ミニマリストのすすめ

ミニマリズム推しスタイリストのワードローブ。

ミニマリスト ワードローブ

ミニマリズム推しスタイリストのワードローブ。

ミニマリスト ワードローブ

総勢21着、75センチで収まる。

シンプルでないと心がざわつく。

頭が混乱する。

大切なものを見失う。

そして何も成し遂げられない。

そう思うのであります。

 

総勢21着、75センチで収まる

ミニマリスト ワードローブ

21着、すべてハンギングした状態です。

内訳は、

  • 半袖Tシャツ×3
  • 長袖シャツ×2
  • クルーネックニット×2
  • タートルネックニット×2
  • ざっくりニット×1
  • パンツ×5(白ワイドテーパード、茶ワイドテーパード、ハイウエストストレートデニム、ネイビーワイド、雨の日用・黒ラインパンツ)
  • ジャケット×2(ネイビー・グレー)
  • トレンチ×1
  • 黒セットアップ(ジャケット×1・パンツ×1)

計:21着

 

ミニマリスト ワードローブ

隅から測って、バーの幅は75センチでした。

薄手のハンガーでしたらもっと幅は狭くなりますが、コートやジャケットは太めのハンガー、ニットやシャツは中くらいのハンガーの太さで収納しています。

 

総額は?

ワードローブは以下のとおりです。

  • 半袖Tシャツ 3,000
  • 長袖シャツ 3万
  • クルーネックニット 9,000
  • タートルネックニット 6,000
  • パンツ 10万
  • ジャケット 10万
  • トレンチ 8万
  • 黒セットアップ 7万

総額:約40万

およそ金額合計は40万くらいですから、年間12ヶ月割ると月あたり3万ほどとなります。

トップスは毎年買い替え、それ以外のパンツやジャケット、コートあたりは2,3年で買い替えるため、ワードローブの土台ができてからの年間予算は、もう少し安めの2万弱になっていきます。

ワードローブの作り方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ミニマルなワードローブを作る4つのポイントミニマルなクローゼットは、【生きる知恵】です。 生活の質をあげられるミニマルな生活を、やらないのは本当もったいないと考えています。...

 

実際の着こなし

実際の着こなしイメージは、インスタ画像からご紹介させていただきます。

今の時期は、グレーのニット×デニムまたは、黒のニット×白パンツが多いです。

まさに、ユニクロのニットとちょっといいパンツコーデですね。

詳しくは以下の記事も参考に。

良いパンツとユニクロトップスでいいーという提案【良いパンツとユニクロトップスでいい―】という提案をしたい。 世の中には、 何を買えばいいのか? 何を着ればよ...

またインスタのストーリーズ「歩く」をご覧いたただくと大体いつも同じような恰好をしていることが、お分かりいただけます。

 

私は同じような恰好が落ち着くタイプのため、このように21着でも回ります。

ちなみに夫に確認したところタイムリーにも先日断捨離したばかりだったらしく、今は10着とのことでした。

夫婦で合わせて30着ほどの服で生活を続けています。

シンプルな生活は自分の頭がすっきりして他のことにフォーカスできるので、とても気に入っています。

とはいえ、さらに洗練させていきたいものです。

 

ファッションで自己表現する

装いは生きざまが表れます。

つまりファッションは人生そのものです。装いに自信が持てると、人生も堂々と立ち振る舞うことができます。

お一人おひとり、それぞれに美しさがあります。

美しさとは、人と比べずご自身を良く知ること。そしてありのままの自分を受け入れて大切にすることだと考えます。

お客様の声250件を超えるパーソナルスタイリスト鶴田が、お客さまの魅力や個性を分析し、お好みやライフスタイルに合わせつつ、その方だけの美しさを表現する装いのサポートをさせていただきます。

型にとらわれず、ありのままの美しさを大切にすることをモットーに、

お客さまがファッションで自己表現するためのお手伝いを誠心誠意つとめます。