パーソナルカラー診断/骨格診断 埼玉県大宮区

似合う服で自分に自信が持てる

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

お申し込み・ご相談

イエベ春×骨格ストレート ~お客さま診断事例~

2023-01-15

今回のお客さま|ご相談背景

長野からお越しのお客さま。さいたまへ帰省を機に当サロンへ足をお運びいただきました。

当サロンを選んでいただいたきっかけ

実は半年ほど前に地元でカラー診断受けました。イエベスプリングだったのですが、そうカテゴライズしたことでかえって縛られてしまったといいますか・・・

  • お店で服を見ても「これはブルべ夏の青?」とか、
  • 明るい紺だと思って買った服を「素敵なロイヤルブルーだね」と言われて「?!イエベ春向きじゃないじゃん!」とか、
  • イエベ春のカラーチャートを眺めても、そんな色の服実際に売ってないしとか(笑)
  • そういう色の服って、私の体形や年齢から醸し出す(と思われる)雰囲気とちょっとちがっていたり・・・

余計に服を選べなくなってしまったんです。。それで、自分なりに理解を深める必要があると思って色々調べていたら鶴田さんにたどり着きました。

相談実例を見ただけなので想像でしかないのですが、鶴田さんは色の組み合わせ(お写真からトップスとボトムスまたは小物)を提案されていたり、私に似合う色や形のもつ性質を説明していただけそうなので、自分で考える材料が得られそうだな、と思ったのです。

お客さまの事前アンケートより

わかります!

イエベ春だと言われて、こんな色が似合いますと言われても、お店に全く同じ色は売ってませんからね。

ですから、この色を探そう!とカラーチャートを見て探すのではなく、色を構成する4つの要素を分解しすれば色を柔軟に探すことができます。

例えば、私(鶴田)に必要な4つの要素は、

  • ブルーベースの色(黄みが強い色は黄ぐすみする)
  • 濁色(清色はハリが強すぎてギラつく)
  • 中~低彩度(高彩度は色が強く派手)
  • 中~高明度(低明度は輪郭を収縮しすぎる)

です。

色を4つに分解して、それぞれ選ぶ理由を把握すれば、以下のように簡単に確認できます。

  • 黄みがないからOK
  • クリアな色ではないからOK
  • 鮮やかな色ではないからOK
  • 暗すぎないからOK

似合う色の理由を知っている=NGを知っていることですから、色の正解を見つけようとするのではなく、NGを選ばなければOKというくらいの心持ちがおすすめです。

そのほうが柔軟かつ多くの色を試すことができ、色の選択肢も広がります。

イエベ春|その根拠とは?

お客さまがイエベ春という診断になりました、その根拠をご説明します。

イエローベースが可

イエロベースの黄みで、血色よく明るく見えます。ブルーベースは色白感となるものの、全体的に元気がなく見える懸念がありました。

清色が可

清色はクリアで明るく、フェイスラインもクッキリされます。清色がキーになるお客さまです。濁色は、お顔がぼんやりとしたり、たるんで見える懸念があり、もったいない印象です。

中~高彩度が可

高彩度は、お顔がクッキリ、お肌も生き生き見え華やかな印象です。反面、クリアな色がキーになるタイプなので、低彩度のスッキリとした見え方も、おすすめです。

中~高明度が可

明るい色は、お顔を白く・明るく・軽やか・若々しい印象です。暗い色はお顔を艶やかに見せますが重くなりすぎないよう、ゴールドのアクセサリーを施したり、淡いピンクや明るい茶色をアクセントに配色すると素敵です。

総じて、黄みが必須、クリアな色が第一優先、鮮やかさ、明るさがとても良くお似合いの、スプリングタイプです。

骨格ストレート|その根拠とは?

ストレートタイプはハリが似合う=高級感が最大の魅力です。

薄い素材は安っぽく、粗い素材はお肌の美しさと調和しません。また似合わない素材を着るともったいない印象、老けがちに。

今回のお客さまもハリのある素材が高級感となり、持ち前の若々しさも際立ってイキイキ見えました。

またサイズ感はジャストサイズがお似合いのため、特にオーバーサイズはだらしない印象になりがちに。ウエストはスッキリとさせるとスタイルアップします。

→総じてシンプル、シャープ、高級感のある着こなしがお得意です。

おすすめテイスト

おしゃれのの基本は、ベーシックなアイテムをシンプルに着ることが美しさへの何よりの近い道です。

そこに、各々の個性・雰囲気・味わいといった【テイスト】を加えると洗練されると考えております。

お客さまにおすすめのテイストは、以下のようにおすすめさせていただきました。

①ボーイッシュ・フェミニン

若々しさから、清楚な雰囲気がお似合いです。

お育ちの良い少女(少年)っぽさを、大人らしく取り入れるイメージで、アニエスベーのイメージなども良いでしょう。

具体的にはストラップ付のシューズやバレエシューズで清楚さ、可愛らしさを演出されると素敵でした。

骨格的にお似合いな洋服はシャープ(辛口)ですから、清楚さ(甘さ)が良いミックス感、アクセントとなり、おしゃれに感じます。

今の時代に受けがいいのは、調和感ではなく、ミックス感(意外性)です。

お客さまにも良くお話するのですが、例えば可愛らしい佐々木希さんが「ザ・フェミニン」な服装をするより「マニッシュ」な服装をするほうが、魅力を感じるのが今の時代です。

②個性的(モード)・ハード

ハードなブーツやチェーンネックレスといった、個性のあるモード感をアクセントに加えると、とても素敵でした。

カウンセリングの中で、お客さまからのお話しにもチェルシーブーツを履いてみたい!というお話がありましたので、スタイリングしてみました。

お客さまからも、「こういうの、いけるんですね~!着てみたいと思ってました!」というお言葉をいただきました。

ぜひ、心が感じるままに冒険してみるとよいですよ。

まとめ

今回のお客さまのお悩みは、色選びに迷走していることと、ファッションと自分の雰囲気、好みに合わせていく方法が分からなかったこと。

住んでいる地域性や職場の雰囲気から派手すぎるファッションは浮いてしまうということでしたが、とはいえ週5日の装いに気を使っておかないと、いざという時のおしゃれがスムーズにいきません。

ご職場でもシンプルなアイテムを流行を踏まえて小綺麗に着れば派手すぎませんし、ちょっとしたお出かけのときも遊び心を加えるだけで自然なおしゃれができます。

これまでやりたいと思っていたファッションは、迷わずどんどんトライしてみてください!

当サロンのモットーは、シンプルに、お客さまのお悩みを解決すること。

そのために、

  • 必要な洋服を選ぶ基準を理論的にお伝えし、
  • 実際の生活で使えるご提案をすること。

です。

ぜひ、ファッションでお悩みの方は当サロンでお手伝いをさせていただけますと幸いです。

TAG : 

CATEGORY : 

Contact

Access

埼玉県さいたま市大宮区大門町2-12 石田ビル4F

営業時間
10:00〜17:30
定休日
不定休

お申し込み・ご相談