学です。

 

モノゴトの「本質」を知る

さて、モノゴトには【基本】があります。

スポーツをするにしても、

音楽を習うにしても、

料理をするうえでも、【基本】を知ることから始まります。

【基本】とは「考え方の枠組み=土台」ですから、大変重要なものです。

よって何かに迷ったときの考え方を知りたいのなら、基本を学ぶことです。これがモノゴトの本質だと考えています。

そしてモノゴトの【本質】は、【美しさの根源】だとも考えています。

例えば、

  • 生きる本質
  • 自然の法則
  • 芸術のクラシカルなものなど

全てには本質があり、それが美しさであります。

ファッションも基本を知り、自分なりの考え方(個性)をプラスすることで、ファッション軸ができるのです。

ファッション基本(本質)+あなたの人生観=あなたのファッション軸

 

 

基本であるベーシックアイテムのすすめ

シンプルに装うために、ファッションの基本であるベーシックアイテムを揃えることを始めましょう。

*ベーシックアイテムの例

  • ジャケット(ブレザー)
  • スラックス(キレイ目パンツ)
  • ワンピース
  • シャツ(ブラウス)
  • ニット(Tシャツ)
  • デニム、チノパン
  • トレンチコート など

ベーシックアイテムとして今に残るものには、その歴史があります。これらは場に相応しいルールや機能性を持っています。

  • スーツ(ジャケット&スラックス)
    ⇒フォーマル、ビジネス(ルール)
  • Tシャツ、デニム
    ⇒作業、アウトドア(機能性)
  • トレンチコート
    ⇒防風、雨風をしのぐ(機能性)

そして重要なことは、なるべくそのルーツの形から逸脱しないことが基本です。

例えばトレンチコートを選ぶ際にピンクや水色といった色を選ぶのではなく、ベージュやカーキといった濁色を選びます。

https://bshop-prod.store-image.jp/product/BSG201L101-0012/BSG201L101-0012_detail_15.jpg?ts=20211220172241

なぜなら、トレンチコートは軍服がルーツにありますので、自然に馴染む色が基本だからです。

洋服はそのルーツから外れると偽物感となり安っぽくなりがちです。

とはいえ、女性がトレンチを着る際そもそも男性アイテムをルーツに持つトレンチは、ハードになりすぎたり、似合わないと感じたりすることもあるかもしれません。

ですが、余計なことは考えず王道を着ることをおすすめします。なぜならそれが基本であり美しさの根源だからです。

よって、ピンクのトレンチコートより、本質だからこそ濁色のベージュやカーキのトレンチが何倍も美しいのです。

 

 

ミニマルなおしゃれの仕方

ブログにも書いたことがある、ちょっといいパンツとユニクロトップスというのが私の定番style。

良いパンツとユニクロトップスでいいーという提案

良いパンツとユニクロトップスでいいーという提案【良いパンツとユニクロトップスでいい―】という提案をしたい。 世の中には、 何を買えばいいのか? 何を着ればよ...

 

この方法で総勢21着ほどの服で、1年間を過ごしています。

私の定番は以下のとおりです。

  1. 定番:ちょっといいパンツ×ユニクロトップス
  2. 定番:ちょっといいローファー
  3. 定番:ジャケット必須
  4. 定番:ちょっといいトレンチコート

これらのアイテムを軸に総勢21着で金額合計は40万くらいですから、年間12か月で割ると月あたり3万ほどとなります。

トップス以外のパンツやローファー、コート、ジャケット類は2,3年で買い替えるので、ワードローブの土台ができてからの年間予算は、2万弱になっています。

ワードローブの作り方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ミニマルなワードローブを作る4つのポイントミニマルなクローゼットは、【生きる知恵】です。 生活の質をあげられるミニマルな生活を、やらないのは本当もったいないと考えています。...

 

あなたはどんなライフスタイルが理想ですか?

みなさんは、どんなライフスタイルが理想でしょうか?

『自分の良さを生かして、自信をもって生活したい』

『自分の持っている服や小物に、もっと愛着を持ちたい』

『毎日を少しでも楽しく、気分よく暮らしたい』

これは私の例ですが、『ミニマルな生活がしたい』の一言です。

なぜなら、

人生を楽しむために、無駄なものを排除し大切なことに集中したいからです。

そのために装いをシンプルにし、ライフスタイルもシンプルにするということに尽きます。

ミニマルな生活のメリットとは、下記の通りだと考えています。

QOLの向上(モノの質と生活の質)

  • 装いをシンプルにすると生活がスムーズに流れる
  • 好きなものだけに囲まれた心地よい生活ができる
  • 無駄に服を買うことがなく、気に入った「良い服」で過ごせる
  • 装いに対する労力がかからず、家族や自分のために時間を費やせる

皆さんも、ぜひライフスタイルを見直してみませんか?

次のお茶会は6月も予定しています。ぜひホームページをチェックしていてください。

以上、当サロンのファッション勉強会の様子をご紹介させていただきました。

 

 

ファッションで自己表現する
マイスタイル

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声200件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。